« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月24日 (火)

金沢城の発掘・工事の今の様子。結構進んじゃった。。

Img_123895z 連休中に、久しぶりに金沢城を見に行きました。各地の復元工事・発掘調査が順調に進み、先週と来週の見学会も行けず、ちょっと取り残された感じです。
まぁ人が多くないほうがいいんで、ひっそりと巡ってみましょうか。


Img_123898z まずは広坂側の宮守堀(いもりぼり)、鯉喉櫓台石垣(りこうやぐらだいいしがき)の修復現場へ。
鉄の足場が全部取り払われ、石積みがすべて終わっているようです。石垣の高さは結局ここまで。堀の水が入ってないのでかなり高く感じますね。
足回りも完了し、水を湛えると街側から正面なんでかなりインパクト高いスポットになりますよ。
Img_123900z 広坂交差点の正面から見るとこうです。
柵も作られそうなんで、あの石垣台の上まで登れそうです。だとするとそこから旧県庁や街方向を望めるんで、こりゃ人気でそうですね。



Img_123905z 宮守堀と一体の公園になるわけですが、堀の廻りには木製の柵が工事中。堀端まで近寄れないのはザンネンですが、これで全体の完成イメージがつかめました。
今でも香林坊から百間堀通りへの近道のように歩く人でこの後ろは途切れてませんが、地味ながらもホッとする空間がまたひとつ出来るようでとても楽しみです。
Img_123907z さていよいよ玉泉院丸へ乗り込みます。発掘調査が一段落したんで先週見学会がありましたが、雨で出不精で行きませんでした。S氏からもらった資料と照らし合わせて一人でゆっくり満喫することにします。

すでに見学コースが出来てて、玉泉院丸の中周辺を一周して歩けるようになってます。
Img_123920z 庭園時代に大きな池があったわけですが、かなり深くまで掘り進められた発掘で、大掛かりな池の遺構が出現したようです。石垣や玉石・景石、中島の跡など、意外にもはっきりと残されていました。
度重なる火災や、主のいなくなった外郭での繰り返された造成などが、明治の陸軍による埋め立てもからめ、層になって時代をも追えるようです。
しかしこの日はほとんどグレーシートで覆われてなにも見えませんね。
Img_123916z 玉泉院丸は、それを囲う石垣も多様で、泉水とともに石垣も庭の借景になっていただろうと云われるほどです。
最終的に庭園として整備されるようですが、この石垣の景観も充分満喫できるように復元してほしいですね。今のままでは立ち木が多くてよく見えません。
また、2014年度の北陸新幹線開業に合わせて暫定整備するようですが、広坂緑地や宮守堀のように、超中途半端にならないようにしてほしいと思います。
Img_123921z さて河北門の工事現場も寄ってみました。しかし見学路が取り払われ、中の様子がもう見ることができません。
白漆喰塗りなど外観もほとんど完了したことから、来週の見学会をもって順次覆いも外されていくようです。先週にはまだ中に入れたようで、やっぱりムリしてでも見学会に行くべきでしたかね。
かすかに無垢な白漆喰が見えるでしょうか。
Img_123926z 広坂まで戻ってきました。鯉喉櫓台石垣の道路からの高さがわかりますか。
右後方の辰巳櫓石垣とあわせて、金沢の新しいランドマークになること間違いなしですね。
河北門とともに、公開予定の来春がとても楽しみになってきました。


| | コメント (0)

2009年11月23日 (月)

