« 「金沢は"城下町"じゃ」小京都にあらず | トップページ | 金沢城河北門 復元記念記名会2 »

2009年1月10日 (土)

金沢城河北門 復元記念記名会1

Img_105926z 今日はいよいよ河北門復元寄進記名会の日です。復元を記念して寄付によって平瓦や壁板に名前を書ける日が、やっとやってきました。
この日は「初春金沢城祭2009」と題して、河北門の上棟式を行い、みんなで河北門復元を祝って盛り上がろう! というわけなんだけど、とうとう寒波がやってくるということで元旦より寒くて人出ももちろん少ない。
Img_105928z それこそ元旦に様子を見に行ったけど、あれから10日経って上棟式ではどれくらい出来てるんだろう。と華やかな式典?の後を覗いてみる。そういえば上棟式を取材できるのかわからないけど忘れて出かけるのが遅くなってしまったw。着いたのは11時半過ぎ。
Img_105930z 式典は終わって後片付けしてるところ。小屋組みが済んだところで上棟式とは、先日とあまり変わらなかったですね。屋根葺きが少しあるのかと思いました。
でも内部で式をしてたようで、仮設階段が設えてます。一般はこの見学台まで見にこられたんでしょうか?
Img_105936z いずれにしろ、これからさらに本格的工事が進みます。全体の形が見えてきて、進み具合がはっきりするから、毎月のようにチェックしていきたいですね。
枡形の土塀の土台の石垣もほぼ完成のようです。元旦には少し雪が積もってたのでわかりにくかったですが、栗石もしっかり詰められてます。この二段の下の部分が土に埋もれてしまうようです。
Img_105940z 僕の記名会は13時からの第2部で、少し余裕持ちすぎました。着いたらちょうど外で、近江町市場協力の「ぜんざい」が振舞われてました。僕でも寒い今日の気候で、あたたかいものを戴いてちょっとホッとしました。時折小雪が舞う今日の昼の天気ですが、予報ならもっと荒れるってことでした。やっぱり金沢の街中は積もらないのかww。
Img_105941z 「金沢城祭」では、五十間長屋内部で記名会と、金沢城の手作り工作。外で太鼓演奏と、ささやかなお祭りイベントってとこなんですが、にしても人出が少なくてさみしい始末になってしまいました。元から告知が少ないって言ってましたし、なにしろ今日は寒いw。こりゃ人来ませんって。
Img_105946z んでも太鼓演奏が始まると、なんと小さい女の子たちが腕むき出しで頑張ってます。諸江町の「もろえ夢太鼓」の面々。えらいですねw。
観客はというと、この子達が始める前に上着を脱ぎだすと、見ていた奥様たちが一斉に走って取りに来ました。なんだ、みなさん身内じゃないですか。
Img_105949z しかしもう寒くてたまりませんから、まだ始まりまで1時間あるけれど、五十間長屋の中に入りました。まだ係りの方たちが午前の後始末をしている最中だったので、とりあえず工作のところへ。河北門のペーパークラフトを作れるんですが、作ってしまうとかさばるので、紙だけもらって帰ることにしますw。
Img_105951z しかし事前にチラシでも見たんですが、ペーパークラフトといってもバカにならず、かなり精密なデザインに作られてます。部品も結構細かく、こんなのこの場でそう簡単に出来ないですよ。
ここで一式もらって、記名会の受付でももらったので、後で自宅でじっくり作ってみましょう。すごく楽しみですね。

あっ、記名会が始まる前に、かなり誌面を使ってしまいました。記事を2部に分けますんで今日のところは。。
どうせ0時に続きをアップしますけどねw。

|

« 「金沢は"城下町"じゃ」小京都にあらず | トップページ | 金沢城河北門 復元記念記名会2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「金沢は"城下町"じゃ」小京都にあらず | トップページ | 金沢城河北門 復元記念記名会2 »