« 「金沢おどり」を観劇して"感激"☆ | トップページ | 名古屋へ展示会強行軍だぎゃぁ2 »

2010年9月28日 (火)

名古屋へ展示会強行軍だぎゃぁ1

Img_700101z 日々髀肉之嘆を虚しゅうしても詮無きことなので、誘われるままに名古屋の歴史展覧会をハシゴすることにしました。

歴史好きの友人S氏の運転&案内で、6時に家を出る強行軍で、まずは名古屋市博物館。風格あるどっしりした建物ですが、この土曜はようやく秋になったはずの空が夏に逆戻りの予報。ハードな一日の始まりの予感です。
Img_700109z この日から始まった特別展「変革のとき 桃山」

名古屋開府400年にあわせて各館で盛り上がってる展覧会のメインイベントとも言える催し。初日午前なのにすでに大勢の来館者でにぎわってました。信長・秀吉・家康の活躍した激動の時代の中心地尾張にふさわしく、ふんだんな文物の連続に圧倒されましたね。
いつもの企画展のスペースよりさらに広く取ってあるようで、予定の時間を遥かに越え、午前いっぱいかけてしまいました。
Img_700119z 続いては、地下鉄を乗り継いで名古屋城へ。城に入るのは何年かぶりで、本丸御殿の復元工事見学をチョー楽しみにしてきました。
城内の展示展は「武家と玄関 虎の美術」で、戦国・江戸期に描かれたさまざまな虎の意匠、特に襖絵が迫力とユニークさをもって僕らの前に現れてくれました。ほとんど見たこともないようなトラをよくああまで描けたと思います。
Img_700132z さてその天守に入る前に、早速本丸御殿の工事現場に入ります。
名古屋城は戦災までは、本丸においてはその威容は江戸時代以来の姿をほぼ残しており、国宝としても一級品で規模もハンパでなく、今も残っていたら姫路城をはるかに凌いで世界遺産だったことは間違いないです。
けど、昭和20年5月14日の空襲で灰燼に帰してしまいました。
Img_700147z 中に入ってみると、さすが名古屋城、御殿の復元にはとても大規模な木工事が。見学通路は3階に相当して平屋の屋根がこの高さです。御殿の玄関だけでこの大きさ。これだけの重量物にもなるんで、木組みの複雑さもあって丸太の部材も数多いです。それでやっぱり接合にはどうしても金属部材を使ってるようですね。
土曜でも工事の槌音が本格的でした。
Img_700153z 広い体育館を思わせる覆いの部分も、3期10年に亘る大規模な本丸御殿復元工事の、それでも約半分しか入りませんね。
これでは、金沢城二の丸御殿はチャチイものですわ。



Img_700169z ではいよいよ天守に入ります。
雲はあるもののホント晴れ渡ったいい天気になりましたが、いや暑い。夏に逆戻りみたいに汗かいてしまいました。




Img_700185z 中に、本丸御殿の模型が展示してありましたが、手前右手がさっき工事を見てもらった玄関部です。あの大きい屋根部分だけでこの玄関になりますし、この模型はまだ1期工事分、つまり約1/3です。
また、藩主が政務を執った二の丸御殿は本丸御殿の10倍はあったようです。

Img_700186z 名古屋城全体の模型はこんな感じ。手前の北側にはまださらに広い下御深井御庭があり、南の三の丸には現在は県庁など官庁街になっています。




Img_700191z 外へ出ると、天守の石垣にも目がいってしまいますね。
加藤清正が築いたという名古屋城天守は、築城の神様らしく工夫の跡もあります。見えにくいですが銘も彫ってあります。
江戸初期の石垣は整列して並んでないことが多いですが、石の間にわずかの隙間もなく小さい石で埋められてるのには感嘆しました。
Img_700192z 名古屋城名物、金のシャチホコです。
手前の枝がジャマですが、青空に輝いて美しいですね。確か、愛・地球博で降ろされて磨きなおされたハズで、名古屋人の誇りなのがよくわかります。
現代は避雷針がこれらを守ってるんですね。

さてさて次は、その名古屋人もメッタに行ったことのないという? 徳川美術館へ向かいます。

|

« 「金沢おどり」を観劇して"感激"☆ | トップページ | 名古屋へ展示会強行軍だぎゃぁ2 »

コメント

にし、さんお久しぶりです。僕の更新がなかなかなくてすいませんでした。

名古屋にもご縁があるんですね。名古屋は本丸御殿再建や400年祭で、一部では盛り上げようとがんばってるんですが、市民全体の関心はイマイチのようで。市予算削減を言ってるさなかなのに・・ってのがあるんでしょうか。

投稿: joker | 2010年9月30日 (木) 00時11分

名古屋、強行軍ということは日帰りでしょうか? 私も偶然ですが、先週6時発で愛知県に行ってきました。行きたいところがあり、その前に小さな企業の美術館に寄ってゆくのに早起きしました。でも、今月初めまで青春18切符を使ってでかけるのは大抵、金沢発17:35頃のサンダーバード2号だったのですけど。(一部特急に乗らないと博物館回りには遅すぎますので・・・)

名古屋近辺、一時勤務していたので博物館はほぼ制覇しております。本丸御殿、債権の話は決まっていたのですが、工事が始まらないうちに戻りました。次の機会に見に行きたいです。

投稿: にし | 2010年9月29日 (水) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「金沢おどり」を観劇して"感激"☆ | トップページ | 名古屋へ展示会強行軍だぎゃぁ2 »