塩硝蔵の発掘調査跡を確認☆

Img_123882z 塩硝蔵搗蔵跡を見に行きました。
先週発掘調査の現地説明会があったのだけど、雨降りだったので行くのをやめてました。しかし友人S氏からそのときの資料をもらい、末浄水場の戻りに立ち寄ってみました。
ほとんどはやはりブルーシートが敷かれ、掘られた中の様子はうかがい知れませんでしたが、一部は露出したままです。
Img_123885z しかしこの辰巳用水の遊歩道のすぐそばとは。それもそのはず、辰巳用水から水を引き、水車の力で原料を粉末に搗いていたそうです。
梅林の間を縫って数箇所発掘され、この左側10数メートル一帯が搗蔵だったようです。
Img_123887z 塩硝蔵とは鉄砲の火薬の原料、黒色火薬を製造する施設。幕府に隠密裏に製造してた、全国でも有数の規模の施設だったようで、だからこそ残された資料も少なくて謎も多いです。しかしここ周辺11万㎡、周囲の現在民家になっている部分も敷地だった広大な施設。平成19年から順次発掘調査され、史跡指定も目指しています。
自宅から程遠く無い場所に全国でも珍しい史跡があると、やはりこの先の調査が気になってきますね。

| | コメント (0)

2009年11月22日 (日)

金沢の水は文化財が作ってる!!

Img_123835z またまたごぶさたしてました。やっと少し時間が取れたですかね。またしばらくお付き合いください。

今日は金沢市の末浄水場に来ました。浄水場の中に来れるなんて珍しいですよね。実はこのたび浄水場内の小さな園地が国指定名勝に指定答申されたんで、それを記念して一般公開されたわけです。
Img_123858z なにしろこの末浄水場自体、約80年の歴史があって、中の緩速沈殿池などもすでに登録有形文化財に指定されてる、由緒ある施設なわけです。
ここんとこ寒空だったけど今日は久しぶりに青空に恵まれ、連休中の公開日にあわせてこの地味な施設にたっくさんの見学者でにぎやかでした。
Img_123849z 開設まもなくの昭和7年に竣工した園地は、左右対称の幾何学模様のフランス式庭園として創設当時の姿を色濃く残したまま、ということで今回の名勝指定答申となりました。来年早々にも指定される見込みです。
この噴水は自然流下の水圧を利用して、水道水の元である犀川の清流を流しています。金魚の状態で水質のチェックもしてるって。
Img_123860z コンクリート造りの東屋で、施設の導水軸と送水軸の交わる位置にあり、とても特徴的で重要なオブジェです。
昔は噴水の水がここまで飛んで受け皿の役もしてたようですよ。
そんなに大きくない園地でしたが、石川県内に7箇所しかない名勝(その嚆矢は兼六園)に追加されるとは、常時公開などその価値をもっと大きく広めてアピールしてもいいと思いますね。
Img_123845z この歴史ある末浄水場、ついでながらというわけでもなく、浄水施設全体に興味がでてきますね。係りの方の解説に着いていきましょう。
犀川上流の上寺津ダム上流から取水する寺津用水が水源。ここと2km下流の犀川浄水場に供給されてます。
Img_123834z 水の浄水の方法に緩速と急速とあるのを知ってましたか?
緩速はヨーロッパで200年前くらいから始まった方法で、広い沈殿池が必要でゆっくりと浄水します。急速は100から50年前アメリカで始まった方法で、不純物を取るのに薬品を入れて浄水を早く狭いスペースでする方法。当然最近の施設は急速ばかり。ここ末浄水場は両方の施設があり、80年前の今も現役の緩速施設が登録文化財になってるというわけ。
Img_123854z 緩速沈殿池です。3段階になってるプールにゆっくりと不純物を沈殿させ、水面近くの水をろ過施設に送ります。この緩速浄水はこの浄水場を通過して水道水になるのに1日半を要します。
水質は急速とは同じだけど薬品を使わない分安心? しかし金沢市の水道水全体の1/10以下のウエイトですって。
Img_123866z こちらは急速沈殿池。どう違うかというと、不純物を早く沈殿させるためにポリ塩化アミドなどの薬品を混入して攪拌しながら不純物を大きく固める(フロック)という方法。
これだと浄水場を出るのに8時間で済むし狭いスペースでOK。全国の現在の浄水場はほとんどこれだそう。

