« 金沢の桜を満喫しまっし! 2 | トップページ | 金沢の桜を満喫しまっし! 3 »

2009年4月14日 (火)

ひがし茶屋街とおわら節はマッチする?

Img_110700 金沢城の後、浅野川園遊会の一環として、ひがし茶屋街で越中八尾おわらの流し踊りがあるというのでやってきました。
去年まで浅野川上に演台を設けて、泉鏡花の滝の白糸を実演してた一大ページェントだったのに、なぜか発展解消といって今年からやらなくなりました。犀川の人間としては一度も見に行けてなかったんで、残念でしたが、今日は珍しく八尾の踊りが見られるので長距離をいとわず歩きましたよ。
Img_110745 実は着いたころ片道の踊りは終わって休憩中でした。しかし狭い通りに大勢の観客が取り囲んで中の様子が見えなかったので、折り返しを期待して先に通りで待つことに。
するとフランソワ・モレシャンさんが前を通ったんで、主催者から呼ばれたなと。しかしS氏に訊いたら、誰それ? って知名度がないなぁw。外人、特にフランス人なんてこんなイベントすごく興味深いでしょうなぁ。
Img_110719 だいぶ待たされたけどようやく踊り流しが前に来ました。一つの組?十数名だけでしたが、一人の謳いと胡弓の寂しげな音色の中、音も立てず静かに踊り歩きます。やっと生をはじめて観ました。こんな踊りだったんですね。意外に動きが早いので、やむなくストロボを焚いての撮影。
Img_110723 八尾は夏の風の盆では全国からたくさんの観光客が行くと聞いてたので、面倒で行ったことがありませんでした。けど案外に茶屋街の景色に合いますね。
編笠を深く被って、どなたも踊る様から美しく見えますw。


Img_110734 ひがし茶屋街のメインルートを西から東へ、約100mを十数分。あっと言う間でした。
主催は北陸中日新聞ということで、告知が偏ってほとんどの方は知らないんじゃなかろうか?ぜひまた来年も期待したいですね。


Img_110737 胡弓、三味線、太鼓とともに、一人の謳い手が「越中で立山、加賀では白山・・」とおわら節を謳います。
さいとうたかをに似たおじさんが一人悦に入って謳ってるのが、なんとも言えず気楽さが出てていいですはんそん。

Img_110749 もう夜も9時半を過ぎて、やっと帰路につきますが、街中は花見客で渋滞。ここから40分かけて歩いて帰ることに。まぁ桜の街をそぞろ歩くのもいいもんです。
浅野川大橋ではおぼろ月夜に夜桜もいい感じで撮影スポットに。僕が撮ってるといつのまにか大勢が撮り出しましたw。



|

« 金沢の桜を満喫しまっし! 2 | トップページ | 金沢の桜を満喫しまっし! 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金沢の桜を満喫しまっし! 2 | トップページ | 金沢の桜を満喫しまっし! 3 »