« 久しぶりに金沢城の中に入ったら・・。1 | トップページ | 今度は福井の、歴史探訪1 »

2010年10月 6日 (水)

久しぶりに金沢城の中に入ったら・・。2

Img_700306z 日中めっきり涼しくなってきましたね。まだ木々の葉は色づいていませんが、こんなピーカンでも汗はほとんどかかず、いい季節になってきました。





Img_700308z 河北門です。4月の公開以来、じっくり入るのは久しぶりになります。すっかり金沢城の顔として定着したでしょうか。すこし黄味がかった白漆喰と鉛瓦が青空に輝いて美しい日本の伝統美をかもし出してます。



Img_700310z 二の門の中から高麗門の一の門を見ます。石川門に比べてこの枡形は防御の面としてはどうだかですが、機能美といった日本の城独特の美しさが際立ってすごく好きですね。



Img_700315z 黒鉄で覆った部分と木肌とのコントラストも美しい二の門です。
しかしこの木の地肌がくすんでしまうのに、どれだけ時間の猶予があるのでしょう。この美しい状態を見てもらうには、早く金沢に来てもらうしかありませんね。


Img_700319z 二の門の二階内部に入る、木段の上です。ここから一の門越しに菱櫓と五十間長屋を望むこの図は、僕のブログトップに据えたように、新しい金沢城を表すフォトビューイングになってるようですよ。今後さまざまなメディアやパブリッシティに出てくること間違いないです。

Img_700324z 久しぶりに内部に入りました。オープン時とそんなに代わり映えしないんですが、説明板がいくつか新しくなってましたかね。ガイドムービーも最初のときは見なかったんで新鮮でした。見学会の模様の写真には、友人が写ってるかも。
しかし土曜の昼なのに来場者は少ないですね~。
Img_700330z 河北門の一角をなす、ニラミ櫓台です。宝暦の大火で失った櫓本体までさすがに復元されませんでしたが、この櫓台の上までぜひ侵入可にしてほしいものなんですが。




Img_700331z 15mmの広角で、菱櫓-五十間長屋-橋爪門続櫓の全体を撮りましたが。やっぱここはカッコエエですね。石川櫓が修復中なんで、今後の金沢城のシンボルといえばやはりこの図でしょうな。



Img_700357z 玉泉院丸に来ました。庭園遺構の発掘調査中のここは、新幹線開通の4年後までに、なんらかの暫定整備をする予定。しかし全体像発掘のまだ緒についたばかりなのに、遅れがでないのか心配です。いもり堀緑地のように、中途半端な暫定整備の期間が長く続かないようにと思いますが、さてどうでしょう。広大な庭園が完全復元されると、街中心部からのエントランスゾーンとして期待されてるこの場所が、また金沢の名所のひとつとして浮かび上がるでしょうけどね。

|

« 久しぶりに金沢城の中に入ったら・・。1 | トップページ | 今度は福井の、歴史探訪1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりに金沢城の中に入ったら・・。1 | トップページ | 今度は福井の、歴史探訪1 »