« 先週の江戸は「ガンダム」フェア☆ | トップページ | 犀川で暑い中、水鳥観察☆ »

2009年6月20日 (土)

「北陸新幹線建設促進石川県民会議」

090620_113835 今日は仕事がてら、あるイベントに行ってきました。
「北陸新幹線建設促進石川県民会議」総会。僕ごときがなんですが、自社の会長の代わりに出席。県内の政財界、自治体町会、各種業界団体総勢約1,000人が集結。
一日も早い北陸新幹線の開業を目指して昭和58年から活動が続いています。毎年約700万円の予算で、これまで北陸新幹線の早期実現に向けた各種広報宣伝活動、各種協議会の運動、関係各所への陳情など、石川県官民一丸の活動の総本山ってわけです。






090620_105310 ですから出席者も、谷本石川県知事はもちろん、商工会議所会頭や県内各市長、県会議員、そして森喜朗氏はじめ県内選出国会議員など錚々たるメンバー。もしここにテポドンが落ちたら、石川県は機能しなくなるってくらいw。

そしてここでは、取材陣も多かったんで翌日の新聞でも詳細は載るでしょうが、普段では聴けない話もあったんでかいつまんで取り上げます。
090620_113750 森元総理は南加賀の人。北陸新幹線金沢開業が石川県内で金沢だけの恩恵になってはならず、白山総合車両基地まで回送線がくるならば、九州の博多-博多南間のように車両基地に駅を設けてはどうかと。ちょうど岡田参議院議員が国土交通省運輸政務官なんで、省内と白山市に検討委員会を開設する提案をするようです。
確かに面白い話ですが、バックボーンになる人口が少ないんで、実現はかなり難しいように思います。どだい在来線に平行してるんで、金沢駅まで在来線を使ってもそれまででしょうし。

また、馳衆議院議員が言うまでもなく、僕ももし民主党が政権を取ったらこのあとどうなるんだろう?と心配してました。単純に公共事業の予算を半額にするらしく、一川参議院議員が欠席したのは、その点を指摘されるのを避けるためか。けど、北陸新幹線への予算配分がどうあれ、アンチ自民への流れはもう防ぎようがないとも思います。今日出席の自民党国会議員が、2ヶ月後何人残ってるんだ?

ともあれ、地元新聞でも連日北陸新幹線ネタが挙がってるほど最近はヒートアップしてます。あと5年半に迫った金沢開業まで、無事生きていられるんでしょうかww。

|

« 先週の江戸は「ガンダム」フェア☆ | トップページ | 犀川で暑い中、水鳥観察☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先週の江戸は「ガンダム」フェア☆ | トップページ | 犀川で暑い中、水鳥観察☆ »