« 50Dで江戸を撮る! 2 | トップページ | 北陸新幹線、金沢-福井延伸認可へ »

2008年12月13日 (土)

「小栗判官まつり」って知ってました?

Img_103314z 二日目は、北関東の茨城、合併して筑西市となった旧協和町の、「小栗判官まつり」に行ってきました。小栗判官のことはよく知りませんでしたが、室町時代あたりの伝説で、これを題材に平成になってから町おこしの祭りが開かれるようになったのです。
街の中心部とはいえ狭い路地に、2万人も訪れる武者行列があり、今年の判官役は伊吹吾郎という身の入りようです。
Img_103316z しかし本番の歴史行列はそっちのけで、友人のM氏に連れられてきたのは、同時に開かれたさまざまなイベントの中のひとつ、クラシックカーミーティング
永年大切に乗りこなしてきた往年の名車たちのオーナーが各地から集合してきた、なつかしさあふれるイベント。映画、ALWAY三丁目の夕日に使われた車も展示してました。
Img_103317z 去年は横浜のレンガ倉庫でポルシェミーティングを見たけど、ここはスポーツカーというより、軽トラックからベンツまで、自家用車として愛着もって乗ってきたオーナーたちのこだわり、が深く感じられました。これは1967年ダットサンのフェアレディ2000。隣は西部警察で実際に使われたスカイライン。

Img_103318z ケンメリをはじめ歴代スカイラインがズラっと整列。僕もR32がほしかったけど、燃費や古くなったときの修繕費とか考えてとても手が届かなかったのに、それより古いマシンたちを今でも維持して乗っている、その心意気に恐れ入りましたw。

Img_103320z 併設のステージでは、地元のオールデイーズバンドのおじさんたちが生演奏。わりと本格的で、それこそ地元のライブハウスでドラム叩いてるM氏もお気に入りの様子。
著作権の問題でメンバーは映ってませんがw。

Img_103321z 午後からあっという間に時間が過ぎたイベントだったけど、いろいろこういうきっかけがなかったらこんな北関東のローカル都市に来る機会などゼッタイなかったから、ろいんな意味で感慨深く、貴重な体験でした。正面からは初登場?のMさんありがとうw。

Img_103563z 戻りの道で撮った筑波山。この日も一日ピーカンで、そんな関東平野のど真ん中に位置するこのあたりで暮らしてる人たちと、冷たい冬の日本海側の山地に囲まれた狭い平野に住む者とでは、やはり習慣や性質が大きく変わるもんだろうに、とまざまざと感じました。
地平線あたりはちょっとかすんでるけど、去年やはり連れて行ってもらったあの山は、広い平野に遠くからでもよく見えます。この日の金沢は一日どんより冷たい雨雪だったのにw。
Img_103566z 小山駅に着いたら早くも日が落ちて真っ暗。ちょうど水戸線の415系1500番台が入線中。小山から水戸線で最寄の新治まで、とも思ったけど1時間に1~2本では旅行者には不便ですな。関東といえどもローカル路線の寂しい本数は、地方ローカルとあまり変わらないんですね。
このあと東北本線快速ラピットで上野、そして東京へ戻って、最終のはくたかで帰ってきましたよ。

|

« 50Dで江戸を撮る! 2 | トップページ | 北陸新幹線、金沢-福井延伸認可へ »

コメント

白のダウンジャケットの主はM氏で本名はN氏ですw。Hって誰だっけ?あっ「へ」さんかな。でもナベちゃん逢ってないのでは。僕ともはっきりとは逢えてないですけどね。

415系なんて、だから僕とはなんの縁もないんですが、今回結局水戸線をはじめ、真岡鉄道など列車には乗らずじまいでした。

投稿: joker | 2008年12月17日 (水) 21時02分

知ってますよ~でも全く行ったことありません。
最初は、こんな歴史情緒あるお祭りに、なぜ自動車が展示されて
レースクイーンが登場するのか理解できないお祭りでしたけどね。
関西で言う播州赤穂の『義士祭』でクラッシックカー並べるような
感じのお祭りですから。
この祭りへの某ユニットのライブ参加も、M氏がトークショー参加の
関係で登場したようなものですからね。
毎年、この祭りでM氏がトークショーに登場し、必ずしもレースクイーンが
2人付いてきてます。
おっと!ここでのM氏は、jokerさんがブログ上で示してるM氏とは
全く別の人ですよw。
白いダウンジャンバー着られた方、ひょっとしてH氏じゃないでしょうか?
名前を覚えれてなかったんで、僕は声を掛けれませんでしたが、
その方から何度か声を掛けていただきましたよ。
つくばナンバーの自動車と良い感じで写ってますね、まるでオーナーみたいw。

415系も確か、いわきまで行きますよね。以前はこの415系を繋げに
繋げて長編成でいわき・水戸・土浦⇔上野と走ってましたが、東の
E231系とほぼ同時にデビューしたE531系?の影響で、ローカル運用へと
追い詰められました。いわきでも4両編成を何度か見ましたよ。
一時期、1両しかない415系の2階建てクハ車両も常磐線を走ってましたが、
今はどうなったんでしょう。
水戸線は、415系の他に「ドォ~レミファソラシドォ~♪」という
ドイツ・シーメンス社製のGTO素子VVVF制御音色を奏でる通勤型電車も
たまに走りますよ。アレも一時は常磐線のなくてはならない主要列車
でしたが、E231・E531系?の登場で、取手を中心に運転区間が綺麗に
分かれて、ローカル運用にまわされました。
アレも、いわき在住時に湯本駅とかで見たんですが、遠くから見たんで
音は聞けませんでした。

小山は、いわき在住時に国道のみで都心へ行った帰りに通りましたよ。
宇都宮も行ったし、いわきから1時間で行ける郡山へも行きました。
そこから先の会津若松へも興味があって行きました。ラーメンは
食べずでしたが。
会津若松まで足を伸ばしてしまうと…その先はもぅ新潟なんですねw。
そう考えると、新潟はいわきの反対側で遠いような気がしましたが
実際めちゃくちゃ近いんですね。ビックリでした。

投稿: ナベちゃん | 2008年12月17日 (水) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 50Dで江戸を撮る! 2 | トップページ | 北陸新幹線、金沢-福井延伸認可へ »