« 久しぶりの東京駅で発見! | トップページ | 「はやぶさ」、無事に帰ってきておくれ☆ »

2010年6月13日 (日)

iPadは紙業界にとって脅威か?

100612_160119 銀座の事務所での仕事がやっと終わり、帰りの新幹線まで時間があるので、Apple Store銀座店に寄ってみたよ。
もちろん、iPadを見にね。


実機を初めて触れてみたけど、A4かと思ったらB5くらいなんだね。予想より、だいぶ小さくて軽い。

東京だからかもだけど、通信状況もよくてさくさく動く。iPodだと小さくてタッチも微妙で難しかったのが、ストレスなく触れる大きさかも。

ん~、まだまだだと思ってたけど、こりゃかなり使い安そうだ。

問題の電子書籍は、ページめくりの動画は指の動きに合わせてパターンがおもしろいし、カラーのアンダーラインも引ける。
文字も結構読みやすいよ。
紙の本そのものにデザイン性やプレミアムがないと、単に読むだけならこれで充分だわ。

僕でも、使い分けする、という選択肢で予算が許せばすぐにでも買いたくなった!


けど、その予算が大問題。
本体だけでなく、通信費もコンスタントに掛かるわけだから、やっぱり普及には時間が掛かるだろう。

しかし、思ってた以上に便利なのは間違いない。
この脅威は真剣に考えなきゃ、だと思うがどうか。

|

« 久しぶりの東京駅で発見! | トップページ | 「はやぶさ」、無事に帰ってきておくれ☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりの東京駅で発見! | トップページ | 「はやぶさ」、無事に帰ってきておくれ☆ »