« 北陸鉄道石川線「鶴来-加賀一の宮」間廃止、見にいけなかった・・ | トップページ | 急に寒いよ!! でもレンズ無事帰着☆ »

2009年11月 2日 (月)

先週の東京モーターショー報告!!

Img_122256z 先週ですが、第41回東京モーターショーに、幕張メッセに行ってきました。レンズが壊れたのはこの後ですw。

2年前も行ったわけですが、そのときは国外メーカーも多数出展。元々のショーの目的でもあったトラック部門なども別棟に展開など、当時までの勢いそのままに、大盛況なモーターショーだったのを覚えています。目当ては日産のGTRで、ショー全体の中心でもありましたね。
Img_122258z しかし今年は悲惨なものでした。外国メジャーメーカーは全滅。国内のメインメーカーだけが広いブースを持て余しに展示。展示場もメインのぶっ通しだけでした。来場者は日曜なんでそこそこでしたが、以前からすればスカスカと言っていいんでしょう。

部品メーカーはそれでも一そろい、この時ばかりと存在を誇示してたのがまだ救いでした。
元気だったのがタカラトミーソニーCEなど、ゲームやおもちゃブースが行列でしたね。
Img_122263z しかし今年はそんな中でもエコがテーマ。ハイブリッドや電気自動車がいよいよ主役とばかりに目立ってました。
新しいプリウスはプラグインハイブリッド、つまり家庭用コンセントで充電可能とか。

三菱のアイとかも、もうすぐ電気自動車の世の中になるとでも言いたそう。しかし充電スタンドや電池のさらなる超寿命化など、インフラ整備や技術開発にまだまだ時間がかかりますね。Img_122280z
モータースポーツの現役マシンは、このF1トヨタくらいしかありませんでしたね。各カテゴリーの古いレースカーはありましたが、やはり時勢はレースどころではない、と言っているようでした。
けどこのフォルムは芸術的ですよね。最近は複雑すぎて、組立てプラモデルにすらならないんで、高いミニカーを細々ととしか買ってません。
Img_122330z それと、日本カーオブザイヤーが制定されて30周年だそうで。歴代の受賞車が一堂に並んでました。いやいやこれらは今年の候補だけど。
ホンダのインサイトとか、やっぱりハイブリッドとかがもてはやされるんでしょうが。


Img_122334z 歴代のマシンを見ると、タイムマシンに乗ったかのように、往時がいろいろ思い出されますね。この第7回受賞のパルサー(展示車はラングレー)は僕乗ってましたぜ。

けど、並んでる車たちって、ホントにその時代を象徴してたっけ?と思うほど、今からすると地味?な存在に見えるのは僕だけの気のせいでしょうか?
Img_122355z ホンダは原点である「ないものをつくれ。」がコンセプト。逆境だからこその理由付けでしょうが、(F1撤退とかも含めた)言い訳のように聞こえるのはいけませんか?

相変わらずバイクたちはかっこいいですが、電動スクーターなどがコンセプトモデルとか言わず、早く市販してほしいですね。
Img_122362z スズキ「アルト」も30周年だそうで。これは初代ですが、僕の最初の車は2代目アルトでした。「軽」の代表というか、スタンダードでしたね。
排気量も大きくなったんで、今のアルトはデカイです。しかし「軽」のスズキを謳いにして、たくさんの軽ラインアップをそろえたスズキは、これからのエコで見直されて人気でした。
Img_122387z そんなこじんまりした今回のモーターショーの中にあって、相変わらずがんばってくれてたのがハーレーダビッドソン
200万以上するバイクのオンパレードで、ハーレーユーザーはあえてこの車を選んでるんだから、不況とか関係ないですがね。僕の甥っ子も乗ってますがどうだか??

Img_122409z さてやっと日産ブースに来ました。前回は中心だったのになんだか端に追いやられ感が。
日産もエコに励んでますが、これはニュースにもなった前後二人乗りのランドグライダー。タンデムシーターで小回りが利きカーブではバイクのように傾くのが特徴。
けどさすがにこれは人が乗るだけでいっぱいいっぱいですね。日産は相変わらず悩んでそうですw。
Img_122412z やっぱりコレですよ!
GTRのプレミアムエディション。
日産は市販スポーツカーの火を消さず、我が道を行ってほしいです。やっぱり人だかりは正直で、たくさんの人が取り囲んでましたよ。


Img_122417z フェアレディZのロードスターも注目されてました。やっぱりどんな時勢になっても"憧れ"の想いは人々を虜にし続けるんですね。そうじゃないと!

けど、アルト以降の日産ユーザーの僕の現在の愛車、ブルーバードシルフィーは、影も形もありません。置いていかれた存在なんですねww。
Img_122465z 最後に、タカラトミーのブースで、所ジョージプロデュースの原寸大?チョロQが人気。

車ってある意味遊び心が大切なツールで、老若男女がさまざまに想い入れできる存在なんて他になかなかないし、メーカーや販売、レースにしても、それにまつわることができる人たちがうらやましいと思います。
まだまだ元気を取り戻すことができると信じてますよ☆

|

« 北陸鉄道石川線「鶴来-加賀一の宮」間廃止、見にいけなかった・・ | トップページ | 急に寒いよ!! でもレンズ無事帰着☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北陸鉄道石川線「鶴来-加賀一の宮」間廃止、見にいけなかった・・ | トップページ | 急に寒いよ!! でもレンズ無事帰着☆ »