日記・コラム・つぶやき

2011年8月16日 (火)

「鈴木大拙館」間もなく完成!

Dsc_0036
21美の帰りに、工事中の「鈴木大拙館」の様子を見に行った。

去年の秋から工事してて、鈴木大拙の誕生日である10月18日が開館予定。
あと2ヵ月だから、どうやら外観はもうほぼできたらしい。旧本多家屋敷の上下を分つ崖の下に、忽然と現れた近代的な白いコンクリート打ちっぱなしの角ばった建物は何かしら異質。

鈴木大拙は「金沢ふるさと偉人館」に名を連ねる20人のうちの一人である、世界的仏教哲学者。個人名を冠した記念館では、金沢3文豪と竹久夢二に次ぐ5番目となる。

文学以外では初だけど、鈴木大拙の偉大さは僕としてもピンとこない。家からも近いんで開館後じっくりと魅せていただこう。
「鈴木大拙館」の設計は同じく「偉人館」に名を連ねる文化勲章建築家「谷口吉郎」氏の息子谷口吉生氏。完成が楽しみだ。

| | コメント (3)

2011年8月 7日 (日)

「北前船」が金沢にやってきた!

Mg_732077c
北前船日本海文化交流事業で10道県14港を周航中の復元北前船「みちのく丸」が6日、9カ所目の寄港地となる金沢市の金沢港に到着。
Mg_732079c
江戸時代に北海道や北国の物産を、日本海沿岸各地を巡りながら大阪まで運んでいた木造帆船。
金沢でも海運業者銭屋五兵衛の名とともに知らぬものはいないくらいです。
Mg_732093c
6年前に青森で復元された「みちのく丸」は全長32m、帆柱の高さ28mの、いわゆる千石積の弁財船。
「北前船」の地元でもあるからよくは聞いたものだが、実際どれくらいの大きさなものか実感できてなかった。
Mg_732089c
正直、あまり大きくないなぁ、って感じだけど、太い帆柱が一本、天をも貫く高さでビックリ。けどこれ一本で強風に翻弄される航海を想像するとやっぱ怖いだろうなぁ。
大黒屋光太夫や高田屋嘉兵衛の気持ちもちょっとわかった気がする? 帆柱を1本に規制した幕府はおろかだよね。
Mg_732103c
東日本大震災復興支援事業として今回、青森から小樽に寄ったあと、一気に日本海を南下して島根県松江市の美穂関港から、順に北上しながら日本海沿岸の港に寄港。福井県の三国港から6日午後に金沢港に着いたばかり。
Mg_732091c
船の造りや意匠も面白いですね。今まで模型でしか見たことない北前船の特徴が、現物として目の前にあるのがフシギです。
Mg_732109c
今日から見学会や歓迎のセレモニー。9日には待望の展帆が行われます。
皆さんぜひ足をお運び下さい。

| | コメント (2)

2011年7月19日 (火)

熱闘! 金沢市民球場☆

Mg_731259c
では試合の観戦に行ってきたよ。
金沢伏見vs小松市立 金沢市民球場

台風前の小雨がそぼ降る中、球児たちにはそれも関係なくプレイボール。
Mg_731481c
雨に祟られながら、選手のお母さんのためにも、いっぱい撮ってきましたよ。
試合は5回まで互いにチャンスを潰したりして0-0。拮抗してるけどミスが多いな。

Mg_731529c
まだ一回戦で観客も少なく、1塁側から3塁側まで自由に動けたから、シャッターチャンスもうまく撮れたよ。

先行されて、攻撃前に円陣だ。まだ笑顔があるぞ。
Mg_731639c
ついに得点。同点だ。

Mg_731472c
ベンチも大喜び! 俄然盛り上がってきた!!

Mg_731656c
選手のお母さんたちも黄色い声援で大はしゃぎ★

Mg_731700c
4番が打って、

Mg_731729c
ホームに帰って大逆転! 4-1と8回に逆転して楽勝ムード。

Mg_731804c
エースが力投して勝ちが見えてきた?

Mg_731816c
しかしじわじわと追い上げられ、9回ヒットが続いて1点差の大ピンチ!

大丈夫だ、なでしこのようにあきらめるな!