Img_123879z とても広い緩速ろ過池です。これも登録文化財。紅葉が水面に映えてきれいです。
ろ過池は底の微生物の層と砂や砂利の層をゆっくり通して水をろ過する施設。ここを通って、あとは塩素消毒して水道水になります。
このろ過池や沈殿池の底の砂を、定期的に水を抜いてケアするのが従事員さんのメインの仕事だそうで、大きな砂の山も隣にありました。
Img_123876z この浄水ポンプ室も文化財。なんだかイスラム教のモスクみたいですね。

この末浄水場は金沢市45万人の上水道の約1/4をケア。あとは1/4を下流の犀川浄水場。残り1/2を手取川の石川県の施設がまかなっているそうで、地域によってどこの浄水場の水が供給されているかが違うようです。僕の家はここか犀川でしょうね。
Img_115624z この末浄水場の水質が高い評価をされたのを記念して、ペットボトルが発売されたのは以前にも御紹介しました。
ここの緩速浄水施設を利用して、水道水のように塩素によらず煮沸消毒したものが詰められたものです。僕はとてもおいしいと思いましたが、犀川の水を飲んでない南地域の金沢市民である、うちの会社の者はまずいと言ってました。慣れとかもあるんでしょうか。
でも文化財で作られた水道水は、その価値とともに大切に飲んだり使ったりしたいとより強く思いましたね。

| | コメント (0)

2009年11月 5日 (木)

松井、世界一のMVPおめでとう!!

091105_204901 やりましたね~。ついに、すばらしい!!
松井秀喜の活躍は、他の県からどう思われようと、わが石川県民のほとんどは、自分のことのようにうれしいし誇りに思うでしょう。

これほどビッグになるとは、そりゃ期待はしてたけど現実に達成するなど超感動ものです。

今日の試合の後半は、ちょうど会社で自分の食事時間と重なって、食堂でじっくりBS放送を観てました。世界一の瞬間を同僚たち数人と迎え、いい年したおっさんがいいしえない感動に自然と涙がこみ上げてきました。こんな気分は久しぶりです。たぶん石川県中がそういった何か奥底から来る温かみに、今日は包まれたと思いますよ。。

閉塞感のあるこんにちの厳しい現状、特に日本海側の寂しさに、一筋の輝きと自信を呼び覚まさせてくれたと思います。今日は掛け値なしで喜んでいいですよね。
Hideki Matsui! ありがとう☆☆

| | コメント (0)

2009年11月 3日 (火)

急に寒いよ!! でもレンズ無事帰着☆

Img_123771z 今日やっとレンズが帰ってきました。保証期間ギリギリ前後ということもあり、修理費用は無料でOKでした。
EF-S18-200mmで、Canonのハイアマデジタル一眼ではユーテイリティ性の高い重宝したレンズなんですが、いかんせんスライドがゆるく下を向けるとすぐ伸びてちょっと不安な筐体でした。それだからなのか、使用して半年の春に中でチャリチャリと音がしてスライドが硬くなり、そのうち動かなくなってシャッターも押せなくなりました。
Img_123764z キヤノンに修理に出すと、中のあるビスが外れたようで、はめなおして調整して戻ってきました。当然保証期間内だったので費用は掛かっていません。
しかしまた今回、さらに半年後の今になってやはり同様の症状が出て困りました。厳密には購入日から13ヶ月。保証期間は過ぎましたが、同じ箇所の故障なら半年間は無料対応、の枠に入ったのか入らないのか、微妙な日数でしたが(前回の修理日は忘れた)、なんとか無料にしてもらいました。
いずれにしろ、そんな故障はユーザーの責任とは思えませんよね。むしろリコールものではないのかと想います。今回はスライドが少し硬くなって戻ってきました。下にしても簡単に伸びたりしません。またしばらく、半年使ってみてどうか、ですよね。
Img_123755z さて今日は、急に寒気が下ってきてとても寒くなったんで、外に出るつもりはなかったんですが、ちょっと薬局にと車を走らせると、午後から晴れてきた犀川の上流の山を望むと、かすかに雪景色、といった具合。思わずカメラを取りに戻って数枚。
今年も行けなかった高三郎山にも白いものが目立ってます。金沢は晩秋を通り越してもう冬なのかと想うぐらいの最高気温10度。しかしあさってにはまた20度越えらしく、金沢に永く住む者としてもめずらしい寒暖の激しい11月の始まりとなりました。

お互い身体には気をつけましょう。

| | コメント (0)

2009年11月 2日 (月)

先週の東京モーターショー報告!!

