« 北陸新幹線のレールがついにキタ~☆ | トップページ | 中村神社と秋の眺め »

2010年11月25日 (木)

波自加彌神社って知ってますか?

Img_707114z 金沢検定終わってから、少しバタバタしてブログはお留守にしてました。
昨日は久しぶりに○安行って、その足で以前から寄ってみたかった「波自加彌神社」へ。

八田與一氏の出身、花園地区にある1300年もの由緒ある古い神社。
Img_707119z 手前の河原市用水わきに車を停め、長い階段を登る。さらに左に折れて上まで結構長かった。






Img_707123z ついた。
そんなに広くないのに由緒が古いので祭りが多く、大切にされてるのがわかる境内だ。

波自加彌神社は日本唯一の香辛料の神様。ハジカミとは生姜の古名をさす。


Img_707126z 神社の由緒書きが置いてあったので、それによると、奈良時代に旱魃があって、国造が神社に雨乞いをすると、泉を発見して甦生することができた。神恩に供え物を探したがめぼしいものがなく、旱天下でも自生する生姜を献じたので、以来感謝の祭りを行った。


Img_707129z それで毎年6月15日に「はじかみ祭」を続けているのだけど、そのときには全国から生姜や香辛料の生産業者はもちろん、S&Bとかのスパイスや食品加工会社、漬物、芝舟製造業、調理師、薬種関係者など大勢が訪れる一大セレモニーになるらしい。

Img_707131z 江戸時代には加越能三国の料理屋の主人はすべて参拝したといい、生姜の薬効から医師や薬屋も参詣したという。

全国でも珍しいというか唯一の薬味の祖神。おととい新嘗祭もやったみたい。神輿や鎌倉時代の宝物も数多くあって、隠れたスピリチァルスポットですかね。
Img_707133z そのうち金沢じゅうの神社すべてを制覇したいと思ってたんで、その一環のつもりだけど、ここみたいに市境近くのあちこちや、山奥の林道ぞいの集落のふもととかにもたくさんあるから、バイクとかないと機動的に移動できないからなかなか実現しない。

でもそろそろ塗りつぶしにかかろうと思ってます。街中は結構もう廻ってるからすでに100くらいいってると思う。






Img_707134z 花園小学校近くの旧北国街道に来たら、波自加彌神社の郷社の標柱が。ここから参道は続いてたようだ。そういう跡をチェックするのも楽しい。

やっぱり金沢市内を探訪するのが趣味になっちゃうんだよなぁ。


|

« 北陸新幹線のレールがついにキタ~☆ | トップページ | 中村神社と秋の眺め »

コメント

へー、知らなかった。
夏の盆の時期にキリコを持って花園地区に墓参りに行くんですが、この石の道標は神社の参道の目印だったんですね。

投稿: 金沢百万石大都会 | 2010年11月28日 (日) 16時20分

そういう神社が あるんですね

投稿: ハクション大魔王&村石太マン 名古屋発 | 2010年11月26日 (金) 13時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北陸新幹線のレールがついにキタ~☆ | トップページ | 中村神社と秋の眺め »