« 旧国鉄色「雷鳥」485系10編成、完全紹介!! | トップページ | 金沢市「ユネスコクラフト創造都市」に認定 »

2009年6月11日 (木)

今年の夏も「どじょうのかばやき」

090609_204303 金沢の夏の食べ物のひとつに、「どじょうのかばやき」ってのがあります。うなぎではなくどじょうを、裂いて横に串刺しして、秘伝の濃いめのしょうゆだれでしっかりと焼く。年中食べられますが今からが旬。滋養にもよく骨もそのままに野趣あふれる深みのある味はとてもおいしいです。
子供のころからおやつがわりに食べてましたが、明治時代にキリスト教徒が始めたそうで、今では北陸独特の郷土食になっています。江戸時代はどこでもうなぎだって最初は丸のまま串刺しにして焼いて売ってたようですよ。

金沢の食品スーパーならどこでも売ってますが、もちろん専門店もあります。いつもスーパーのものばかり食べてましたが先日、母親がおいしくて有名というお店のかばやきを買ってきてくれました。
家からわりと近い石引にある「大詮」。食べてみると、冷めてるのに身はまだふわっとやわらかい。それでもってしっかり味がしみこんでる、今までに食べたことのないくらいおいしい出来でした。スーパーのはもういつも硬かったですしね。あっという間に10本たいらげましたw。
子供のころは、どこにでもあるんだと思ってたのに、そうじゃなかったんで逆にオドロキました。珍しい「どじょうのかばやき」(これを珍味というんでしょう)、食べに金沢に来ませんか?

|

« 旧国鉄色「雷鳥」485系10編成、完全紹介!! | トップページ | 金沢市「ユネスコクラフト創造都市」に認定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧国鉄色「雷鳥」485系10編成、完全紹介!! | トップページ | 金沢市「ユネスコクラフト創造都市」に認定 »