« 都会の喧騒に疲れてしまった?? | トップページ | 懐かしいあのころを訪ねて。 »

2009年3月28日 (土)

江戸からの帰り、いつもの心象風景とは

Img_108318z さてやっと今月の江戸訪問レポートをラストにします。
二日間フルに動き回って、また日曜の夜の東京駅東北・上越新幹線ホームに来ました。いつもこの時間は、二日間の疲れと翌日早朝からの仕事への想いとで独特の気持ちになります。気重になるだけとは違って、なにがしかナチュラルハイになっているので、どんなに疲れてても帰りの列車の中では眠れません。
Img_108319z まぁそれも、乗り換えありの4時間、という移動時間のなせるわざで、北陸新幹線が金沢まで通じると座って2時間半で終点ともなれば、安心してグゥ~といけるのかも知れません。
その前に、友人M氏(顔がちょっと見えてる)を送るのにE3系に初めて中に入ってみました。「こまち」だけでなく「なすの」にも運用されてるってはじめて知りました。自由席なのにふっかりしたモケットで、当然2×2席。こんな快適な座席で乗り換えなしで東京まで来れるなんて、秋田の人はうらやましいです。
Img_108321z 僕ら上越新幹線では日中なら、オール二階建てのE1系。天井の低い3×2シートでいつも窮屈な思いをして参勤しています。
しかもE4系とともに最速は240km/hなので、二階建て車両は今後の東北新幹線高速化計画からは外れて、上越新幹線のみの運用となりそうです。
僕はわりと好きな車両ですが、北陸新幹線にもまわってくることになるんでしょうか。
Img_108325z 結局友人を送ってから、こちらの帰りの便が来るまで1時間以上あるので、夜の新幹線撮りにホームを駆けずり回りますw。
右がE4系。8両基本編成で、連結して16両のときは定員1634人で、高速車両では世界一の定員になります。今はそういう運用はしないようですが。
左は東海道新幹線の700系ですね。14番線ですが、となりの東北・上越新幹線ホームは23番線。これは複雑なホーム工事の経緯でそうなりました。
Img_108327z 山形新幹線400系つばさ ですね。92年にデビューした新在直通運転のさきがけの車両も、今年から順次引退を余儀なくされています。最高速度240km/hで、東北新幹線高速化の構想からはずれ、275km/hあるE3系にすべて譲る予定です。


Img_108331z この車両も乗ったことないですが、近いうちになくなる前に、みっちり撮っておきたかったんでよかったです。





Img_108337z E4系との連結部分。僕もこの前に撮りましたが、こうやって撮り鉄が必ず押さえておきたい箇所ですね。
しかし東北・上越新幹線ホームも、東海道新幹線同様、このようにホーム柵が順次設置されつつあります。安全のためには大事なことですが、やっぱり興ざめですよね。

Img_108345z 東京駅の夜です。







Img_108352z







Img_108360z N700系。







Img_108363z







Img_108368z 200系です。東北・上越新幹線の最古参。先ほど引退した0系に近いフェイスを持っています。開業時はどの新幹線もこの顔だけでしたがね。100系と同じ顔をしたものもいます。初登場から25年以上経っているものの、210km/hから240km/hに最高速をアップしたり、さまざまな改造をしてるので、まだまだ走れる現役車です。最近は、最終はくたかに乗り継ぐ20:12とき347号はこの車両なんですが、やはり内装は陳腐化してるのは否めませんね。
毎回乗ってる上越新幹線ホームで、見飽きてる場面ですが、ブログにはあまり載せてませんでしたから久しぶりにレポートしてみました。

|

« 都会の喧騒に疲れてしまった?? | トップページ | 懐かしいあのころを訪ねて。 »

コメント

東海道新幹線の朝の京都駅の、山手線なみのラッシュには驚きました。あの高速列車が数分おきに入出線を繰り返すんですから、目が回ります。「のぞみ」の平日デイタイムはもうビジネスユースでびっちりですね。
しかし、名古屋-米原とかを「ひかり」で乗り継ぐときは、自由席も超ガラガラです。この一年で2度ほど経験しましたが、やはり東海道新幹線は日本の必須幹線ですね。
北陸新幹線はどういうニーズで埋まるもんでしょうか・・。

投稿: joker | 2009年4月 2日 (木) 00時05分

JR東日本の新幹線は、全く乗車どころかホームにも上がった事ありません。
あっ!大宮の鉄道博物館で、静態保存の200系に
乗りました(笑)。
福島県でお世話になった時も太平洋沿岸の『いわき』
だったんで、常磐線のそれも『スーパーひたち』
だけしか乗車してません。
郡山や小山・宇都宮へはドライブで行ったり、
常磐線を辿って仙台へもドライブで行きました。
当然、『こまち』や『つばさ』にお世話になることも
ありませんね。ひょっとしたら生で見たこと無いかも
しれません。E2系とMaxは、東海道線ホームや
E231系500番台の中より見ました。

関西人なんで、お世話になるのはN700系・700系
ばかりです。0系も廃止になったし、100系は
2階建て車両を無くして4~6両編成で山陽新幹線
区間のみを運行してます。
300系は『ひかり』として東京まで走ってますが、
停車駅が多いんで『のぞみ』を選び自動的に車両も
N700系か700系に限られます。
しかも『夢の超特急』ってイメージは完全崩壊して
『ビジネスマンの足』ってイメージが付きそうな
ぐらいスーツ姿の男性が、ほぼ全席に着席され、
3時間ぐらい身動き取れません。
自由席・普通車指定席の満席はまだ解りますが、
グリーン車まで満席です。
航空業界に似たマイレージ制?をJR東海が導入して
『アンビシャス ジャパン』のキャッチフレーズを
掲げて新時代を迎えてから、東海道新幹線は
『ビジネスマンの為の移動空間』って感じがして、
同じ700系でも西日本仕様の方が上品な感じを漂います。

って、最近もっぱら自動車移動ですが…(笑)。

投稿: ナベちゃん | 2009年3月29日 (日) 01時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 都会の喧騒に疲れてしまった?? | トップページ | 懐かしいあのころを訪ねて。 »