ってあれ? あきらめるな、ってのは相手チームに当てはまるかな??
Mg_731824c
と思ったら、パキーンとサヨナラヒットを打たれてなんと逆転負け!
諦めずに最後まで粘ったのは相手チームの方だった。

Mg_731885c
試合終了。高校生たちの熱い夏は一瞬にして終わってしまった。なんとも劇的なことよ。

さっきまで騒いでたお母さんたちがうそのように静まり返って、まるで葬式のようで近寄りがたかった。
んでそそくさと帰ってきた。

スポーツって感動も呼ぶけど、勝者と敗者という残酷な一面もあるよね。
このあと雨が激しくなって、涙雨のようだった。。

| | コメント (0)

2011年7月17日 (日)

熱い高校球児たちの夏が石川にもやってきた!

Mg_730848c
今年も、高校野球の季節がやってきたね!
かと言って炎天下、そんなつもりはなかったのに、石川県の開会式に行ってきたよ。

前々日、突然前の前の会社の姉(あね)さんから、我が息子を撮ってきてくれって。
今年が3年最後の年だからって言うんだが、突然すぎやないかい!

仕方ないから、10時開始に合わせて、8時半からやってきてやったぜよww。
すでにあちこち、選手や父兄たちでいっぱい。場外も熱気であふれてた。

駐車場で整理に立ってたのは、ユニフォーム着た補欠の選手たち。帽子を脱いで礼儀正しく大きな声で「おはようございます!」と誰彼となく掛けてくれる。思わずこっちも大声で返事しちったよww。
Mg_730509c
そういや、開会式はもちろん、石川の高校野球をジカで見るのは初めてだった。

バックネット裏最前列に陣取ったら、ジリジリとした陽射しに、イスも焼けるように熱い!!

グラウンドでは式の準備の合間に、女子マネージャーたちの記念撮影。
Mg_730549c
何かと思ったら、入場行進に「がんばろう!日本」の横断幕や旗を掲げて、先頭にこの子たちが行進する演出。最近は凝ってるんだなぁ。

Mg_730561c
いよいよスタート!

最初は前年優勝校、遊学館。ユニフォームがうすいピンクがかったんは、今年からなんかな。
Mg_730563c
金沢高校。金沢では(きんちゅう)と言うよ。

Mg_730574c
有名校、星稜。

金沢私学の雄3校が先頭。羽咋とともに、シード校4校が先に行進するようだ。
今年どこが勝ち上がるのか?
Mg_730586c
七尾高校。旗手もしてるこの主将が選手宣誓をするようだよ。

Mg_730598c
いよいよ目的の伏見高校!
10年ほど前まで金沢女子高だったんで、今でも男子生徒数が少ないらしい。
貴重なおのこたちよ、頑張ってくれい。

突然言われたんで、顔も知らないからうまく撮れたかあせってわからんかった。
後で見たら、各場面でそこそこ捉えてたけどね。
Mg_730656c
石川県は、50校が11日間の熱戦を繰り広げる。

雲ひとつない熱い夏が今年も彼らを汗と涙で焼き尽くすんだねぇ。
Mg_730682c
全チームが出揃うと壮観。わずか10分ほどで行進終了。

Mg_730684c
「君が代」独唱は泉ヶ丘高校合唱部、ホンダマリコさん。
「栄冠は君に輝く」も独唱。場内シンとして彼女の唄だけが響く。素晴らしい!
カラスがじゃましなければ・・。

しかし観客含め全員起立脱帽なのに、なぜ報道だけは脱帽しなくて平気なのだろう?
彼らには式次第への敬意が感じられない。。
Mg_730698c
んでなんと、今年から式辞には選手たちがその場で座ることに。
場内、少しざわついたけど、去年は熱中症で倒れた子が出たらしい。
子供たちがヤワくなったのか、温暖化が差し迫ったとこまで来ているのか・・・。

Mg_730714c
優勝旗、返還!
遊学館は、今年も取り戻せるのか??

