« 日本の水準はどこにあるのか? | トップページ | 上野駅で普段見なかった列車のオンパレード! »

2009年9月24日 (木)

キヤノンEOS7D、先行スペシャルプレビュー!

Img_118705z 午後には、来月発売予定のキヤノンの新しいハイアマモデル、EOS7Dのスペシャルプレビューに、品川のキヤノンMJまで行ってきました。
キヤノンフォトサークルに入ってるので、事前案内と招待枠で先行して午前のうちに入場。しかし会場はすでに多くの人の熱気にあふれてました。
Img_118709z 現在のハイスペックデジタル一眼レフは、さまざまな機能が各社一巡したと言ったところ。それでもより高機能を安定して手ごろな価格で、ともなるとそうもいかない。それがこのEOS7Dでは実現できた、というのかも知れない。
1800万画素のCMOSはフルサイズじゃないのが今ひとつで5Dに比して唯一の弱点だが、19点AFのゾーンAFとスポットAFはシビアなフレームに的確にフォーカシングしてくれそうだし、グリッドラインのついたファインダーは水平・アオリの電子水準器と相まってフレームの安定度を増してくれるはず。
Img_118711z それはスペシャルセミナーの鉄道写真家、山崎友也氏にまるで鉄道撮影のために生まれてきたマシンと言わせるほど。

さらに一眼レフでどうかと思うけど、フルHDのムービーもより強化されて搭載。動画撮影中に静止画も高画質で撮影可能というから、なにやらカメラかビデオかわからなくなってきた。
Img_118713z さわった感触は愛機の50Dと違和感ないし、すぐに乗り換えてもいいんじゃないの?ということかも知れないが、こう毎年毎年高機能マシンを更新されても、1年でようやく2万枚写したばかりの身にはまだ早いというかそんなに手は出ませんね。いったい実売いくらになるかこの時点でわからないし。
CFカードも大容量はそんなに安くないですしね。
大盛況のくせに、このうちどれだけの人がすぐに買えることやら・・と思いつつ会場を後にしましたとさw。

|

« 日本の水準はどこにあるのか? | トップページ | 上野駅で普段見なかった列車のオンパレード! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本の水準はどこにあるのか? | トップページ | 上野駅で普段見なかった列車のオンパレード! »