« 緊急報告!「能登」「北陸」廃止!? | トップページ | 北陸本線、「リストラ」早まった! »

2009年12月13日 (日)

河北門、とうとうその威容を現す!!

Img_126382z 長い風邪が治りきらないまま、前日は会社の若い者の結婚式に呼ばれて、2次会までフル参加だったんでかなりパワーダウンしてしまいました。
しかし日曜はお歳暮を買いに行かなきゃなんで、ムリして街まで。そこで河北門の覆いが外れた金沢城も久しぶりに。来週には雪が続くだろうから今のうちに。

まずは鯉喉櫓台石垣。このたび上部も登れるように整備すると正式発表があったんで、工事の様子を。上面が全部見て廻れるようになるみたいですね。とても楽しみです。
Img_126392z さて石川門から金沢城三の丸に入ると、もうさっそく、河北門の威容が眼前に飛び込んできました!
覆いがすっかり外されて、これから雪でも積もろうかというのにいきなり吹きさらしにするんですなw。


Img_126412z 三の丸広場に菱櫓をバックに一大モニュメントがとうとう姿を現した、というかんじです。

明治の一時代にはまさにこのような様子だったはずで、感慨深いですね。


Img_126396z さてよく見てみましょう。
櫓門である二の門は近づけませんが、ちょうど修復なった石川門の二の門同様太い大梁がむき出しで重厚感があります。




Img_126404z 一の門の鬼瓦のひとつです。鉛板に前田家の梅鉢紋を打ち出している例のやつです。
土の瓦を一切使わず、木の型に鉛板を一枚一枚貼っている瓦です。風雨にさらされると、これよりもっと白くなっていって、それはそれでキレイというんでしょうが、この無垢の状態も今だけなんでとても貴重ですw。
Img_126405z 出窓の部分です。ここは銅板で覆われ、赤銅色に美しい、というとこですが、最初もっと無垢の銅色をしてたと思います。10円玉のようにもう色あせてしまったんでしょうか。



Img_126420z 河北門は枡形門。二の門はほとんど晒されましたが、まだその枡形部分と一の門、ニラミ櫓台が囲われたままです。
枡形の石垣や地面の整地も済んでおらず、そのあたりはこれからでしょうね。しかし数日後には雪が積もる予定?3月の完成は大丈夫でしょうか?
Img_126429z 真新しい白漆喰が美しいものの、完成から10年近くたった菱櫓などに比べると、赤っぽく見えるのは気のせいでしょうか。





Img_126427z その菱櫓と五十間長屋です。
雪吊りも美しい北陸の城、という姿ですね。






Img_126425z こちらは橋爪門続櫓。やはり河北門より青白いんじゃないですか。

今日も金沢城内は多くの観光客がそぞろ歩いてました。雪はまだでそんなに寒くはないですが、北陸の冬は海の幸がおいしいんで、寒さに負けず観光客がたくさん訪れますよ。
Img_126442z 宮守堀側に出ると、工事中の旧県庁の裏側も覆いが外されてました。
ガラス面が美しい、レストランも併用される「しいのき迎賓館」として生まれ変わる旧県庁の建物も、宮守堀、河北門とともに来年3月オープン。ここら一帯は春にはにぎやかになりますよ!!

|

« 緊急報告!「能登」「北陸」廃止!? | トップページ | 北陸本線、「リストラ」早まった! »

コメント

槍の又左衛門さん、ぜひお越しください。

投稿: joker | 2009年12月20日 (日) 16時44分

前田利家ファンとしては大変興味深いですgood
金沢城見に行ってみたいっすねー

投稿: 槍の又左衛門 | 2009年12月16日 (水) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 緊急報告!「能登」「北陸」廃止!? | トップページ | 北陸本線、「リストラ」早まった! »