« 今年最初の江戸参勤 1 | トップページ | 今年最初の江戸参勤 3 奥多摩 »

2010年2月 8日 (月)

今年最初の江戸参勤 2 上野・東京早暁

Img_130320z 上野駅に着いたら、先に着いた「能登」をさっさと撮らねばいけません。あっというまに回送で出ていってしまうからです。
地下の柱ごしなんでイマイチだし、外はまだ暗いし、これがもう限界ですね。廃止までにもう一度「北陸」に乗ることができるかなぁ。だとすると上野駅の「能登」を撮るチャンスはあと一回。たぶん23時台の出発の方が撮る人多いんでしょうけど。
Img_130334z 頭端ホームに着いた上野駅での「北陸」は、この8号車の前扉を開いて、係員が乗ってカンテラを照らしながら推進回送して車両基地に戻ります。
金沢駅だと必ず機関車が前になって金沢車両所から一旦駅を通り過ぎてスイッチバックして入線します。
Img_130345z 上野駅でのカメラマンは、「北陸」に乗ってきた人、駅で待ってた人含め100人以上。
午前6時19分は、早朝ではあるけれど都会の朝は早い、のかいつもすぐ山手線とかに乗ってもすでに大勢の人が乗っています。土曜なのに。
だからこれだけの人がいてもフシギではないのかも。
Img_130360z この日は偶然、隣の15番ホームにジョイフルトレインの「リゾートエクスプレスゆう」が入ってきました。485系出自じゃないけど485系列の番号のある和式列車。JR東日本のジョイフルトレインは、足しげく関東に通ってるからたびたび見かけることがあります。むしろ西日本のがあまり見てませんw。
Img_130378z さて、東京駅へ来て中央線を撮りに来ました。これから某所へ行きたいからで。
そろそろアケボノから陽が射して明るくなってきた江戸の冬の朝は、たぶんいつものようにこの日も快晴のようです。しかし今回は僕の滞在前後は天候が悪く、また晴れ男の本領を発揮してしまいました。おかげで一日充実した撮影旅行ができましたよ。
Img_130383z かなり高い位置にある中央線ホームから、これから一日の喧騒が始まる前の東京駅の他のホームが静かにたたずんで見えます。大都会なのに音の少ない朝の風景を、あと何回経験できるんだろうか。



Img_130388z E233系のヘッドの曲線って、えもいえぬ美しさがありますよね。江戸というかJR東日本の近代車両は、その機能性向上はもちろんだけど、ムダのない美しさが同居してて見ていて飽きません。
しかし西日本は、特急を含めセンスがなさ過ぎと思うのは僕だけでしょうか?
Img_130400z んでこの神田方にすぐあるシーサスクロッシングもいつ見ても美しいです。中央線は東京駅が終点。だから到着する列車が1・2番両方に停車するためにこのシーサスクロッシングは欠かせません。特に朝日に光る分岐器が動くところは感動ものですw。
まぁゆっくり見ていたいんですけど、次に移動しないと時間がもったいないんで出発しましょう。

|

« 今年最初の江戸参勤 1 | トップページ | 今年最初の江戸参勤 3 奥多摩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年最初の江戸参勤 1 | トップページ | 今年最初の江戸参勤 3 奥多摩 »