« ファッション最先端の地と都会の俯瞰 | トップページ | 都会の喧騒に疲れてしまった?? »

2009年3月23日 (月)

こちら首都圏205系情報局 joker版

Img_108161z さてやっと8日(日)のレポートです。この日も実は表参道に集まるんですが、時間までまたいくつか鉄道スポットを廻ることにします。
最初は、高架工事の延長をしている中央線。三鷹以遠の踏切解消のため立川まで全線高架工事をしているわけだけど、ここ武蔵小金井駅でも工事の真っ最中。
Img_108163z 下り線はもう高架に切り替わったけど上り線はこのようにまだまだ。まぁ路盤は上がってるみたいだけど実質この武蔵小金井以遠は進んでません。目標の2010年度完成まで最長であと2年。1996年から始まった大事業だから掛かる費用や工程もバカにならないでしょう。
Img_108165z この中央線も車両が新しくE233系が揃い、路盤もこうやって更新してるのは、小田急線とイメージが重なりますね。都心はあくなき鉄道工事の槌音が鳴り止まないんで、こうやって時々追っかけてないとガリバーになってしまいますよ。


Img_108184z 武蔵小金井駅の先の車両基地。
ここまで来てなんですが、宮本武蔵に子供が居たか知ってますか?実は伊織って養子を迎えたらしいですが、実子はいなかったようです。
以前なにかの番組で宝田明氏が、昔かの長谷川一夫氏から上記のクイズをされたと言ってました。わからないと返事すると、「むさしこがねい」と長谷川一夫が答えて噴出したそうです。しかし劇場のエレベータで、これを毎日聞かされたって閉口してましたw。
Img_108189z_2 西国分寺から武蔵野線に乗り換えて府中本町に。ここで南武線に合流するわけですが、武蔵野線はここを終点にして折り返ししてます。このまま川崎まで行ってもよさそうなのに。



Img_108198z まぁ編成両数や仕様が異なるんだろうけど。205系は山手線のように第一線からの退役グループもあるけど、東京近郊の埼京線・京葉線・武蔵野線・南武線・鶴見線・横浜線・相模線・川越線など、主要衛星線に多く採用され、総両数は1000を越える一大グループ。登場から最長20年を越えてるんで、退役廃車も進むだろうなぁと、この際幾線か撮ってみようとおもったわけで。
Img_108207z 左側は武蔵野線の終点待避線。ホームで折り返すんじゃなくて一旦あそこまで待避してから運転手が向きを換える。しかし次から次へとホームに入線してくるから、日中は必ずホームか待避線には居る勘定にはなるみたい。
右は南武線が川崎方向から進入してきた。武蔵野線ホームを囲むように、離れて南武線上下ホームがある。
Img_108219z 南武線は6両編成。ちなみに武蔵野線は8両。もちろん多数を占めるわけだが、この日撮れたのはすべてオリジナルスタイルの先頭車。改造タイプの洗練された先頭車は短時間ではなかなか見かけられない。



Img_108229z 武蔵野線の車両を管理しているのは千葉方の京葉車両センター。だからか、この府中本町には待避線以外には目立った施設がない。車両も他線からの転用組がほとんどとなってるのは「鉄道ファン」で既報。
このM15編成は転用組?


Img_108235z 貨物列車が通りすぎていった。本来の用途目的である武蔵野線の需要は減ってないのだろうか。





Img_108248z さて南武線に乗り換えて立川から中央線と、一足飛びに八王子まで来てしまいました。
ここから横浜線に乗って菊名から東横線で渋谷まで出れば、時間には間に合うだろう。
横浜線は開業100周年だって。偶然で知らなかった。これらはすべて旧山手線の車両。205系は改造車なんかももっと追っかけたいシリーズですね。
Img_108271z では今日の最後に中央本線特急E257系「かいじ」を。
JR東日本の、JR後の快適そうな特急車両に一度も乗ったことないしなぁ。甲府の史跡を巡るのも、西からじゃなく新宿からこれに乗ったほうが早いんでしょうね。中央線は八王子以西に行ってないから、それだけでもいつか経験しときたいです。
首都圏往復フリー切符で、行ける範囲の全制覇も目論み中w。

|

« ファッション最先端の地と都会の俯瞰 | トップページ | 都会の喧騒に疲れてしまった?? »

コメント

江戸へ行ったら、いつも例の時間までの間に乗り潰しをしています。特にJRは首都圏往復フリー切符で全部無料なんで、乗り放題です。でも次回は西武線の可能性が・・。

投稿: joker | 2009年4月 1日 (水) 23時53分

高円寺に友達がいて、中央線は何度か利用しました。
八王子に住んでみたいって夢も、いまだに
無きにしもあらずです(笑)。

武蔵野線の207系?は幕張へ行く時に、よく間違えて
乗りそうになりました。
あの京葉線と武蔵野線のジャンクションと言うのか
分岐点は、瀬戸大橋線と予讃線の合流点を縮小
したような高度な高架橋ですね。

京葉線で思い出しましたが、たまに水色の何系か
忘れたけど電車に当たります。
どうもあれに乗ると、JR神戸線の各駅停車に
乗車してる感覚に陥ります。

以前(かなり前ですが)、京葉線に乗った時は、山手線で
活躍していたであろう207系?の京葉カラーに
乗車した覚えがあります。

武蔵野線は僕の中では未知なる路線で、元々貨物線
だったことは聞いてますが、浦安辺りからグルッと
迂回するような感じで京浜間にたどり着くんで
何か心そそられて一度は全線乗車してみたい路線です。
TWR(元?東京臨海高速鉄道)は、新木場~湘南新宿ライン
を経由して、新宿か池袋まで乗車しましたよ。
川越線も興味ある路線なんで、jokerさんのレポートを
楽しみにしてます(笑)。

投稿: ナベちゃん | 2009年3月29日 (日) 01時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファッション最先端の地と都会の俯瞰 | トップページ | 都会の喧騒に疲れてしまった?? »