« 683系4000番台試乗見学会レポート 1 | トップページ | 復活!金沢レポート »

2009年4月30日 (木)

683系4000番台試乗見学会レポート 2

Img_112097z さて車両を出て先頭車の顔を撮ろうと前に出ると、子供たちと金沢駅長、4000番台との記念撮影の行列になってました。ん~、今日はまぁ仕方ないか。多くの子供たちが、電車好きになっていっぱい旅行してくれると、日本の将来のためにもなるしw。けど子供たち、何が新しいのかわかってるのかな~。
Img_112118z 外観は従来の683系2000番台と基本的にはほとんど変わらない。下部の車両ナンバーもプレート式でつまらない。今日はいちおうこの第一編成全車両のナンバーを記録しました。
僕ら物好きがよくよく見比べて4000番台と認識するには、ナンバー以外にパンタグラフがシングルアームということと、先述したように各車両の大阪方が乗車口、そしてなにより9両固定なんで6・7号車間が運転台じゃないってこと。
Img_112137z 車内見学のあとも撮り鉄に限らずたくさんの人がホームで撮影中。あっ、下りトワイライトエクスプレスの入線時間だ。7番線ではトワイライトグリーンのEF81103をみんなで取り囲んでしまってるw。
4000番台はこちら9号車は増結可能な貫通運転台なんで、見た目正面からでは区別できない。営業運転前なのに、毎日試運転してるから早くも汚れが目立ってます。この正面ののっぺりしたデザインなんとかならんのかなぁ。
Img_112142z GWにトワイライトエクスプレスでゆったり北海道旅行としゃれ込む老夫婦。僕もそのころにはぜひそんな優雅な生活をしてみたいんですが。




Img_112151z トワイライトが出発です。この背中のホーム末端では、行き過ぎるアングルを撮るために撮り鉄があちら向きでダンゴ状態でした。安全には気をつけてほしいですがね。




Img_112161z 金沢方先頭のクモハ683-5501。
683系はほくほく線内で営業してるように、設計最高速度は160km/h。しかしサンダーバードの最高運転速度は130km/h。このため現在サンダーバード運用のみの想定なので130km/hに制限した仕様。なのでM車は5000番台にしてるっていうからややこしい。ブレーキ装置を変更するだけで160km/h運転できるらしいんで、気密化工事は済んでるみたい。
Img_112168z 683系は3M6T。JR西日本は1M完結儀装が基本仕様。付随車のTp系には交直流用機器を下部に積載。雪対策にスカートで覆わず、むき出しだけどボックス化することによって付着する雪や氷を剥離しやすくしてます。まぁこれは従来どおり。


Img_112180z 6番ホームから1号車側に回りこみました。表面のツヤはやはり新しいからか、テカリ具合がいいですね。この大阪方グリーン先頭車は貫通運転台だけど、ほろカバーが開かないようになってます。資料では準備工事ということだけど、多分増結は金沢方に統一されるでしょう。だったら従来どおり非貫通のかっこいい先頭形状でいいじゃない。まぁ運転台の共通化は必要だったんでしょうけど。
Img_112191z 同じ683系のしらさぎが入線してきました。新旧の683系の揃い踏みです。見た目の違いはこの面ならわかるでしょう。
しらさぎは基本5両に3両ずつ増結だから、6両+3両のサンダーバードと共通運用はできません。側面のラインも東海カラーのオレンジが入ってて違うしね。

Img_112198z 側面からです。あと事故時にオフセット衝突対策というのも施されています。連結面の切妻面に三角形状のものが装着され、衝突してもずれていくことで、客室の破壊を小さくする工夫です。
まぁそんなことで、見た目にはほとんど新しくなってないのに、これが永年慣れ親しんだ485系の代わりなのかと思うと、拍子抜けというかザンネンでたまりません。JR西日本のデザインセンスのなさには以前からあきらめも入ってます。
そんなこんなで、6月1日から上りサンダーバード10号・40号、下り19号・49号に置き換わります。7月からは2号・32号と11号・43号にも加わります。こうやって順次増えていく新しい683系4000番台をこれからよろしくお願いします。

|

« 683系4000番台試乗見学会レポート 1 | トップページ | 復活!金沢レポート »

コメント

僕もやっぱり非貫通の方がいいと思います。JR西日本なんとかして~

投稿: | 2009年6月13日 (土) 19時23分

この「江戸城 本丸御殿と天守」は、DVDです。バーチャルリアリティで江戸城の最盛期をCGで復元して見せたもので、天守が残ってたら現代ではどう見えるかなど、大変興味深いものです。
凸版印刷の販売で1,900円。江戸東京博物館なら今でもミュージアムショップで販売してないでしょうか。

投稿: joker | 2009年5月16日 (土) 18時38分

先日、江戸城見学した千葉に住む50代の男です。
「江戸城 -本丸御殿と天守」のビデオの記事を拝見しました。誠に勝手なお願いですがそのビデオを見せて頂くわけには行かないでしょうか。まずはご連絡いただけますでしょうか。よろしくお願いいたします。

投稿: 江戸城 | 2009年5月15日 (金) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 683系4000番台試乗見学会レポート 1 | トップページ | 復活!金沢レポート »