« 「地図中心」に江川達也登場!! | トップページ | 2日は初売りと「加賀万歳」 »

2010年1月 2日 (土)

元日、雪景色の金沢をどうぞ。。

Img_129379z 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

ここのところは忙しくてなかなか更新できませんが、活動は相変わらず定期的にしてるんで、江戸とかの話や鉄の話もタイムリーでなくても追ってアップしていきたいと思います。
今回は金沢でも珍しく?なった雪の正月をお伝えするために、あえて吹雪の初詣にカメラ持参しましたよ。
Img_129382z いつもは氏子である石浦神社へ行くんですが、事情があって明日にするので、元旦の今日は広坂の上にある石川護国神社へ。
戦争で亡くなった家族はいないんですが、毎年参りに行ってます。明治初期の創建時には卯辰山にあった招魂社を、交通の便も悪く狭いというので昭和になってこの地に遷座されました。
掲額は「顕忠」という最後の藩主前田慶寧の筆によるもの。
Img_129384z その足で兼六園へ。もはや普段ならいちいち行かないしシャシンも撮りませんが、雪で白くなった兼六園は写す価値もあろうかと。
時折の吹雪で観光客も大変そうですが、カメラを構えてる方も少ないですね。


Img_129392z 雪吊りは木々に積もった雪の重みから枝を守るものですが、地面にそこそこ積もってても、枝にはあまり残ってませんね。金沢市内の積雪量は、寒波が来てもホントに少なくなりました。



Img_129396z この景色をみなさん見に来られるんですよね。
観光客はこの両側にたくさんいらして、人の切れ間の瞬間に撮りましたよ。

金沢の冬らしい冬の姿です。


Img_129407z さて金沢城にも進入しました。
雪の河北門は果たしてどうだろう、とも思ったんですが、雪景色に囲まれてはいるものの、屋根にはほとんど積り残ってませんでした。
他の建物にはかなり残ってるんで、傾斜が高いのか中が暖かいのか・・。ある意味安心しましたが逆に言えばザンネンともw。
Img_129411z 枡形に廻ると、一の門の覆いが外されて露出してました。あとはニラミ櫓台だけですが、枡形の全容が見えるようになりました。
やはり石川門に比べるとこじんまりした感がありますが、早く中に入ってみたいですね。



Img_129425z 橋爪門と続櫓です。一の門だけの復元が完了してるわけですが、このたび新幹線が開業する2014年度末までの二の門復元整備が決まりました。
ここも河北門同様枡形門を形成し、本丸から移った政庁の役をしていた二の丸御殿への入口として重要な門でした。石川門・河北門とあわせて三御門と言われ重んじられてました。







Img_129428z その橋爪門一の門には毎年正月に注連飾りが飾られます。これは江戸時代の文献・絵図を近代になって復元した図が残されてたので、忠実に再現できるようになったからです。
先日ロケが始まった来年の松竹映画「武士の家計簿」で堺雅人さんがここをくぐった写真が新聞にも載ってましたね。
Img_129430z さていつもの定点観測地点での撮影です。城内が真っ白になるのも、年何日も最近ないので、ある意味貴重なショットです。地元のケーブルテレビも僕の直前にここでカットを撮ってました。何に使うんでしょうね。僕はブログトップの置換えに使うんで、そろそろでしょうかね。

ではまた今年も飽きずにお付き合いください。

|

« 「地図中心」に江川達也登場!! | トップページ | 2日は初売りと「加賀万歳」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「地図中心」に江川達也登場!! | トップページ | 2日は初売りと「加賀万歳」 »