Mg_730746c
そして選手宣誓!七尾高校主将、寅松侑生君。
被災地の選手たちを思いやり、
「友と野球が出来る幸せを噛み締めながら、元気と勇気を届けられるよう精一杯プレーし、最高の熱い夏にすることを誓います!」

Mg_730757c
最後は会場全体で「栄冠は君に輝く」の大合唱。
スタンドには、各校の補欠の選手たちが勢揃いしてて迫力あったよ。

初めて開会式に参加したけど、やっぱり暑いからか45分ほどで終了。
陽にやられて汗だくになったけど、若い元気な子たちの姿をみると励まされるね。
なかなかよかった。

えっ、次は19日の試合を撮りに来い?
台風だ台風ww。

| | コメント (1)

2011年7月12日 (火)

スマホデビュー! Xperia acro

Img_0428s
携帯を4年ぶりに新しくしました。

それもスマートフォン SO-02C Xperia acro 

予約開始日の開店時間10分後なのに、各色5台の予約枠にもう最後の1台。なんとか滑りこみでaquaしか残ってなかったのをどうにかゲット。

そしてこの日曜に無事手に入れました。

これまで持ってたのはSH903isでもう電池が一日しか持たず、早いとこスマホに換えたかったんですが機能的に今一歩。
ワンセグ、赤外線などこの夏モデルでようやく満足いきそうなフル機能が揃ったと思って予約しました。

そしてこの一、二日はガイド本を買って使い方を熟知するための研究に没頭?

ipod touchに慣れてたとはいえ、スマホは今までのガラケーと全く違うんで戸惑いましたね。

アプリメインのGUIといい、大きくて重たいくせに口から遠くなって聞き取りにくい?

架かって来たら電話を受けるのにキーをスライドさせなきゃいけないなんて、肝心の使い方がガイドの後のほうにあって分かりにくかったとか。

電話帳も50音順だけになってグループ別が解凍されてしまって非常に使いづらい。

それになにより電池の消耗がやはり激しいですね。なにもしなくても4時間ほどで5%も消えて。アプリをなんやかやで20個ほどインストールしたら、早くも無くなってしまいました。

それで電池の件は友人からも聴いてたんで、ポケットチャージャーを買っておきました。
eneloopが内蔵されてて、外出先でもイザというときにこれで充電できます。

アプリはとりあえず無料のばっかり入れましたが、それでも山ほどあるんですね。こりゃ金沢でもアプリだけを作るベンチャーソフトハウスが増えてんの、なるほど分かりますわ。

マイナスのことばかり書きましたが、もちろん高機能を使いこなせば、かなり便利になるのは間違いない。外出先でネットをフルで利用したかったですしね。
これからじっくり使い込んで、またレポートしてみたいです。

| | コメント (0)

2011年5月30日 (月)

今度はアイスクリーム作りました☆

110525_164149
先日、姉の家庭菜園から、りっぱに出来たいちごをたくさんもらってきた。ネットを張っとかないと、鳥はもちろん、人にも盗られちゃうって。

まぁそれはさておき、そんなら以前から作ってみたかったアイスクリームを仕込んでやろうじゃないか。
110525_172931
今はネットをみれば、一般の方のいろんなおいしいレシピが溢れてるから初めてでも作り方の心配はない。

けど牛乳がいらないなんて、知らなかった。

メレンゲや生クリームを泡立てるのに、やっぱハンドミキサーだけは必須みたいだから、それを購入して格闘してたら、作ってる最中の写メを忘れた(^^ゞ

生クリーム200cc

卵 2ケ (卵黄と卵白を分ける)

砂糖50g

んで いちご適宜

それだけ。それぞれグルグルとハンドミキサーで泡立てて、混ぜて冷やすだけ

や、それだけじゃつまらん?
Mg_721605c
しかしそれでできたんだからしょうがない。

いろんな方のレシピを見て工夫せねばと思ったのは、生クリーム、卵黄、卵白を別にボウルに移して、それぞれに砂糖を入れてから、氷を敷いたボウルの上で冷やしながら泡立てること。

混ぜる順番は、生クリームに卵黄を入れて、ほどよく混ぜてから卵白を入れる。

いちごはあえてザク切り。一晩冷やして完成したよ。
Mg_721603b
初めてにしてはフワッとした食感でけっこう美味しくできたかな?

ザク切りいちごはシャキシャキしてて、却って違う食感を楽しめて正解!

