« 09年、鉄の始まりレポート 4 | トップページ | 09年、鉄の始まりレポート 6 »

2009年1月28日 (水)

09年、鉄の始まりレポート 5

Img_106132z 新横浜から横浜線に乗って横浜駅へ。って横浜ばかりですねw。
横須賀線を待つ9番線には、成田エクスプレス253系も入線してきました。海外旅行したことないので、成田空港に行ったことなくて、つまりはこの253系に乗ったことないです。それなのにもう、次世代車両に置き換えが計画されてるって。1991年デビューからまだそんなに経ってないのに、これはやはり、日暮里駅改装後の京成電鉄の新しいスカイライナー対策でしょうかね。
Img_106140z 戸塚駅に着いたら、おやめずらしい、東海道仕様のE217系が。以前東京駅でも撮りましたが、なかなか遭遇できない編成に逢えてラッキーです。




Img_106143z と思ったら、なんと次の大船駅では、さっきの編成を含めて、上り下りの両側に2編成ともE217系をツーショット。
こんなシーンはとてもめずらしいんでしょうか? それとも、僕が知らないだけで、もっとたくさんの編成が東海道色してるんですかね。
Img_106153z さて、すんごく久しぶりに横須賀線に進入しました。それも鎌倉から南に進むのは子供のとき以来?
横須賀線に毎日乗ってる人には当たり前でも、ちょっとめずらしい仕様があるので紹介すると、鎌倉の次の逗子で15両編成から4両を切り離して11両で先は進みます。それも後ろじゃなくて前を切り離すんです。僕は最後尾の15号車に居て、すいてるクロスシートでのんびり待ってましたw。
Img_106164z 東逗子の次の田浦はトンネルの間の駅。11両では収まりきらず、一部はトンネルの中に停まって乗降できません。それも前部が。つまり下りは久里浜方が、上りは東京方がです。帰りの上りは先頭にいたんですが、かなりトンネルに食い込んで停まったんで、そうとうの両数が乗り降りできないはずです。
Img_106168z 横須賀から先は単線なんで、横須賀駅の2線のホームのうちひとつは頭端式でした。横須賀止まりの列車はそこで停まるようです。終点の久里浜では、一つ前の写真とともに、ダイヤ上2線のホームの両方に停泊することも多そうです。
おや、よく見ると左右の編成のE217系、先頭車の顔のデザインが微妙に違います。製造会社の違いか、あるいは明らかな番台区別があるんでしょうか?みなさんは気づかれましたか?
Img_106175z 横須賀線の終着、久里浜駅です。あぁ、そういやここから、海まで2キロ歩いて(浜、というくせに海までまだ遠いんですよw)、東京湾横断フェリーで対岸の千葉県金谷まで行ったことあったんでした。たしか高校時代? 館山まで行ってのテニス合宿でしたよ。
当時の風景は全く覚えてませんね。ここらをぶらつくつもりでしたが、なにもないので時間がもったいなく、じゃ京急久里浜から横須賀へ戻ろうと、フリー切符の効果ない私鉄に乗り換えしました。
まだ続きますよw。

|

« 09年、鉄の始まりレポート 4 | トップページ | 09年、鉄の始まりレポート 6 »

コメント

E217系の2両の違いは、色というより帯のラインの先頭に回りこむ部分、角丸なのとそうでないのと、が違います。また、窓部にE217と表記があったりなかったり。Wikによると2007年から機器類の更新が図られ、済んだ編成から写真の左ののようになったみたいです。
また、やはり東海道編成は2編成しかないみたいですね。その2編成とも偶然、大船駅で撮れたのはまさにラッキーでした!

投稿: joker | 2009年2月 3日 (火) 23時37分

横須賀方面には、ご縁が全くありません…。
E217系は、新幹線で東京へ向かう途中、多摩川辺りで一度併走したっていうか
抜き去りましたけどね。
田浦駅は、YouTubeの動画で拝見いたしましたが、先頭車両がトンネルの
中で本当に停車してました。なんなら『西宮名塩』とか『ほくほく大島』
みたいにトンネルへホームや駅設備が乗り入れたら良いんでしょうけどね。
東海道仕様のE217系は最近普及してるみたいですが、東海道仕様のE233系は
なかなかレアな車両みたいですよ。
順不同ですが、横須賀カラーのE217系は、上の画像と下の画像でラインの色が
違いますね。詳しいことは知りませんが、やはり新津製作所?と西日本で
作ったもの?と違うんでしょうかね…。
ちなみにE233系の京浜東北線仕様は、地元・兵庫の鷹取留置線で見たこと
ありますよ。そして、一度だけ薄っすら記憶に残ってるのは、jokerさんの
愛車(笑)のおそらく683系の北越急行カラーが、和田岬線と国道43号線が
立体交差する部分で停まっていたのを国道43号よりチラ見したシーンです。
ちょうどあの辺りの和田岬線から、川崎重工への会社線が分岐されてたはずで、
新車は全てあのルートで一路鷹取まで行って、そこから折り返して本線を
甲種輸送?されます。
またまた鉄道なだけに話が脱線しましたが、戸塚とか久美浜じゃなかった…
久里浜は、本当に縁がありません。
昨年11月に、ようやく初めて横浜とちょっと下った大船とかへ冒険した
ところですから。逆に銚子とか犬吠埼は行きましたけどね。

投稿: ナベちゃん | 2009年1月29日 (木) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 09年、鉄の始まりレポート 4 | トップページ | 09年、鉄の始まりレポート 6 »