« 北陸鉄道「ラッピングバス」もコンプリート!! | トップページ | 今年の夏も「どじょうのかばやき」 »

2009年6月 7日 (日)

旧国鉄色「雷鳥」485系10編成、完全紹介!!

Img_111465z この週末は金沢百万石まつりだったけど、土曜のパレードは仕事で全く見られませんでした。なんで今年のレポートはありません。そこで今日は先日来の485系旧国鉄色「雷鳥」縮小退役開始を前に、今までで撮った10編成を紹介しましょう。
まずはA01編成。大阪方先頭はクロ481-2001。
JR化後の改造で出現した先頭パノラマグリーン車は「スーパー雷鳥」運用。681系登場後は「しらさぎ」にも投入されましたが、いずれも当時オリジナル塗色。そして683系が「しらさぎ」導入された2003年以降に「雷鳥」運用に収斂されて、ここで初めて旧国鉄色に塗装変更されました。
Img_112360z A2編成のクロ481-2002。種車はサロ489-1006。つまりパノラマグリーン車は元々中間車両のグリーン車からの改造で充当されています。一両を除いては。
なぜかヘッドライト周辺部の溶接が甘くて?赤色2号の塗装が剥げかかってるのが多いんですが、A2編成は塗りなおされてました。
Img_112909z A03編成のクロ481-2003はよく見ると剥げたままです。
グリーン車を表す「ロ」はイロハのロ。旧2等車というわけで、「イ」の1等車は廃止、現在の普通車「ハ」は旧3等車という意味。グリーン車は座席列ごとの小窓が特徴なのがわかるでしょうか。
Img_112031z A4編成は金沢方9号車クハ481-322。パノラマグリーンはA01からA6編成の大阪方に組み込まれています。金沢方は非貫通の高運転台タイプに統一されてますが、その形態は一部貫通タイプが改造されたのもあります。A2編成は貫通扉が埋められ、特急を表すクチバシのようなTマークも塗装というありさまです。
Img_112599z A5編成はここ数ヶ月に撮りに行ったとき、日中によく出会ってました。一番元気そうに見えて、2年後いっぱいまで活躍してくれそうな気がします。手取川橋梁で撮る金沢方先頭はクハ489-702。現在の10編成は481系から489系、「きらめき」「しらさぎ」などいろんな経歴から寄せ集められた改造編成です。
Img_100406z A6編成のクロ481-2101は、写真では見えませんが残るパノラマグリーン車の中で唯一、サハ481が種車の改造。つまり普通車だったことから側窓が大型タイプです。
10編成それぞれも、皆全く同じでなく、見るところによって瞬時に区別がつけられるのもおもしろい点です。
Img_111897z A7編成の金沢方クハ489-604。A7からA10編成は両側とも高運転台。A7編成のこれは貫通扉を外側から大きく溶接。なんだかブルドッグみたいな顔してませんか?




Img_78214z A08編成は唯一最近逢えなかった車両。2年前の小松駅でのヒトコマ。旧急行色にリバイバルされている475系とランデブー。大阪方のクロ481-2302は非貫通タイプ。




Img_111373z A9編成の金沢方はクハ481-228。唯一貫通扉の改造が原形に近く、今も開けそうですがそうはいかない。しかしなにしろ485系の貫通扉の運用は、国鉄時代の全盛期にはついに使われなかったという事実もあります。
左目のタイフォンカバーが開いたままなのが気になりますが、このあたり、早期の退役も予感させるんですが・・。
Img_100229z 最後のA10編成は大阪方クロ480-2301。A7からA10編成の大阪方非貫通クロは、パノラマとは逆にA7~A9がクハからの改造。このA10編成が唯一サロの先頭車改造のため小窓が並んでいます。しかしいずれもスーパー「かがやき」「きらめき」時点でクロ改造された3列ハイグレードグリーン車。雷鳥のグリーン車に乗るには、パノラマか3列シートか、の豪華な選択肢があったわけですね。

さて今月に入って、いずれかの編成が運用撤退したはずです。来月にも683系4000番台のサンダーバード運用増備があり、さらなる雷鳥置換えが予想され、この伝統的な赤2号・クリーム4号の車体に逢える確率はどんどん減っていきます。再来年3月の完全撤退を前に、これからは時折「乗り鉄」にもチャレンジしていきたいです。

|

« 北陸鉄道「ラッピングバス」もコンプリート!! | トップページ | 今年の夏も「どじょうのかばやき」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北陸鉄道「ラッピングバス」もコンプリート!! | トップページ | 今年の夏も「どじょうのかばやき」 »