けど今回は味より実は、食品撮りにチャレンジ! が一番の目的。

自宅でライトボックスを自作してて、まだ本格的に使ってなかったから、いい実験として写してみたがどうだろう?

ちゃんとレタッチもした上でだが、それがまだ甘いかな。

これからどんどん練習していきたいね。

| | コメント (0)

2011年5月28日 (土)

巨大貨物船のハーフカットを見た!

Mg_721521c
突如金沢港に、半分にカットされた巨大貨物船が現れた~!

Mg_721525c
実はこれ、1月30日の嵐で、防波堤に座礁した大型貨物船の撤去作業。

Mg_721526c
あまりにも巨大なため、半分に切って埠頭に持ってくると聞いたんで、
その様子をウォッチしにきました。

Mg_721537c
話には聞いてたけどトンデモなくデカイ!

10階建ビルはあるだろうか。見上げても15mmで入りきらない。

4ヶ月も防波堤に放置されてたんで、喫水線より下に貝やらがいっぱい付着して、普段あまり匂わない港なのに、スッゴク磯臭い!

バルバス・バウ(下の丸まってるとこ)も超巨大だ。戦艦大和の偉大さは今も生きてるな~。
Mg_721544c
切断面見てもなんかスゴイ。これを半日で切ったってんだから・・。

報道を聞いてこの昼休み時間、何人も見物人が寄ってきてたよ。
Mg_721547c
後ろ半分はまだ事故現場に。この日の午後からまた、昨日同様大型クレーンで台船に載せて持ってくるらしい。

全長120m、8700トンもの巨体を、半分ずつとはいえ持ち上げてしまうんだからすごい話だ。
Mg_721564c
この冬のあいだ、何kmもある西防波堤に、貨物船があるのが金沢港の風景になってたけど、ようやく平穏ないつもの姿に戻るわけですね。
Mg_721528c
今回、活躍したかどうかわからないけど、海上保安庁第9管区の大型巡視船PL43「はくさん」 これで79mだからいかに貨物船が巨大かわかる。
日本海の安全を、これからもよろしく!

あっ、あの貨物船はこの後、船主のある韓国まで輸送される予定です。

| | コメント (0)

2011年5月27日 (金)

この春も「あぶりもち」で厄除けだ!

Mg_721068c
石巻から戻ってきた月曜日は、昼から半年に一度のあぶりもち神事に行ってきた。

金沢は野町の神明宮で、全国でも珍しい、あぶったお餅を食べて厄をはらうという行事。

いつもはチャリをひと飛ばしで駆けつけるのに、さすがに疲れてたんで自動車にした。
Mg_721070c
小さく平たい四角に切った餅を串にさして、あぶって生姜醤油につけていただく。

お宮でもおまけで一本もらえてその場で食べるのもおいしい!

他に、焼かずにお札にして玄関や神棚に飾って魔除けにするものある。

半年に一度取り替えるわけだけど、不思議とカビたことは決してないね。

お神明さんは氏子の地域は広いけど、僕は地域外だが好きでやってる。
Mg_721072c
この日も平日なのにときおり大行列。

縁起物だから、氏子の建設会社とかでも、社長が朝から社員つれてお参りして、みんなにあぶりもち振舞うのが恒例になってるんだって。

金沢の古くからの年中行事のひとつ。

5月と10月の15・16・17日に行われてるんで、目がけていただきにきませんか。

| | コメント (0)

2011年5月18日 (水)

石巻は強い風が吹き、古紙が地層を成していた

110513_153859
この週末、ようやく石巻に行ってきました。石川県の災害ボランティア派遣の結局第3陣ということで50人がバス3台で。

13日の夜出発し、なかなか車内では寝付けなかったが高速を乗り継ぎ三陸道を経て、早朝現地に着いて朝9時から作業スタート。

110514_034730
途中バスから見る街中は、道路こそガレキはかき分けてどこも通行できるようになってはいたが、ショップの駐車場や路肩にはガレキや土のうがうず高く積まれ、破壊された自動車をも積まれたり数多く放置されたまま。
毎日それらを他県の重機が撤去に動いてるが、全く追いついていないようだ。


110515_061702
さて僕らは10人ずつ班を組んでそれぞれの被災家屋に。

日本製紙の石巻工場に程近い一角の民家の泥カキ。

泥を掻いてると、軽い変な薄い地層があるんで不思議がってたら、日本製紙から流れてきた古紙が積もったんだそう!