Img_122256z 先週ですが、第41回東京モーターショーに、幕張メッセに行ってきました。レンズが壊れたのはこの後ですw。

2年前も行ったわけですが、そのときは国外メーカーも多数出展。元々のショーの目的でもあったトラック部門なども別棟に展開など、当時までの勢いそのままに、大盛況なモーターショーだったのを覚えています。目当ては日産のGTRで、ショー全体の中心でもありましたね。
Img_122258z しかし今年は悲惨なものでした。外国メジャーメーカーは全滅。国内のメインメーカーだけが広いブースを持て余しに展示。展示場もメインのぶっ通しだけでした。来場者は日曜なんでそこそこでしたが、以前からすればスカスカと言っていいんでしょう。

部品メーカーはそれでも一そろい、この時ばかりと存在を誇示してたのがまだ救いでした。
元気だったのがタカラトミーソニーCEなど、ゲームやおもちゃブースが行列でしたね。
Img_122263z しかし今年はそんな中でもエコがテーマ。ハイブリッドや電気自動車がいよいよ主役とばかりに目立ってました。
新しいプリウスはプラグインハイブリッド、つまり家庭用コンセントで充電可能とか。

三菱のアイとかも、もうすぐ電気自動車の世の中になるとでも言いたそう。しかし充電スタンドや電池のさらなる超寿命化など、インフラ整備や技術開発にまだまだ時間がかかりますね。Img_122280z
モータースポーツの現役マシンは、このF1トヨタくらいしかありませんでしたね。各カテゴリーの古いレースカーはありましたが、やはり時勢はレースどころではない、と言っているようでした。
けどこのフォルムは芸術的ですよね。最近は複雑すぎて、組立てプラモデルにすらならないんで、高いミニカーを細々ととしか買ってません。
Img_122330z それと、日本カーオブザイヤーが制定されて30周年だそうで。歴代の受賞車が一堂に並んでました。いやいやこれらは今年の候補だけど。
ホンダのインサイトとか、やっぱりハイブリッドとかがもてはやされるんでしょうが。


Img_122334z 歴代のマシンを見ると、タイムマシンに乗ったかのように、往時がいろいろ思い出されますね。この第7回受賞のパルサー(展示車はラングレー)は僕乗ってましたぜ。

けど、並んでる車たちって、ホントにその時代を象徴してたっけ?と思うほど、今からすると地味?な存在に見えるのは僕だけの気のせいでしょうか?
Img_122355z ホンダは原点である「ないものをつくれ。」がコンセプト。逆境だからこその理由付けでしょうが、(F1撤退とかも含めた)言い訳のように聞こえるのはいけませんか?

相変わらずバイクたちはかっこいいですが、電動スクーターなどがコンセプトモデルとか言わず、早く市販してほしいですね。
Img_122362z スズキ「アルト」も30周年だそうで。これは初代ですが、僕の最初の車は2代目アルトでした。「軽」の代表というか、スタンダードでしたね。
排気量も大きくなったんで、今のアルトはデカイです。しかし「軽」のスズキを謳いにして、たくさんの軽ラインアップをそろえたスズキは、これからのエコで見直されて人気でした。
Img_122387z そんなこじんまりした今回のモーターショーの中にあって、相変わらずがんばってくれてたのがハーレーダビッドソン
200万以上するバイクのオンパレードで、ハーレーユーザーはあえてこの車を選んでるんだから、不況とか関係ないですがね。僕の甥っ子も乗ってますがどうだか??

