« 大河「江」にちなんで虎御前山と小谷城山に登る! | トップページ | 辰巳ダム工事中。現在のでき具合 »

2011年5月 6日 (金)

金沢はおいしい水道水に恵まれている

Mg_718119c
4月10日は金沢市の末浄水場の春の公開日だった。

Mg_718117c_2
昨年この末浄水場の園地が国の名勝に指定されてから格段に公開日が増えた。

Mg_718092c
この緩速沈殿池が登録有形文化財になってるなど、昭和5年に開設された末浄水場は、産業遺産でなく現在も活躍中の施設として文化財的価値も高い。

Mg_718090c_2
特に名勝の園地は昨年春の公開日の後から、開業時同様の規模に復原整備されて秋に完成。とても見ごたえのある幾何学模様の公園になっていた。

Mg_718103c
この池は犀川の清流を取り入れ、鯉や金魚を泳がせて水質の状態を監視してるって。
噴水も特徴的で、兼六園のようにサイフォンではないが、時折
Mg_718086c
左にみえる白いキノコ型のオブジェに向かってアーチ状に豪快に水を飛ばす。この日もこのあとあったんだが、ちょうど友人から電話が架かって来て見られなかった。

Mg_718124c
近代水道百選にも選ばれて、浄水場の景観美に優れてるという評価と、なによりその水がおいしい。自宅の水道もここから導かれてるはずだが、ミネラルウォーターに引けを取らないうまさで、毎日水に不自由しないのがありがたい。
Mg_718100c
緩速ろ過池の調整施設。モスクのような屋根が独特。
Mg_718121c
ろ過するのに緩速と、昭和40年に増設された急速の設備が併用されてますが、水道管にはそれらをブレンド。全体の約2割を占める緩速ろ過水は、それだけを取り出してボトルにつめて「金沢の水」として販売もされています。
Mg_718128c
水道管って、どんな太さしてると思います?
いろいろあるでしょうけど、ここからの主導水管として出ていってるのは直径165mm。子供がすっぽり入っちゃうね。

建物の中では設備のガイドや水利き体験もできておもしろかった。今度は6月の水道週間が公開日だそうで、何日かはご自分で調べてくださいw。

|

« 大河「江」にちなんで虎御前山と小谷城山に登る! | トップページ | 辰巳ダム工事中。現在のでき具合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大河「江」にちなんで虎御前山と小谷城山に登る! | トップページ | 辰巳ダム工事中。現在のでき具合 »