« 野々市駅周辺でレポートの続き | トップページ | 東武線沿線探訪2 東京スカイツリー工事現場 »

2009年3月16日 (月)

東武線沿線探訪1 浅草駅のハミ電

Img_107770z これは先週の話ですが、江戸にはいつもの友人たちに会うためにやってきました。今や大変貴重になったブルトレ「北陸」では、この日の早朝も上野駅でたくさんの写メラマンに囲まれてしまいましたw。
今日は昼近くまで時間が空いてしまったので、ゆるりと鉄撮りの旅をしますか。最初は東武浅草駅で。先日のタモリ倶楽部でやってた「ハミ電」を見に。
Img_107771z そうそう、この後は一つとなりの業平橋へ行って「東京スカイツリー」の工事現場を確認しに行くのです。本当に2011年の地デジだけになるときまでに完成するのでしょうか?
図で見る限り、東京タワーよりも足場が狭いのに、倍近い高さになるって信じられないくらいですね。
Img_107775z さて何を見に来たかというと、先日のタモリ倶楽部では、駅のホームが短すぎて、電車の車両がホームよりはみ出して停まるときがある、といういわゆる「ハミ電」っていうのをやってました。意外にそんな駅は多く、首都圏でも10箇所近くあります。先日東急大井川線に乗ったときも2箇所の駅ではみ出してましたし、横須賀線では田浦でトンネルの中で停まりました。
Img_107777z そしてここ東武浅草駅も採り上げられてました。厳密に言うとハミ出してませんが、6両編成を8両に増やしたとき、ビルの中に造られた駅はそのビルをはみ出してホームを延長。さらに隅田川を渡るため90度にカーブするシビアな線形の途中まで伸びたため、針のように細い先端になってしまいました。
Img_107780z そこで以前にも行ったことがあってもあまり撮らなかったので、今回じっくりレポートしようと来てしまいました。
先ほどからの写真の1番ホームは、あれでも白い斜線のところまではりっぱな人が通れるホームです。柱がジャマになる部分は幅30cmもあるでしょうか。大変キケンです。それでも列車の走行時に、つねに駅員が監視してるわけでもありません。僕が撮ってても誰も注視するそぶりはありませんでした。
そしてこの2番ホーム。カーブ途中で電車が停まってるから、ホームと車両との隙間がこんなに開いています。子供だったら間違いなくスッポリ落ちてしまいそうです。「足元にご注意」っていくら書いてあっても一緒で、そりゃ注意しちゃいますよw。

Img_107784z ホーム先端はこんな様子です。狭いホームの真ん中に柵がしてあって、1番ホーム側は進入禁止になってますが、2番ホームとしては先端まで行けるようになってます。
他の鉄道の駅でハミ電、つまりドアが閉まって降りられない車両を設定してるのに、ここ東武浅草ではムリをしてでも降りられるようになっています。ラッシュで中から押し出されるようなことがあったらすごくキケンですよね。
Img_107785z その先端に立って内側を。左の1番ホームは入れません。しかし白斜線の2番ホームはここまで来ていいんですw。やはり車両との隙間もあってキケンですね。しかし都会のど真ん中でまだこんな許容がされていて、逆に感動しました。


Img_107786z 最近は安全優先の名の下に、ホームドアとかいう情緒全くなしの世知辛い設備が増えてきて、単なる人を運ぶハコと化してきた鉄道も多い中で、こんなに特殊な風情のある駅がまだ健在なのはとてもうれしいですね。
国道6号江戸通りも駅から丸見えです。おもしろい。
Img_107788z その先端部です。あの先端に立って、左の車両とかも撮りましたが、運転手も珍しくないのか、僕を全く注意するでもなく平然としてました。僕もだからといって落ちそうでこわいということもなかったですよ。実はあの先に階段があって路盤に降りられ、左右の線路を渡る板が見えると思いますが、駅員や保線DJはしょっちゅう行き来してるんでしょうね。
Img_107793z さて、特急「りょうもう」の200系が入線してきました。
そろそろ東京スカイツリーの工事状況を見に行きましょう。




|

« 野々市駅周辺でレポートの続き | トップページ | 東武線沿線探訪2 東京スカイツリー工事現場 »

コメント

阪神なんば線で、近鉄車両が阪神本線に乗り入れる詳細は雑誌などで見ましたが、そこでは6両編成が限界なんて初めて知りました。ハミ電で走らすわけにはいかないんでしょうかねw。
しかしホームを越えるのはしょうがないとしても、踏切を跨いだまま、というのは迷惑ですよね。そんな駅が都会に案外多いというのも意外でした。

投稿: joker | 2009年3月24日 (火) 00時34分

地元の山陽電鉄 姫路駅と本当に似てます。
だけど、山陽電鉄は車両の長さが短いのと、編成が最大6両なんで、
現状、ここまでカーブの部分にホームが延びてないです。

しかし、ホームの先端に安全柵が無いって極めて異例ですね。
まぁ改札口が逆側なんで、滅多に一般客がそちらへ行かないんでしょうけど。

東武急行は、一度だけ東京メトロ日比谷線?の六本木辺りで乗りましたよ。
その時は、やはり日比谷線の電車に乗りたかったんで、東武急行が来て
がっかりでした(笑)。

浅草駅の入線シーンは、やはり威力あるものだと思います。
高架橋ならではの「ゴー」って重低音と共にカーブの「キー」って甲高い
軋み音が鳴り、大きな車両がゆっくり入線してきますからね。

山陽電鉄の姫路駅でも同じように感じます。
しかし、将来もちろん車両規格を阪神・山陽に合わせた近鉄特急が
乗り入れる事がほぼ確定ですが、6両編成が限界でしょうね。
8両編成にすると、山陽姫路駅も東武浅草駅みたいになって、
停まるかどうか不明ですが、大塩駅で現状、上りの直通特急の最後部車両が
「ハミ鉄」になってます。なので下手したら最後部車両は本線と待避線の
ポイント上で停車するかもしれなくなりますからね。

投稿: ナベちゃん | 2009年3月16日 (月) 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野々市駅周辺でレポートの続き | トップページ | 東武線沿線探訪2 東京スカイツリー工事現場 »