« お盆の新発見!南加賀山ろく探訪記4 | トップページ | お盆の新発見!南加賀山ろく探訪記6 »

2009年8月24日 (月)

お盆の新発見!南加賀山ろく探訪記5

Img_117763z その後「尾小屋鉱山資料館」に潜入。石川県立の施設なのに500円の入場料は高めなのかな?と思ったけど、その想像を覆すほどの感動が後に訪れるとは・・。

江戸前期から鉱物が産出され、近代事業化した明治10年頃から昭和37年の閉山まで、全国有数の鉱山として長く繁栄していました。
Img_117770z 亜鉛や銅などを産出した尾小屋鉱山は一時、銅生産日本一を誇ってたこともあるそうです。
昔は夕張のように、大勢の人たちが暮らしてた一大鉱業都市だったみたいで、尾小屋鉄道も必然から生まれた路線でした。

地下深い坑道は縦横に張り巡らされ、長い迷路のような立体模型に、閉所恐怖がちの自分はゼッタイ入りたくないと震えましたw。

Img_117776z この雪ん子と蒸気機関車の印象的な写真は、尾小屋鉄道の記念切符にも使われ、すごく情緒があっていいですよね。
僕もそんなシャシンが撮りたいと、いつも願ってるんですが・・・。









Img_117816z さて資料館を一通り見たら、係りの人からも勧められた、尾小屋マインロードなるものを見に外へ出ました。なんだろうと公園の先に進み、見つけた入口をみて、はぁん、坑道の中を少し入れるんだなぁと、素人考えが浅はかだったのをすぐ思い知る結果になろうとはw。
Img_117782z 入ってすぐに、あたりはこんなに暗い、木枠で囲った通路になってました。じめじめと湿度が高く、しかしとてもひんやりして夏の今なら涼しくてとても気持ちいい感じがしましたが。資料館にもありましたが、坑道は地上に近いところは18度に一定に保たれた空間で作業もしやすかったと思います。深くなるにつれ気温と湿度が高くなり、汗だくになる過酷な重労働だったようです。
Img_117786z さらに進むとより暗くなり天井から水滴も落ちたり、涼しいを通り越してなんだか不気味にもなってきました。二人で来たからいいようなものの、一人だったらかなり怖くなっていたでしょうw。



Img_117789z 中にはこういうところによくありがちな、蝋人形?での作業の解説シーンがところどころに出てきました。
逆にホッとしましたが、昔はこういった手掘りやわずかの道具で掘り進めていったのが現在では信じられないくらいの労力でオドロキますね。
Img_117793z ある場所では下から掘り進んで、上部に行き着くまでこの木の棒で空間保持と足場を確保したようです。奥行きが深くてビックリでした。
写真はわかりにくいでしょうが、上方向を斜めに写したもの。これを手掘りとは恐れ入ります。
先人の労苦が偲ばれ、すごく勉強になりました。
Img_117798z 保存されてる坑道も、結構距離が長くて見ごたえがありました。しかし驚くのはまだ早い!
見る者を飽きさせない?さまざまな工夫が随所に仕込まれてて面白さ倍増、といったところ。
まずはこの奥から、何を意味するのかシャボン玉が機械でいっぱい吹き付けられると、そのうちバチッと灯りが消え機械も止まってしまいました。ドキッと一瞬何が起こったか理解できず、しかしそれ以外なにも変わらないので先に進むことにしました。
Img_117799z 行けども行けどもゴールが見えず、途方にくれていると、ブラックライトで照らされた通路が。裸眼ではうすぼんやりとしか見えなかったけど、撮影してみると写真のように蛍光の光がフシギな空間をかもし出してました。


Img_117801z アップにしてみると何か恐竜の骨格のような?
ものすごく不気味でアトラクション性たっぷり!!これは面白い☆

ひんやりとして勉強になる展示やまるでお化け屋敷のようなビックリする仕掛け。充分「探偵!ナイトスクープ」のパラダイス!に紹介しても申し分なし!の施設です。

Img_117806z ここはあまりの水蒸気で霧がかかったみたいで幻想的。ミスト感たっぷりでマイナスイオンを全身で浴びれそうですよ。

こんなすんばらしい施設が県立でひっそりと存在するなんて、なんともったいない。もっと県民に広くアッピールすべきでしょうね。これで500円はある意味納得できたしむしろ安いくらいですよ。

充分満喫して長い坑道をやっと脱出してきました。




Img_117819z そして資料館を出てから、もうひとつ隣の谷あいに、尾小屋鉱山の象徴である煙突が残されてるのを、森の木々の隙間から発見できて、これもとても感動です!

閉山時にはここ一帯はハゲ山で、森林保全のための植林事業が興され、今ではすっかり森の中になってたので目立つ存在ではありませんでした。大倉山スキー場へ行く途中に見られるんで、ぜひ皆さんも探してみてください。
いろいろと発見と感激の尾小屋鉱山跡周辺でしたw。次は赤瀬ダムです。

|

« お盆の新発見!南加賀山ろく探訪記4 | トップページ | お盆の新発見!南加賀山ろく探訪記6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お盆の新発見!南加賀山ろく探訪記4 | トップページ | お盆の新発見!南加賀山ろく探訪記6 »