被災地の方々の被害は様々で、同じ石巻でも家屋が真っさらにさらわれたところもあるが、僕らが派遣された先は家屋は一応建ち残っている。
でも津波は1.5mから2m襲い、壁にスジがくっきり。
海に近いが家屋が流されなかったのは、日本製紙の工場建屋がまるで防波堤みたいにその勢いを弱らせたかららしい。その代わりに紙の地層に覆われたのは痛し痒しなのか・・。

匂いはさほどでもなかったが、粉塵がすごかった。天気はいるあいだ良かったが風がとてもつよく、病原菌予防のため必需といわれてたゴーグルとマスクを常に携帯。カッパも上下着用してかなり蒸し暑く汗にまみれた。

そんな中老若男女、初めて会ういろんな経歴の仲間と石川県のビブスを着て頑張った。県を代表して来てるんだから恥ずかしいマネはできないからね。

他県からもたくさんボランティアにいらしてた。群馬のチームと隣り合わせになったり。
徒歩で道路を渡るときに地元の方々の車が真っ先に止まってくれるのがうれしい。自衛隊車輌と会釈しあったりねww。


二日目の作業は、住宅地のガレキを積み上げた公園前の側溝あげから。
これは泥がヘドロになってて、発酵臭がとても強烈で確かに気持ち悪い。
それでも僕らふた班20人の人海戦術で誰も体調不良にならず、なんとか無事にクリア。

午後に向かったのは町の牛乳屋さんの床下泥あげ。巨大な牛乳冷蔵庫がひしゃげてもう使用不能。なによりお客さんが被災して居なくなったという。身が立たず途方に暮れると言うご主人に掛ける言葉がない。

僕らは何かに取り付かれたように汗だくになりながら泥をかきあげるのみ。


二日間、作業時間的にはそれほどでもなかったがとてつもなく疲労した。
110514_050330
果たしてそれだけの限りある時間で、どれだけのことが出来たというのだろう。微々たる成果でなかなかに達成感は感じられなかった。

県がお膳立てした工程で旅費負担もなく、ボランティアの入門編にしかすぎない今回の作業で大それたことは言えないが、それでもこれほどのちっぽけな行動ではわずかしか進まず、やはりもっと大勢の力と継続が必要だとひしひしと感じた。

余震・原発・衛生問題、いろいろリスクは考えられたが現地にいるとそんな思いは矮小でしかなく、被災現場も数多くの報道で既に見せられている。
現地に足を踏み入れないと気づかないこともあるかも知れないが、決して異質な地域のこととは思えなかった。それこそ町内会の清掃活動のように、大きな抵抗感なく入り込んでいけるんではないだろうか。

それぞれ出来ることからでいいのだけど、ぜひにも皆さんも前向きに、我が事のように思いを致してもらえたら、さらなる復興へのスピードも増すのではと。

僕も伝手とタイミングが合えば、継続してと考えていきたい。

| | コメント (0)

2011年5月17日 (火)

今年のサクランボは大猟だ~

Mg_719479c
今年のサクランボは、いつのまにか満開だった。
4月27日の撮影です。
Mg_719477c
今年の桜は遅かったんで、自宅のサクランボなんて5月中旬かしらん、と思ったら、前田家墓地への帰りに裏庭を覗いてみたら、満開の白い花たちが
Mg_719481c
去年は剪定ミスもあって、花も数輪しか咲かなかったが、今年は枝いっぱいに咲き乱れる、うれしい姿を魅せてくれた。
Mg_719484c
このサクランボの品種は「高砂」。ホントは複数の木がないと実をつけないんだけど、一昨年はいくつもの赤い実をつけた。
ほとんど小鳥に喰われてしまったが、3房だけ食べることができたよ。
Mg_719486c
今年は何房食べることができるでしょう?
今月末くらいが収穫時期かな。

写真を撮ってたら、学校のグランドで遊んでた子供たちにチャかされた。
あまり絡んでも最近はムツカシイからね。

| | コメント (1)

より以前の記事一覧