« 庭のサクランボが実をつけました!! | トップページ | さくらんぼ、摘んでみました。 »

2009年5月24日 (日)

485系を今日も追う☆

Img_112329z 23日は仕事のあと再び鉄撮りに。北陸新幹線白山総合車両基地の建設予定地になる、白山市米永踏切に来ましたが、前回ではただの空き地だったところに、もう工事の鍬跡が入ってました。
ここら一帯は先日の試掘で、弥生-室町時代の集落や館跡など10ほどの遺跡が集中し、文化財保護法に基づく発掘調査が必要なのがわかりました。
開業前倒しも議論される中、この埋文調査がいかほどの支障になるのか見当がつきませんが、工期に影響を与えないようにと、来年度までに同時に複数箇所の発掘を実施するようです。
米永踏切の両側では、すでに写真のように掘り起こしが始まってました。
Img_112345z 北陸本線のここ周辺は北東-南西に直線が続くエリア。田圃を突っ切ったレールはホントに地平線までまっすぐでした。
工事や発掘が始まり、もう今年しかじっくり踏切で撮り鉄してる余裕はなさそうですね。



Img_112360z ここでやってきた485系はA2編成でした。あとA3編成の撮影で全10編成完了するんですが、なかなか遭遇できません。
このA2編成クロ481-2002はヘッドライト周辺の塗装が上塗りされてて、


Img_112376z さらに金沢方クハ481-801は貫通扉を改造して、特急車先頭を表すくちばしマーク(Tマーク)はペイントなんで、なんだか退役第一号のような気もします。




Img_112400z 今日は雨も予報されてましたが、まだ雪に白い白山の山頂が顔を覗かせてました。
石川県内の北陸本線沿線を高みから雄大に見守る姿です。北陸新幹線金沢到達列車の愛称は「はくさん」しか考えられないのをわかってもらえるでしょうか。


Img_112411z ちょっと足を伸ばして、旧美川町の手取川橋梁まで来ました。ここも鉄のいい撮影スボットです。
西側の空も晴れてきて、明るくすがすがしい空気になってきました。線路をはさんだ対岸に先客があり、僕はこちら側に構えましたが、
Img_112488z ははぁん、そろそろこいつが来る時間。そう、トワイライトエクスプレスです。しかし調べてなかったのか、僕に確認に問われました。土曜だから大阪発があること、金沢着時間から逆算してもうそろそろやってくることをお教えしました。
僕は長編成はこちら側がいいと思いましたが、この後の485系には対岸から撮ることにします。
Img_112516z 確かに憧れの車両、トワイライトEXの寝台客車ですが、しかしコンデジでどこまでよく撮れるもんでしょうか。しかもそんなに接近して。
こちら側には子供づれもいらっしゃいました。この直後の貨物列車もすきそうです。


Img_112526z 直後の貨物列車が通過するのを知ってたようで、地元の方なんでしょう。小さい女の子が手を振って喜んでます。貨物に感動を覚えるとは、将来がとても楽しみな子ですねw。
EF81129の牽引するコンテナ車には、空きがだいぶ目立ってました。この時勢で貨物がかなり減ったもんなんですかね。
Img_112554z 撮影場所を転じるのに鉄橋をくぐってたら、上りの485系通過に間に合いませんで、やむなく下のアングルから撮ることに。車両NoからA1編成と知れましたが、こんな珍しい写真もたまにはいいんじゃないですか。ちょっと贅沢ですね。


Img_112575z 空もかなり晴れ渡ってきたら、遠く獅子吼高原から、パラグライダーがいくつも飛んできました。鶴来のレジャースポット、獅子吼高原はパラグライダーのメッカとして、全国から愛好者がやってきます。
気持ちよさそうですが、下になにもないのは結構怖そうですね。列車が鉄橋を渡るのとシンクロして撮れなかったのはザンネンです。







Img_112599z お目当ての、485系雷鳥はザンネンながらA5編成でした。
今日はこれを最後に帰るとします。なかなかA3編成にめぐり合えません。




Img_112616z これは来週末も晴れを期待して撮りに来なきゃいけませんね。いきなり全廃ってわけじゃないですが、6月1日からまず2編成が退役させられそうです。そして2年後の3月には全廃が待っています。他地区へこの国鉄色のまま転属されればいいですが、にしても短編成化されそうだし、余剰気味でもあるのでこのまま廃車が濃厚のようにも思われます。
悔いのないように追っかけていきたいです。

|

« 庭のサクランボが実をつけました!! | トップページ | さくらんぼ、摘んでみました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭のサクランボが実をつけました!! | トップページ | さくらんぼ、摘んでみました。 »