« 熱闘! 金沢市民球場☆ | トップページ | 北陸のビミョーな「大鉄道展」 »

2011年8月 7日 (日)

「北前船」が金沢にやってきた!

Mg_732077c
北前船日本海文化交流事業で10道県14港を周航中の復元北前船「みちのく丸」が6日、9カ所目の寄港地となる金沢市の金沢港に到着。
Mg_732079c
江戸時代に北海道や北国の物産を、日本海沿岸各地を巡りながら大阪まで運んでいた木造帆船。
金沢でも海運業者銭屋五兵衛の名とともに知らぬものはいないくらいです。
Mg_732093c
6年前に青森で復元された「みちのく丸」は全長32m、帆柱の高さ28mの、いわゆる千石積の弁財船。
「北前船」の地元でもあるからよくは聞いたものだが、実際どれくらいの大きさなものか実感できてなかった。
Mg_732089c
正直、あまり大きくないなぁ、って感じだけど、太い帆柱が一本、天をも貫く高さでビックリ。けどこれ一本で強風に翻弄される航海を想像するとやっぱ怖いだろうなぁ。
大黒屋光太夫や高田屋嘉兵衛の気持ちもちょっとわかった気がする? 帆柱を1本に規制した幕府はおろかだよね。
Mg_732103c
東日本大震災復興支援事業として今回、青森から小樽に寄ったあと、一気に日本海を南下して島根県松江市の美穂関港から、順に北上しながら日本海沿岸の港に寄港。福井県の三国港から6日午後に金沢港に着いたばかり。
Mg_732091c
船の造りや意匠も面白いですね。今まで模型でしか見たことない北前船の特徴が、現物として目の前にあるのがフシギです。
Mg_732109c
今日から見学会や歓迎のセレモニー。9日には待望の展帆が行われます。
皆さんぜひ足をお運び下さい。

|

« 熱闘! 金沢市民球場☆ | トップページ | 北陸のビミョーな「大鉄道展」 »

コメント

6日の夕方に行きました。
着いたばかりにはちょっとしたセレモニーがあったようですが、このときはもう散会してて、中にも入れず一番閑散としてました。でもそれが狙いで、7日はもう出かけなきゃいけなかったので元々行けませんでしたから。会館の展示も見てません。

投稿: joker | 2011年8月 7日 (日) 23時36分

自分は明日見てきます。ペーパークラフトは作られなかったんですか?あまり人は映っていませんが、人出はいまいちだったのでしょうか。そうならば明日はもっと・・・。今日は暑い日でしたね。

投稿: Tadashi | 2011年8月 7日 (日) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熱闘! 金沢市民球場☆ | トップページ | 北陸のビミョーな「大鉄道展」 »