« 金沢城河北門 復元記念記名会1 | トップページ | 09年の始まり、せつない想いと富士山 »

2009年1月11日 (日)

金沢城河北門 復元記念記名会2

Img_105952z 1時間も前に入ったんで、受付と机では、係りの方が準備真っ最中で忙しそう。受付が始まるまでおとなしく待つことにします。
ここで午前の第一部に参加した友人のS氏と連絡。この机で平瓦に参加者全員で号令一下一斉に記名。なんだか表面がデコボコして書きにくかった、ということでした。報道の取材も来てて、かなり賑やかだったようですよ。
Img_105958z 13時が近くなったんで、来場者がちらほら。なし崩し的に受付が始まりました。僕も参加証を渡して指定された番号の席に着きます。平瓦壁板のスペースには、それぞれ番号が振られてて、どれも裏側になるので表から自分の書いたものが見えなくなるんですが、その番号で自分の位置がわかるようにしてくれるんです。完成した河北門の、そこが自分の領分みたいでうれしいですね。
席に着くと個別に説明してくれます。まず、瓦は手の脂に弱いので、決して触らず手袋をはめるようにと。ペンは二種類あって好きなのを選べるんですが、マッキーとデザインペンでした。せっかく筆ペンで練習してきたってのにw。しかし両側が筆先のデザインペンの片側がちょっと筆に似てたのでそれを選択。そしてなんと瓦の裏というのは、凸のストライプのスジが入ってて、これじゃまともに書けないじゃないですか、って表面でした。デコボコってレベルじゃないですw。
Img_105961z それでもなんとか写真のように書き上げました。「寄進之証」ももらってなんだか満足。ホッとしました。あっ、自分の名前の部分は消してあります。ヒミツですからw。
しかし第一部と違って、着いた先から三々五々、それぞれ皆さん書いてくださいってあっさり終わりました。まだほとんど来られてません。僕はこの後壁板にも書きますからって、奥へ通されましたが。静かで全然盛り上がってませんねw。
Img_105970z 奥の部屋では今度は壁板に記名するコーナー。瓦と書けるスペースは同じようなものなんですが、縦に長い板に、正方形に近いスペースを分割して書くので、斜めからの記名でかなり書きづらいです。でもまだ来場者が少なくて、周りを気にせず書けたのはよかったです。手で触っても大丈夫でしたしね。
あっ、午前のS氏の記名が見えてましたよ。親子2人で書かれてますね。仲のおよろしいことで。彼のブログを紹介しましょう。
裏・城郭さんぽ&うさぎと一緒な毎日
最近うさぎは全然出てきませんがねw。
ここでは僕は何を書いたか、ナイショですのでお見せしませんww。
Img_105978z さて、記名会も済んで明日も予定があるのでさっさと帰ります。途中、体育館解体工事で拓けた玉泉院丸の石垣を見に立ち寄り。
ここは以前から遊歩道ができてましたが、体育館がなくなってかなり明るくていい雰囲気です。この何重にも織り成す石垣の意匠は、なぜにこんなにしたのかフシギにも見えますね。この上にあったはずの構造物とも関連するのでしょう。右側の縦に長い石垣を色紙短冊積み石垣といいます。ちょっと暗いですがその右上に、V字形の石樋もあります。この下の玉泉院丸が池のあった庭園であったことからすると、そのころはこのように明るくて、複雑なデザインの石垣も映えてた華やかな空間だったでしょうね。
Img_105984z この下では、土曜というのに解体後のガレキの撤去でショベルカーが忙しく動き回ってました。お疲れ様です。
一日も早く、遺構発掘調査と、庭園の復元を期待したいですね。北陸新幹線に間に合うようにね。


Img_105985z 金沢城の外縁まで降りてくると、ここでも土曜なのに宮守堀(いもりぼり)の水堀化工事が進んでました。
この太いコンクリの管は、排水管だそうで、そうか上手からでなく下手から造ってく必要がありますよね。まだまだ先は長そうですが、冷たい雪の中、ご苦労様です!

今日は記名会を済まして、やっとひとつ肩の荷が下りた気がしました。

|

« 金沢城河北門 復元記念記名会1 | トップページ | 09年の始まり、せつない想いと富士山 »

コメント

Tadashiさん、ミゾレ降る中、午後の来客は、外の太鼓を含めて関係者だけなのか?というくらいの寂しさでした。
寒くて早くに五十間長屋の中に入り、受付前のベンチで1時間近く時間を潰しましたよ。
恥ずかしいので僕の姿を撮ってもらうなど考えてもいませんでした。壁板は一番手前に、Tadashiさん親子の名前が見えましたよ。他の人のは皆さん紙で隠してたのにww。
河北門ペーパークラフトはまだ作ってませんw。

投稿: joker | 2009年1月21日 (水) 01時12分

記名会ガラガラですね。午前の部と違って一斉じゃなかったとは盛り上がらず残念でしたね。でも、すいていたということは係の人に書いているところを写真撮ってもらえましたか?もらった河北門のペーパークラフト作ってみましたが、思いのほか本格的ですよ!とはいえ、とても時間かかりました。かなり余っていたようですが、午後の部ではどうでしたか。春の第2回も何かイベントあるでしょうから、その時は観客として参加することにします。

投稿: Tadashi | 2009年1月11日 (日) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金沢城河北門 復元記念記名会1 | トップページ | 09年の始まり、せつない想いと富士山 »