« 「雷鳥」11年3月11日ラストラン! | トップページ | 忠臣蔵の聖地「泉岳寺」へ、やっときた☆ »

2010年12月24日 (金)

「最後の忠臣蔵」ってもたぶん最後じゃない☆

101222_172029 今年も忠臣蔵の季節が過ぎましたね。

歴史好きとしては、虚実ないまぜってわかってても「忠臣蔵」は日本人の心に響くもんで入り込んでしまいますわ。

前回「ヤマト」観たときの予告を見て、どうしても観たくなって。行ってきました。

この手の「忠臣蔵」アウトサイドストーリーも語りつくされた気がしますが、まぁこれもデキスギの感ありますけど、やっぱ思わずグッとくるとこ多し。

無言で堪えて、何かのために(この場合主君か)身を捨てて尽くしきる、ってのは男子本懐の美学のように思いますね。日本人にしかわからない感覚でしょう。いや、今の日本人でも結構忘れ去られてるでしょうけど。

この役所広司のストイックなまでの律儀な振る舞いは、彼だからこそできると思える迫真の演技でした。画面いっぱい大写しになった彫りの深い彼の顔は、人生を語る重みがありましたね。

後半になぞが解けて、佐藤浩市と涙をため無言で頷きあうシーンは、あぁ、やっぱ男って言葉はいらないなぁ、と久しぶりに"男"について考えさせられました。

けど僕だったら安田成美の誘惑に負けちゃうなぁ。つか誘惑してほしいww。安田成美は朝ドラでもステキなおかあさん演じてて、昔より今のほうがすっごく美しくなったと思うのは僕だけじゃないでしょう。

しかし当時はやっぱ「大石内蔵助」って、とっても崇められた人だったんですね。討ち入りの事実だけじゃなく、赤穂藩の他の浪士たちにも身の立つようにいろいろ手を尽くしてたようで。そういったとこも、「忠臣蔵」が美談として完成するひとつの根拠になった気がします。

23日は日帰り江戸で、時間があったら「泉岳寺」に参ってみたいと思ってますよ。

ぜひ、男の美学「最後の忠臣蔵」を観にいってみてください。

|

« 「雷鳥」11年3月11日ラストラン! | トップページ | 忠臣蔵の聖地「泉岳寺」へ、やっときた☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「雷鳥」11年3月11日ラストラン! | トップページ | 忠臣蔵の聖地「泉岳寺」へ、やっときた☆ »