« 久しぶりに富山の歴史めぐり 1 | トップページ | 「金沢おどり」を観劇して"感激"☆ »

2010年9月22日 (水)

久しぶりに富山の歴史めぐり 2

Img_700032z さて富山城の後は、富山市内の田圃の真ん中にひょっこり姿を現した、安田城跡に来ました。
秀吉が佐々成政を攻めるときに、本陣とした呉羽山の白鳥城の支城として築かれた砦です。


Img_700035z 平地に広い堀で囲まれた、本丸・二の丸・右郭の三つの郭でできた、典型的な平城。というか砦ですね。
でもずっと保存状態もよく、2.4mの土塁で囲まれていた様子もきれいに復元できています。
土塁の上に登りましたが、案外高くていい気分。けどモグラの穴で危なくなったところもあるみたいで・・。
Img_700036z でもやっぱり、日曜なのに訪れる人は皆無に近いですね。立派な資料館も併設されてるんですが、係りの人はいなくて展示DVDが見れませんでした。よく見ると二の丸で草むしりしてる人がいらっしゃいます。あの人が係りの人なんでしょうか?
のどかで静かな農地にぽっかりと浮かぶ安田城跡。ある意味癒されますが、さびしいのも確かww。
Img_700044z 最後には、越中・加賀境の山城、松根城跡に登りました。
ここは佐々軍と前田軍が対峙したときの佐々軍の前線砦になった山城で、狭いながらも本丸・二の丸・三の丸や、堀切などもはっきり残っている立派な山城でした。


Img_700057z 本丸跡は公園とも言えるくらいの広い空間で、小学校の遠足や課外授業にも耐えられるくらいの場所だと思います。実際に利用されてるかも知れませんが。




Img_700059z 本丸の脇に、三角点基準点標が埋められていました。
三等三角点「内山」です。標高308m。
この三角点探訪も僕のテーマのひとつにしなけりゃいけませんね。



Img_700064z 松根城跡の石碑と案内看板です。公園整備自体は25年くらい前からされてたようですが、例の大河ドラマ「利家とまつ」からかなり費用もかけて再整備されたみたいです。
しかしそれから10年近くたって、その後のケアはもうあまりしてないみたいで、看板の文字は陽に焼けて読み取るのが難しくなっていました。
Img_700065z 富山県側、小矢部の平野が見えます。石川県側も開けて見える、見晴らしのいい場所なんですが、この日はもう夕方近いこの時間、雲って立山も日本海も見通せませんでした。やはり誰もいない山、一人ではとてもさびしくて来たくないかもw。クマも出るかもしれません。今年は金沢市でももう麓に下りてきたようで、この間ニュースになりましたしねw。
Img_700091z もともとここは小原越という峠道の脇。古道もこの部分が整備され、先の一番高いところが小原峠です。こりゃ遠足にはやっぱりいいですよね。

今日は一日、失職の身には楽しい?リフレッシュになりました。まぁ今後もいろいろ頑張りますよ。。

|

« 久しぶりに富山の歴史めぐり 1 | トップページ | 「金沢おどり」を観劇して"感激"☆ »

コメント

久々の更新ご苦労様でした。コメントを拝見するかぎりではお元気やに見受けられ、取りあえず安心しております。

こうなってしまっては何もお役に立てず申し訳なく思っております。
来週も金沢に行きます。お時間があればお会いできればと思っております。
一度御連絡しますので、その際はお手柔らかにお願いいたします。

投稿: 白髪鬼 | 2010年9月24日 (金) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりに富山の歴史めぐり 1 | トップページ | 「金沢おどり」を観劇して"感激"☆ »