« 湯涌の旅も検定対策2 温泉と夢二 | トップページ | 富山の旅。射水の偉人は地図のプロ »

2010年11月10日 (水)

富山の旅。氷見で見つけたキャラ!

Yamajiro 土曜は歴史好きの友人とまた出かけました。

まずはお隣富山県へ。氷見市立博物館では「山城探訪」の特別展が。氷見周辺の中世戦国の山城跡をずらっと解説。海に近い氷見ではその地勢もあって、南北朝時代から上杉氏や織田氏の勢力が相対する時代まで、小高い裏山といったところにおよそ60箇所もの山城が築かれたようです。
尾根筋のくぼんだ堀跡や土塁、郭として使われた平坦面とか、今でもひっそりと中世の名残があるとか。
数々の山城跡が図面や模型で紹介され、ビジュアル的にもわかりやすかったですが、海岸に岬のように突出している阿尾城跡は有名でしたが、あとは全く知りませんでした。

Img_703948z 氷見は小学5年のとき、父の都合で7ヶ月だけ住んでました。そのん十年前に比べて太い道路もあちこちに伸び、こんな立派な図書館兼博物館も出来て、さぞや発展した市になったと思いきや、中心道路の商店街は実は寂れる一方。数年ごとに訪れると、逆にどんどん悲しくなっていってるみたいです。
Img_703952z しかし悲しんでばかりいなくてもいいようです。ここには、こんな救世主がいますからね。
ほらっ、お寺の門の向こうに何かみえませんか?





Img_703955z おやっ? 門の向こうに見えるのは、なにやら可愛げな石像ですね。







Img_703959z そう、ここ氷見は、藤子不二雄A氏の生まれ故郷。しかもこの光禅寺は氏の生家にあたります。
水木しげる氏で有名になった境港の例もありますが、富山の氷見や高岡では以前から藤子不二雄列車とか公園とか、コラボした施設がたくさんあります。

Img_703962z これら藤子不二雄A(安孫子素雄)氏の生み出したキャラの石像は、昨年建立?されたばかり。市中心部の裏道にあたるところから、結構ファンとかが詣でていらしてもいいのにと思うんだけど、まぁただの土曜だったらそんなに人は来ないか。

でも愛らしい表情がいいですね。金沢でも、案外に知られてない出身漫画家が多いです。ペリカンロードの五十嵐浩一氏もそうだとは最近やっと知りました。そんな作家たちのキャラの像を街中に・・・。ちょっと合わないかww。





Img_703964z ニンニン!

けどもう、子供のころはハットリくんなんてしてなかったけどなぁ。あっ、実写のやつね。












Img_703973z 氷見はこれから紅葉もそうですが、冬の味覚、カニやブリで騒がしくなります。
ぜひ本場の味を楽しみに来てみてほしいですね。

このあとは旧新湊市へ。

|

« 湯涌の旅も検定対策2 温泉と夢二 | トップページ | 富山の旅。射水の偉人は地図のプロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湯涌の旅も検定対策2 温泉と夢二 | トップページ | 富山の旅。射水の偉人は地図のプロ »