« 輪島に「永井豪記念館」誕生!! | トップページ | 683系4000番台試乗見学会レポート 1 »

2009年4月27日 (月)

485系雷鳥、カウントダウン前に撮る!

Img_111268z 先週の日曜は貴重な青空になったので、さらに貴重な485系国鉄色「雷鳥」を撮りに行ってきました。昭和39年東海道新幹線開業とほぼ同時に、交直両用の特急型電車481系が誕生して44年。以来西日本の交流60Hz東日本の50Hzとの3電源対応の485系が全国の主要本線を席巻していました。分割民営化のJRを経て、クリーム4号・赤色2号のいわゆる特急型国鉄色をまとっている現役特急は、全国唯一、この北陸本線「大阪-金沢」間を毎日走っている「雷鳥」のみとなってしまいました。
Img_111288z しかしこの慣れ親しんだフォルムにも、いよいよ別れのカウントダウンが刻まれることになりそうです。
先日発表され、今試運転中の683系4000番台が、6月1日から順次サンダーバードの681系より置き換えられ、捻出された681系が、この夏から485系に取って代わって「雷鳥」スジに使用されるということです。現在10編成ある485系が、その「雷鳥」運用すべてに置き換わるのに2年を要しそうですが、カウントダウンのゴングは既に鳴ったと覚悟するべきです。
Img_111293z そこでサヨナラで大騒ぎする前に、10編成すべてを写真に収めようと活動開始です。
まずは先日も来た田中道踏切で、A10編成をキャッチ。現在の「雷鳥」10編成は、A01~A06までが大阪方がパノラマグリーン車。非パノラマのこのA10編成の大阪方クロ480-2301は元〈かがやき〉〈きらめき〉として活躍。小窓が他と違う特徴です。
Img_111373z 次のA9編成は金沢方481-228の貫通型。今はたぶん溶接されてると思いますが前部が開くタイプだけど、485系は国鉄時代を通じて貫通運用された実績がありません。
左目にあたるタイフォンカバーが開きっぱなのが気になりますw。


Img_111381z いちおう編成ナンバーの呼称はA09とか表現してますが、スカートに塗られてる編成NoはA9としか書いてないですね。僕の確認ではA2・A6編成も0が表記されてません。3・5・7編成はまだ撮れてないです。



Img_111465z 大阪方がパノラマグリーン車のA01編成です。写真は2000番台トップナンバーのクロ481-2001。
パノラマグリーンはJR化後のスーパー雷鳥時代に改造されたグレードアップ。塗色もオリジナル色の白っぽいものになりましたが、スーパー雷鳥が681系化しすべてサンダーバードとなるに従い、先祖がえりした「雷鳥」運用で国鉄色に戻されました。
Img_111484z A01編成の金沢方。クハ481-323です。そういやさっきから松任より南側の米光踏切に来ています。この辺一帯も白山総合車両基地の予定地ですかね。去年までこがね色に実ってた田圃は、今年はもう田植え直前の水が張られてなきゃいけないのに、放置されたままです。今年から工事の槌音がここらに響き渡るのでしょうか。
Img_111431z もちろん485系ばかり追っかけてないで、683系とかも撮ってますが、日中のわずかな時間だと3編成撮るのがやっと。A2・A04・A6・A08編成は以前に西金沢駅や手取川橋梁で撮ってるので、あと3・5・7編成を別の機会にゲットしたいですね。



|

« 輪島に「永井豪記念館」誕生!! | トップページ | 683系4000番台試乗見学会レポート 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 輪島に「永井豪記念館」誕生!! | トップページ | 683系4000番台試乗見学会レポート 1 »