« 485系の残存を確認する。 | トップページ | 越美北線に初めて乗りましたよ。。 »

2009年8月30日 (日)

早朝の「485系雷鳥」乗車記☆

Img_118195z あえて多くを語りませんが、先週末に485系雷鳥に乗る機会を得ました。目的地へ行って日帰るためには、普段より早く起きて10時間以上の行程になりましたよ。
まぁたまにはいいし、そうでないと思い切って出かけられませんしね。どこへ行ったのかはおいおいわかるでしょう。

さて、早朝の金沢駅には、遠路上野から帰ってきた寝台特急「北陸」が停泊。すでに先頭EF81141は連結を福井方から富山方に移し変え、金沢総合車両所へ向かってまもなく金沢駅から回送に発ちます。だからヘッドマークも寝台客車との連結側に着いてますよ。
Img_118200z この日の朝早くは、今にも降りそうな雲行きだったけど、なんとか目的地まで保ってほしいと願うしかない。あっちのほうはなおさらと思うから。
683系しらさぎも、車体の白が雲の色にまぎれて目立たない。


Img_118215z 目指す485系雷鳥が入線。早朝なんで当然大阪からの折り返しでなく金沢総合車両所からの回送。ということは、所属はすべて京都総合運転所だけど、少なくとも1編成は金沢で眠ってるってことに。
金沢駅のホームが特に暗いってことがわかりますね。
Img_118234z 485系乗車は何年ぶりだろう?仕事で大阪行った以来ですかね。
これはA7編成で、改造も極力なされていない古いタイプ?この指定席用4号車サハ481-751はモハ485の電装解除の改造車。アコモはしかしほとんど変わらない。

Img_118236z 洗面台も古いままだ。しかしシンプルで清潔感も感じるのは、永年見慣れたデザインが普遍的で完成されたものという安心感だろうか。
ただ、左側のくぼみは、かつて開き窓があったところ。不審物を捨てたりできないように、トイレなどの特急の開き窓はすべて塞がれてしまった。










Img_118237z 自由席側のアコモ。5号車モハ485-75。これはどうやら全く改造なされてないものか。
荷物棚が昔ながらの金属のバーだし、床もフラット。テーブルも色あせてるものもあって、すごく懐かしい。子供のころは、この車内にあこがれたものだったのに。









Img_118239z 銘板は、「日本国有鉄道」「東急車輛昭和53年」とだけあって、その後に大きな改造を受けていない証しだ。
まぁ手摺りがあるから電装解除した旧1000番台ってわけだけど。



Img_118241z A7編成、クロ481-2301の勇姿。大阪方がパノラマグリーンでないこの編成もまだ残されてるってことは、いったい何番が退役したものか。10月にはまたさらに引退するかも知れないので、早いうちに確認しておきたい。
全廃まであと1年半となっているし。
Img_118261z さて雷鳥は一路大阪へ向けて出発。北陸新幹線の加賀犀川橋梁の工事箇所もさっと走りぬけた。
この橋にいちいち「加賀」と入ってるのは、長野県の信濃川上流にも「犀川」があり、そこにすでに北陸新幹線「犀川橋梁」があるからなんだけど、あちらに改めて「信濃犀川・・」とは入るまい。まぁ、多くは語らないけどww。

旅はまだこれからデス。

|

« 485系の残存を確認する。 | トップページ | 越美北線に初めて乗りましたよ。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 485系の残存を確認する。 | トップページ | 越美北線に初めて乗りましたよ。。 »