« レッドクリフ Part2 やっと観ましたよ! | トップページ | 485系雷鳥、カウントダウン前に撮る! »

2009年4月26日 (日)

輪島に「永井豪記念館」誕生!!

090426_002653 漫画界の伝説の巨匠「永井豪」が石川県の出身ってご存知でしょうか。
このたび永井豪の生まれ故郷、奥能登の輪島に「永井豪記念館」が開館しました。「デビルマン」「マジンガーZ」など僕らが子供のころ夢と感動を与えてくれた永井豪氏のキャラクターが一同に集まっている豪華な博物館の誕生です。
永井氏の数々の作品のヒストリーやグッズ、150枚もの原画、そして1/9スケールのマジンガーZなど、氏の硬軟おりまぜた魅力あふれるパラダイス?です。
開館当日の25日には、九州から東北まで、たくさんのファンが行列を作って待ち望んでくれてたようです。ジャパニメーションの始祖の一翼として世界に君臨する巨匠の記念館は、世界中から集客が望めるのかもしれません。
しかし永井氏の師匠である石ノ森章太郎氏の宮城県石巻市の記念館より、規模からいってかなり小さいし、また奥能登輪島へのアクセスも少々キツイものがあります。僕でもおいそれと行けません。
またその石ノ森章太郎氏の石巻最寄の、JR仙石線には石ノ森キャラクター電車が走ってますし、隣の富山県JR氷見線には、地元の巨匠藤子不二雄にちなんでドラえもん列車なども走行しています。我が永井豪氏のためには、JR七尾線やのと鉄道に、永井豪列車を走らせるほどの気概がないとダメですね。
この記念館を、輪島塗など地元の伝統工芸と地域文化との融合と、交流人口のアップを自治体が期待するなら、もう一段の工夫が必要だとも思います。なにしろせっかくのプランなんで、ぜひとも成功してほしいです。僕も近いうちになんとしても訪れたいと思っています。

|

« レッドクリフ Part2 やっと観ましたよ! | トップページ | 485系雷鳥、カウントダウン前に撮る! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レッドクリフ Part2 やっと観ましたよ! | トップページ | 485系雷鳥、カウントダウン前に撮る! »