« 久しぶりの料理ネタは、「とり野菜みそ」。 | トップページ | 晴れたんで、「辰巳」エリアへ。 »

2009年2月 7日 (土)

「20世紀少年」第二章!

週末にやっと時間が取れたので、第一章を観たからには、行かないわけにいかない「20世紀少年 第二章」の映画を観にでかけた。
今回は一言でいうと、よくぞ2時間で詰めに詰めたなぁ、という感じ。そのため第一章ではこだわった原作の忠実度も、若干異なった構成になったけど、それでもスピーディーに展開するストーリーに映画としてのまとまりと、役者たちの演技が濃縮されて、全く違和感なく最後まで目を放せなかった。普通ここまでやると、あまりの省略から編集のツギハギ感と、役者の淡白感がどうしても気になったりするけれど、サスガ堤監督とうならさせられたと思う。それに脚本に原作者がタッチしていたのもいい結果だったのかも知れない。
それでも原作を尊重してるところは随所にあり、役者たちのメイクはもちろん、しぐさまでもがマンガのコマから出てきたような幻想にかられるくらいだった。
第一章では忠実に徹した堤監督も、今回はさりげない遊び心をしのばせてくれてうれしくなった。「ごくせん」やネームプレートなど、いくつも気がついたよ。
しかしこの「ともだち」。まるで浦沢直樹や長崎尚志が現代の世相をそれこそ予言してたかのように、この先が見えない混沌とした世界にあって、彼のようなカリスマが出てきたら一気に人々の心が惑わされてしまうだろう、という危険な暗部を象徴してるようだった。特に最後の○○なシーンでは久しぶりに戦慄を覚え、このリーダー不在の時、これを見て誰かがマネしないか変な心配もした。マンガ原作は読んでて知ってた部分だが、映画で改めてビジュアル化されると、圧倒的な迫力で見るものにそんな不安を掻き立てさせる、堤ワールドのパワーに恐れ入ったw。
あまりネタバレはいかんけども、マンガを読まずに初めて作品を目にしてる人には、続きが気になってしょうがないだろう展開になっている。主役であるはずのケンヂの唐沢寿明も今回はほとんど出てないしね。最終第三章「ぼくらの旗」は8月末公開。ちょっと時間がかなり空くなぁ。

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (22) (ビッグコミックス) Book 20世紀少年―本格科学冒険漫画 (22) (ビッグコミックス)

著者:浦沢 直樹
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

20世紀少年 第1章 終わりの始まり 豪華版(生産限定) [DVD] DVD 20世紀少年 第1章 終わりの始まり 豪華版(生産限定) [DVD]

販売元:VAP,INC(VAP)(D)
発売日:2009/01/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

20世紀少年 第1章 終わりの始まり 通常版 [DVD] DVD 20世紀少年 第1章 終わりの始まり 通常版 [DVD]

販売元:VAP,INC(VAP)(D)
発売日:2009/01/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 久しぶりの料理ネタは、「とり野菜みそ」。 | トップページ | 晴れたんで、「辰巳」エリアへ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりの料理ネタは、「とり野菜みそ」。 | トップページ | 晴れたんで、「辰巳」エリアへ。 »