« 北陸新幹線、白山車両基地までの着工区間を見る | トップページ | 東武線沿線探訪1 浅草駅のハミ電 »

2009年3月15日 (日)

野々市駅周辺でレポートの続き

Img_107705z さて、長いことご無沙汰してしまいました。先週末はまた江戸へ行ってましたが、平日の仕事では切羽詰った作業があり、毎日夜の12時前後までかかっていました。昨日の土曜も仕事だったんで、今やっと東京のデータを整理したとこです。結局鉄道ネタになるんですが、前回の北陸新幹線工事記事にも続きがあるんで、それから先にお伝えします。
Img_107706z 野々市駅前にも、更地が広がってきました。もういつでも準備OKですね。最初の写真は駅のホームにもかかる線路脇まで道路が湾曲してて、僕もよく利用する道ですが、あの線路脇に新幹線高架が建てられるので、右側の民家用地を取得して道路工事が進められています。その背中側が野々市駅前です。
Img_107708z 長池道踏切を渡って海側から野々市駅を写します。JR野々市駅は野々市町中心部から離れた位置にあり、開業当初は何もないところでした。北陸の主要駅はそういうところが多く、金沢をはじめ津幡などもそうです。蒸気煙や騒音を嫌ったようです。
しかし今は住宅地が迫り、付近の学校などへ通学にもよく使われる町民に親しまれている駅です。この線路反対側、山側に高架が続くことになります。
Img_107709z 長池道踏切山側より小松方面を臨む。この真上を高架が通ります。
ここ白山・横江高架橋地域はすでに工事が開始されてますが、金沢-白山車両基地間は、もう3月中旬だけど今年度中には、用地取得が9割に達するようです。当初計画は8割だったので順調に進んでいることになります。
Img_107711z 全11工区のうち多くはまだ入札したばかりです。石川県内の報道では既報ですがここで言うと、最近の7工区での入札では受注した共同企業体に県内業者も参加し、大手の下請けを担っています。しかしこの不況下で、かなり低い価格で請け負っているという現状があるようです。
7工区の予定価格に対する落札率は平均87%。
Img_107716z 既に着工している3工区では一次下請け31社のうち県内事業者は8割にのぼり、負担のしわ寄せがないよう、県議会でも保護を県に働きかけています。
北陸新幹線の新しい列車の名称については、知事はJRに北陸のイメージにふさわしいものをと、強く要請すると言っています。とするともう、「はくさん」しか選択肢はないと思うんですが、どうでしょうw。
Img_107722z ところで、変な話を小耳にはさみました。長野県の商工会議所が、北陸新幹線の名称を「長野北陸新幹線」にするよう国に働きかけてるようです。とんでもない話ですw。オリンピックに間に合わすために、急遽高崎から長野まで先行開業した北陸新幹線を、東京駅の表示も苦肉の策として「長野行新幹線」としていたのをいつのまにか「行」を外したのにもあきたらず、ですねw。
Img_107733z 永年沿線各県が「北陸新幹線」という名称で要望や広報に取り組み「北陸新幹線建設促進同盟会」にも長野県が参加している、という点で知事は常識的に考えてそれはない、と安心しきってますが、のんきに構えてるとどうなるかわかりません。


Img_107725z けどまぁ、開通後の沿線各県の交流も計画され密になることから、あまりお互い目くじらはたてないでおきましょう。
また来月、すこし暖かくなったころには、白山車両基地建設予定地へ行って485系国鉄色「雷鳥」全編成を確認などしたいですね。




|

« 北陸新幹線、白山車両基地までの着工区間を見る | トップページ | 東武線沿線探訪1 浅草駅のハミ電 »

コメント

いや、金沢周辺、特に今回は白山車両基地までの約10kmは、地権者のみなさんほとんど協力的で、買収が予定より早く進んでるっていう記事です。
それに福井駅まで延伸もいちおう決まりましたし、このルートは営業線の一部に当然なるわけです。だから開業後には、さらに南進する工事が進むのかと想うと、石川県加賀地方は、すべて高架の鉄道線が平野を突っ切るという図は近代的でなにかフシギな感じがします。

投稿: joker | 2009年3月24日 (火) 00時29分

確かに…。
jokerさんと出会うまで『長野新幹線』と洗脳されてました(笑)。
地元の人達も、やはり利便性より生活を重点に考えますから、なかなか
新幹線に土地を譲ろうって気持ちが難しいんでしょうね。
北陸新幹線を通したからといって、全ての住民が利用する訳でもなく
だからといって無ければ地域発展への要が失われる事にもなりかねませんからね。

施工に対して色々思いましたが、真っ先に浮かんだのは、今の京浜急行の
高架切替工法を流用して、山陽本線福山駅みたいに在来線と新幹線を
立体交差させて走らせるという案でした。
上野~東京間もJR東日本の新幹線の上に掟破りの東北常磐線の高架を
作らざるを得ない状態になってますし、在来線の車窓に犠牲が生じるけど
どうかなぁ?って思いました。
あと、ミニ新幹線?(現在の秋田・山形新幹線)として運行すればとも
思ったんですが、ダイヤ設定が難しそうですね。
せっかく日本海側まで高規格高架線で伸ばすんですしね。
上越駅?まで北陸新幹線を迂回させなかったら、ガーラ湯沢から延伸して
北越急行線に繋げて、北越急行を複線・ミニ新幹線化して走らす事が
出来るかもしれませんね。もちろん『はくたか』は廃止で。

まぁ、敦賀までのルートが決まってるんで、どうしようもない話ですが(笑)。

投稿: ナベちゃん | 2009年3月16日 (月) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北陸新幹線、白山車両基地までの着工区間を見る | トップページ | 東武線沿線探訪1 浅草駅のハミ電 »