« 485系雷鳥、カウントダウン前に撮る! | トップページ | 683系4000番台試乗見学会レポート 2 »

2009年4月29日 (水)

683系4000番台試乗見学会レポート 1

Img_112057z みなさんGWはいかが過ごすのでしょう。僕は暦どおりですがあまり出かけず家でたまった本やデータ視聴してようと思います。
しかし今日だけは金沢駅へ向かいました。朝5時起きで「北陸」「能登」の到着シーン、485系「雷鳥」を撮ったのですが、それは後日お伝えするとして、メインはこの6月1日から営業運転される、新型サンダーバード683系4000番台の試乗見学会です。15時からということで余裕持って出直したんですが、なんと45分以上前から大勢の行列でビックリしました。駅舎からはみ出して200m先の列に付きましたよ。
Img_112063z GW初日ということで、ほとんどが子供連れ。よほど告知がうまくいったんでしょう。たかが?新番台で外観は違わないのに、金沢駅内でこんな長い行列は初めて見ました。一般の旅行客など驚かれてましたよ。
はたしてどんな段取りで見せてくれるのか。停まってる5番ホームに誘導されましたが、そのわりには結構ザンネンな案内。9両編成のうち4号車から1号車まで中に入らせてくれたのに、なんの説明もなく立ち止まらないで歩き通して、と言われても、素人?の人には何のアピールにもならないんじゃ??
Img_112067z 4号車は最新のバリアフリー対応。この多目的室(授乳や急病などに利用)をはじめ広い車椅子対応多機能トイレなど、新しいガイドラインに準拠しています。炎検知装置もあって喫煙防止の効果もあります。
そうそう、この6月1日からJR西日本も特急で全車両禁煙になりますから気をつけてくださいね。
Img_112072z 普通車のモケットは偶奇数で変えてるのは以前と同様だけど、JR西日本プランにあわせて青系に統一。頭部もより大きくなってゆったりと固定できる。肘掛下のスライド式テーブルも大きくなりました。



Img_112080z 3号車にレディスシートが設けられ、その後ろのトイレは女性専用。
なにしろ立ち止まれないので駆け足で撮影。そして皆さんあちこち見ながらも座ってみることも出来ないんで、僕は事前に下調べしてきたけど、今までの違いとかわかるんでしょうか?荷物棚とかも大型化されましたよ。
Img_112085z 車端部の座席には大型のテーブルとモバイル用コンセントが常備されました。ビジネスマンならあえて1番席とかを指定して車内で仕事しなきゃいけないかもですねw。新幹線では当たり前になってきたこういう設備が、いよいよ北陸本線在来線にも忍び寄ってきましたよ。
Img_112087z 1号車、グリーン車です。インテリアも木目調になって、高級感を醸し出してます。床のカーペットも今日はビニールシートで保護されてました。ずるいですね。
報道陣もたくさんレポートしに撮りまわってましたが、今日はジャマとしか思えません。


Img_112088z グリーン車のシートです。枕が大きくなってますし、全座席にコンセントが配備されました。あぁ、大阪行くときにしか利用できないんだった。
この683系4000番台は、現サンダーバードの681系を順次置き換え、以前と違い9両固定編成です。もちろん増結は出来ます。2年間で12編成投入され、余剰となった681系は485系「雷鳥」スジにこの夏から順次導入、2年後の2011年3月に「雷鳥」全廃を目論見ます。
Img_112093z 1号車の先端、運転室へのドアです。今までと違うのは、この横に出入口があること。号車によってまちまちでわかりにくかった出入口を、大阪方に統一して便利にしました。従来は3・4号車の間に出入口なかったんですよ。


Img_112095z 先端まで行ったんで、ほうほうの体で追い出されましたw。いゃぁとてもたくさんの人で、1000人ほども来たでしょうか?

車内はこんな感じ。この後外観編をお伝えします。




|

« 485系雷鳥、カウントダウン前に撮る! | トップページ | 683系4000番台試乗見学会レポート 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 485系雷鳥、カウントダウン前に撮る! | トップページ | 683系4000番台試乗見学会レポート 2 »