« 横浜、港の朝を歩く | トップページ | CP+、元気なカメラ業界にちょっと安心? »

2011年2月20日 (日)

CP+、セミナーにみっちり有意義参加☆

Mg_713252a
この日はセミナーオンリーなんで展示棟じゃなくてこの会議棟にだけ入ります。
Mg_713230a
会期は4日間。会議棟のビジネスセミナーだけじゃなく、アネックスホールにはエンジョイフォトステージもあって、セミナーのスケジュールはみっちり。

10日はCMSについての集中講座で3部構成。ほぼプロ向けに専門知識が要求されるセッションで、フォトディレクターの矢部國俊氏がトータルコーディネート。

第一部は概要だけだったんで会場ほぼ満席の70人。
けどお昼はさんで2部以降はたった10数人ずつ。

プロと言っても企業に勤めてる人やセミプロ・ハイアマも居たろう。しかし専門的すぎるのか必要性がないと思われるのか、逆に既知というのか、有料とはいえこの中央でも関心が薄い参加人数では、むしろチャンスにも思えたりした。

Mg_713253a
セミナーの中身は伝えられないが、要は印刷営業やクライアントレベルでも認識はまちまち。印刷会社でも規模に限らず対応に差が出るだろうに、ソース元となるカメラマンがあらゆるケースに応じるためにひととおり知識を承知してないといけないってこと。

ここ数年の進化のこともあって、中央でもそういうレベルだってのを改めて確認できて、ショックでもあり、まだ地方にも望みはあるかと少し勇気が出てきた。

Mg_713254a
夕方までみっちり聴いて、帰ってからまとめるのが大変だけど、なんとか物にしたいと思う。

展示スペースには閉場前にギリギリ入って、タムロンブースで鉄道写真家の広田泉氏と矢野直美氏・森由梨香さんのトークショーを聴けた。主に矢野さんの出身の北海道の写真を観られて、鉄道風景にやっぱり北海道の風情はピッタリだなぁ、とまたいつか行ってみたくなった。
ブログでいつも見てる由梨香さんにもぜひ会ってみたかったし、泉氏はいい男だなぁと再確認。泉氏のブログの写真に僕も写ってしまったようだww。

Mg_713631a
閉場間際、前もって連絡してた友人と落ち合って、せっかくなんで中華街で夜メシ。

子供のとき以来だから何十年ぶりか?すっかりわからなくなって、どこでもいいと言いつつ、まずは夜景をしこたま撮る。

Mg_713639a
平日の夜でもさすがに賑やかだ。まぁ休日前ってのもあるか。

Mg_713642a
中華街の入口両側を彩る門は、わりと新しいのかライトにあざやかに輝く。お蔭で夜景を手持ち撮影でもあまりブレないし、結構キレイにいけたかな?

Mg_713647a
関帝廟もすごく豪華だ。これも新しく見えてフシギに思って銘板を見たら、86年に燃えて90年に再建したらしい。
Mg_713649a
せっかくだったのだがちょうど閉館の19時に来てしまい中に入れなかった。ザンネン。

関羽の人形が劉備より前の中央にいる。まぁ関帝廟なんでそりゃそうか。友人が関帝廟のことを知らないってちょっとビックリ。神奈川で勤めてるのにって言うと怒られそうww。

Mg_713660a
まよった末中華らしくない店で、けど美味しい水餃子を食べて久しぶりに酒も呑んだ。お互いクダを撒き散らして、悪酔いしてなきゃいいけど。

帰りの東海道本線は、普通列車運用でなんと偶然、JR東海の373系に乗れた。特急対応のしっとりしたモケットのシートにゆったり座れて、なんだか得した気分。

都内で一泊して、翌日は展示ブースをゆっくり廻るとしよう。

|

« 横浜、港の朝を歩く | トップページ | CP+、元気なカメラ業界にちょっと安心? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜、港の朝を歩く | トップページ | CP+、元気なカメラ業界にちょっと安心? »