Img_122409z さてやっと日産ブースに来ました。前回は中心だったのになんだか端に追いやられ感が。
日産もエコに励んでますが、これはニュースにもなった前後二人乗りのランドグライダー。タンデムシーターで小回りが利きカーブではバイクのように傾くのが特徴。
けどさすがにこれは人が乗るだけでいっぱいいっぱいですね。日産は相変わらず悩んでそうですw。
Img_122412z やっぱりコレですよ!
GTRのプレミアムエディション。
日産は市販スポーツカーの火を消さず、我が道を行ってほしいです。やっぱり人だかりは正直で、たくさんの人が取り囲んでましたよ。


Img_122417z フェアレディZのロードスターも注目されてました。やっぱりどんな時勢になっても"憧れ"の想いは人々を虜にし続けるんですね。そうじゃないと!

けど、アルト以降の日産ユーザーの僕の現在の愛車、ブルーバードシルフィーは、影も形もありません。置いていかれた存在なんですねww。
Img_122465z 最後に、タカラトミーのブースで、所ジョージプロデュースの原寸大?チョロQが人気。

車ってある意味遊び心が大切なツールで、老若男女がさまざまに想い入れできる存在なんて他になかなかないし、メーカーや販売、レースにしても、それにまつわることができる人たちがうらやましいと思います。
まだまだ元気を取り戻すことができると信じてますよ☆

| | コメント (0)

2009年11月 1日 (日)

北陸鉄道石川線「鶴来-加賀一の宮」間廃止、見にいけなかった・・

Img_120189z 北陸鉄道石川線、鶴来-加賀一の宮間が昨日とうとう営業終了してしまいました。
10月いっぱい、廃止目前にしていろいろボルテージが上がってた沿線ですが、昨日の最終日営業の様子や廃止セレモニーには、とうとう行けませんでした。
それもこれも、先週の江戸行きで(後でレポート)一眼レフのレンズがまた故障し、今修理に出して撮影が出来ないからです。
Img_120176z 以前の20Dの時に標準セットだったEF-S17-85mmは、どんなにトラベルのお供にしても頑丈で壊れることはなかったんですが、50DのキットEF-S18-200mmは、望遠スライドが元々ゆるいのか、スカスカ動いてしまいます。それでなのか、使用して半年で中のビスが外れてしまい動かなくなるだけでなく、シャッターも下りなくなって修理に出しました。
保障期間内だったので無料で戻ってきましたが、その後約半年過ぎの今、また同様の症状になったわけです。

微妙に保障期間を一ヶ月過ぎてしまいましたが、これはメーカーの不具合にあたらないのかなぁ。肝心の鉄道セレモニー撮影に使えなくて、不便このうえないです。キヤノンともあろうものが、というザンネンな状態に。
Img_120192z 昨日一日は、全国から大勢の鉄と、地元で永年利用されてた老若男女で沿線はスシ詰めだったようです。
天気も終日おだやかだったようで、廃止日和?に存続を望んでいた地元の方たちも、自治体と鉄道会社の足並みがそろわなかった今回の顛末にあきらめ、受け入れられたようでした。
Img_120208z 記念キップやグッズも発売され、長蛇の列で一日にぎわった加賀一の宮駅でしたが、4年前ののと鉄道能登線のときもそうでしたが、肝心な県内鉄道廃止イベントにいつも出かけることができません。
心が後ろ向きになってさびしい想いをするのがイヤなんでしょうか。偶然なんですが。
Img_120300z それで前回10月11日の写真で濁してます。。

遠く金沢から山を越えて名古屋まで通す遠大な計画のもと敷設されたゆえに、金名線という路線名を名乗りながらも白山下-加賀一の宮が区間廃止。また一時石川総線と称した北陸鉄道のこの鉄道路線も、今回で野町-鶴来間のみとなり、赤字体質が変わらぬ中、それも存亡の危機が続いています。
Img_120199z モータリゼーションに気おされ、いち早く金沢市内の路面電車も廃止し、民鉄弱小県になっている石川の「鉄」の将来はあるのでしょうか?
環境問題からも鉄道に回帰する風潮の中なのに、自治体の意識も薄く、石川は立ち遅れるような気がしてなりません。


| | コメント (2)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »