« 下御隠殿橋で威力発揮の7D☆ | トップページ | 「雷鳥」11年3月11日ラストラン! »

2010年12月17日 (金)

岡田(前)監督!3年ぶり☆

101217_150413 今日は3年ぶりの講演会に行きました。

サッカー日本代表、岡田前監督のです。

3年前と同じ地元ベンダーのフェアで呼ばれて、そのときはオシムに代わって突然のご指名の直後で、いちばんヒマな人から日本で一番忙しい監督になられたのに、キャンセルせずに来てくれました。

そのときに岡田監督の哲学を聴いて、この人に任せとけば安心!と思えたので、W杯直前の非難にも僕は何の心配もしてませんでしたww。

今回はそのW杯に臨む直前までの代表チームや、決してブレなかった指導指針など、裏?話たっぷりに聴かせてくれて、感動と涙につつまれたすばらしい講演でしたよ。


今年になって、かなりの主力選手たちが不調になったでしょう。かなりの重圧もあったからだそうですが、当然早くから変更オプションを考えていたそうです。

ずっと前からテストしてたがそれをいつ切り出すか。日韓戦に負けたので、思い切って変えた。中盤の配置を一人増やす。するとトップは一人になるから、それができるのは本田だけだった。
さらに直前にさらに新たなポジションを思いついた!それが上手くいった。
だから直前のジンバブエとの練習試合で試したかった。それに手ごたえを得た!
などその全てに当然ながら緻密な判断のもと戦術を切り替えていったわけです。

代表キャンプになったら4時間しか寝ないそうです。ずっと戦術とか研究するために。
世界中の誰よりも、この日本代表が強くなるにはどうしたらいいか!を考えてる自信がある。
ごもっとも、と思いましたね。

脳の新皮質で考えながら身体を動かすのでなく、旧皮質で無心で反応する、これがカンペキになるのがイン・ザ・ゾーンといって、勝つべくして勝つ人はそれが出来るそうです。勝った瞬間一体になったり覚えていない、ってのがそう。南アフリカではチームがそうなったって。

そして楢崎や俊輔などスタメンから外したベテランたちに、もちろん監督として全責任を負うという覚悟あるからこそできることですが、彼らに通告した後も、くさらずチームに貢献してくれる。そして中沢をキャプテンから外した。彼の心やさしさからのためにも。けど変わらず率先して引っ張ってくれた。そんなチームががんばれないわけないでしょう。って。

帰りの関空でヨン様のときより大勢の若者が出迎えてくれて、その目の輝きにジーンっとして、負けたくやしさからとっても癒された。今まで選手・スタッフに喜びを与えたくて、ってやってきたけど、初めてサポーターを喜ばせるっていいものだなぁと思えた。

ベスト4という目標は根拠ないものじゃないって。それで選手・スタッフみんな一丸で本気でベスト4を目指せるチームになったからこそあそこまでできたと。
そしてやっぱり具体的な目標をしっかり立てられる人ほど成功する、と教えてくれました。


フィロソフィー(哲学)についてもいくつか。

エンジョイ  リスクをともなうからこそ楽しめる。言われたままじゃなくて、必要なときに自分の判断でリスクを犯してプレーする。だから成長できる。
指導、エデュケーションの語源は、教え与えるんじゃなくて、"引き出す"ってことだ。緊張感とともに誉めることで選手に判断力を養う。

コンセントレーション  集中、は、今できることを確実にベストをつくしてやる。無駄な考え、いまやってもしょうがないことはやらない、。

とか。


けっこうがんばってメモったんで、羅列みたいになったけど、ちゃんと伝わったでしょうか?
細かい事例や楽しい選手の裏話まじえて話してくれたから笑いもいっぱいさそったけど、
これでも、まだまだ言えないことをたくさん教えてくれました。

スランプになっても、人みんなそれぞれ波がある。次のステップ飛び上がるために、今しゃがんでるだけだ!
いつか神様がごほうびくれるまで、がんばればいい。
また少し、生きる勇気というかがんばりを、与えていただけたと思います。
101217_163536 帰りに、岡田監督のサイン本と、限定非売品だったエグザイルのマスコットボールにサインしたのをディスカウント価格で買えました。限定数でもみくちゃになりながらww。









|

« 下御隠殿橋で威力発揮の7D☆ | トップページ | 「雷鳥」11年3月11日ラストラン! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下御隠殿橋で威力発揮の7D☆ | トップページ | 「雷鳥」11年3月11日ラストラン! »