« 忠臣蔵の聖地「泉岳寺」へ、やっときた☆ | トップページ | ライトアップ冬の段2011 金沢城 »

2011年2月 6日 (日)

ライトアップ冬の段2011 兼六園

Mg_711762as_2
長くごぶさたしました。いろいろあったですけどいろいろなかったとも言える、あいかわらずです。なにかと気ぜわしく過ごしてましたし、雪で大変だったのもありブログは滞ってましたが、そろそろいろいろ書いていきます。
年末年始旅行したのもいっぱい紹介したいんですが、まずは昨日のライトアップから。
Mg_711791as
兼六園の季節ごとのライトアップ。かなり以前にも行ってたんでしばらく横着してましたが、ここんとこの積雪で、いい雪景色をお見せできると思って友人とともに頑張って出かけました。
Mg_711794as
それから写真をメインにもアップするわけですから、今回から表示を大きくしてみました。
もちろん、画像をクリックしていただくと今までどおり少し大きめのが表示されます。
Mg_711800as
けどこの日は大雪から数日経ってるんで、期待した雪景色にはなってないかな。もちろん、暗い中たくさんの来場者を入れるんで、足元は雪かきされてましたが。それでも滑ってあぶないところがほとんどでしたけどね。
Mg_711802as
有名なサイフォンの原理の噴水です。日本最古のつもりなんですが。暗いので頑張ってもシャッタースピードが苦しいんで水は止められません。
Mg_711816as
さて、早くもメインステージに来ました。徽軫灯籠に唐崎松です。このライトアップ目当てに観光客はじめ多くの来場者が来てましたが、ここで行列になって、係りの人が立ち止まらないようにさかんに指示。けど一方通行なだけで皆ゆっくりとしか動かない。
Mg_711823as
観光客の方たちは感嘆の声を上げてましたが、あまり僕はきれいに見えなかったですね。オレンジ単色ってのがイマイチなんでしょうか。
けど雪吊りが珍しいのと、金沢らしく金色に見えるのが豪華に思えるようです。
Mg_711889as
内橋亭ではフルートの生演奏。暗い中で幻想的な雰囲気でした。
Mg_711901as
眺望台では雪がうずたかく積んであって、僕らでもあまり見たことがない景色になりました。夜の街の明かりとらしくない兼六園の雪。
Mg_711903as
はは~ん、ここからのアングルは、写真のこの面だけでは伝えきれませんが、かなり迫力ありましたよ。ここで観光客みなさん歓声を上げてましたね。
Mg_711911as
池に写る逆さ吊りもどうでしょうか。徽軫灯籠がかすかに見えるのわかりますか?
Mg_711915as
オレンジの光だけで目が変になってしまいました。
Mg_711923as
露出を上げて雪かきで積まれた様子もご覧いただきたい。こんな兼六園久しぶりですわ。
Mg_711927as
明治記念之標もこんなぐあい。
Mg_711933as
根上の松。
Mg_711943as
霞ヶ池も氷が張ったまんま。明るいうちに来るのもいいもんなんでしょう。寒いし冷たくってグラブしたかったですが、カメラのセットしながらなんでほとんど素手でした。
次は金沢城に入りました。 つづく。

|

« 忠臣蔵の聖地「泉岳寺」へ、やっときた☆ | トップページ | ライトアップ冬の段2011 金沢城 »

コメント

お久しぶりの更新、安心しました。
いろいろ大変と思いますが、定期的な更新、待ってます。

白髪鬼

投稿: | 2011年2月 7日 (月) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忠臣蔵の聖地「泉岳寺」へ、やっときた☆ | トップページ | ライトアップ冬の段2011 金沢城 »