« 廃止目前の北陸鉄道石川線、加賀一の宮駅周辺☆ | トップページ | 485系いよいよ運用縮小。。 »

2009年10月17日 (土)

この秋も「あぶりもち神事」。

091017_104141 今日も春に続いて行ってきました。金沢神明宮の「あぶりもち神事」

加賀藩二代前田利長が奨励したという300年以上続く全国でも珍しい風習です。

悪事災難厄除けとして、幣形に小さく切ったお餅を串に刺して、玄関先につるして家のお守りにしたり、あぶって食べて身体の災難よけにしたりします。







091017_104920 永年住んでてずっと来てませんでしたが、この春から初めて買って家のお守りとして半年飾ってました。

早々にカビるのかと思いましたが、ずっと白いままで全くカビた様子もなく保ちましたね。春のものと取り替えて納めます。

食べるほうはショウガたれにつけて甘辛くてとてもおいしいです。半年の厄除けにと毎回大勢の参拝客で行列ついて買わなきゃいけないので大変です。今日も澄み渡った青空の中、お年寄りから子供連れまでいてにぎわってました。

毎年4月と10月の15・16・17日に、曜日に関係なく開かれてます。週末にかからないこともあり、それで行けてなかったですが、今年は両方とも週末がありラッキーでした。

中原中也の「サーカス」に出てくる舞台ともなった、金沢神明宮での金沢の風物詩のひとつ。「あぶりもち神事」、リアルタイムでまだ間に合いますよ。。。

|

« 廃止目前の北陸鉄道石川線、加賀一の宮駅周辺☆ | トップページ | 485系いよいよ運用縮小。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 廃止目前の北陸鉄道石川線、加賀一の宮駅周辺☆ | トップページ | 485系いよいよ運用縮小。。 »