« 桜は今年も晴れやかだったけど・・。 | トップページ | 宮守堀と鯉喉櫓台石垣、復原完成!! »

2010年4月12日 (月)

金沢の新しい顔「しいのき迎賓館」オープン!

Img_135469z 土曜に街中に出た理由その1は、本日(10日)オープンの「しいのき迎賓館」。
大正13年に造られた旧石川県庁の建物を巧みに残し、新旧取り混ぜた新しいおもてなしの空間として生まれ変わりました。

名前の由来となったしいの木とは、県庁正面の両側に300年来シンボルとして鎮座する国天然記念物の大しいの木。
Img_135470z 当日午前からのオープニングセレモニーには、仕事で行けませんでしたが、昼一の14時にはもうたくさんの人が来場。
正面のカンバンもはずされ、県旗や国旗が掲揚されてますね。





Img_135473z









Img_135478z 目玉はオープンスペースもあるカフェと、2階のフレンチレストラン。
当然行列で中で優雅に楽しむ余裕はありません。今度ゆっくりと訪れることにしましょう。




Img_135484z 石川県の施設やここ周辺の観光案内「しいのきプラザ」。休憩の場でもあるけどイマイチ中途半端な立ち位置のような気がしますね。
しかし今日はグランドピアノが置かれて、時間になったら演奏会とかあるようです。もちろんそれまで居るわけにはいきませんでしたけどね。
Img_135486z 2階に上がる階段には、踊り場に石川県の地図を模した大きな蒔絵が。
県庁時代からあったこれは正面にドンと構えた存在感もあって、地図好きには自慢の一品でしたね。



Img_135489z 2階のフレンチレストラン「ジャルダン ポール・ボキューズ」の前です。2階のほぼ半分のスペースを占め、金沢人に慣れないエレガントな空間を身近にしてくれるのか、期待のリストランテです。

ランチコースは3,800円から。当然予約が必要なようです。一度気を張ったもてなしのときに利用したいですね。あっ、1階のカフェは予約なしですよ。
Img_135494z 裏側のガラス越しの眺望です。金沢城本丸の石垣群がワイドビューに見ることが出来ます。これで夜になったらライトアップに照らされて美しい城跡を望めます。それらはおいおいですな。



Img_135496z 県庁のシンボルでもあった中央の重厚な石造りの階段はそのまま残されました。大正時代のモダンな造りは、現代にもマッチしますね。上野の科学博物館みたい。テッカテカに磨き直されたのもよくわかりますけど。


Img_135491z 2階や3階には、ガーデンルームやセミナールームがレンタルルームとして一般に開放されます。案外にリーズナブルな利用料金で旧県庁の施設を使えるなんて、いいですね。企業だけじゃなく、ちょっとしたグループの打ち合わせにもいいかも。


Img_135500z もちろん、まじめな会議やセミナーとかがメインでしょうが。
普段利用者以外に入れないのに、日曜まで全室見学公開されてるんでひととおり撮っておきました。




Img_135506z 吹き抜けも明るくていい雰囲気ですね。

けどフレンチやカフェって、野郎だけでは行けないって改めて思いました。このアングル女性だけですもんねww。



Img_135504z 新しい金沢の名所として認知されるのも早い気がします。

けど、普段僕らが何度も足を運ぶとこじゃないですね。こういったとこも女性が強いんでしょうかw。











Img_135507z 裏側の本丸石垣との間には、これも本日オープン?の宮守堀があります。
このあとレポートしますがね。





Img_135512z
裏側全貌です。全面ガラス張りが特徴。旧県庁改装案は、決定までにいろいろ物議をかもしましたが、まぁなんとか落ち着いたこの結果でよしじゃないでしょうか。

みなさんも金沢へお越しの際はぜひ足を運んでみてください。


では次は宮守堀へ。

|

« 桜は今年も晴れやかだったけど・・。 | トップページ | 宮守堀と鯉喉櫓台石垣、復原完成!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜は今年も晴れやかだったけど・・。 | トップページ | 宮守堀と鯉喉櫓台石垣、復原完成!! »