« 日々進む景観整備 | トップページ | 最新まちしるべ「あかり坂」完成 »

2008年11月24日 (月)

河北門復元寄進記銘会のご案内

Img_82110s 河北門復元の寄進事業で、ようやく記銘会の案内が来ました。それによると、当初12月だった日程が、来年1月10日(土)と正式決定。その日は休みなので、頑張っていってきます。
早速平瓦壁板の寄進、合わせて10,000円也を振り込んできました。金銭的余裕は全くないのに、ですw。
平瓦は一の門とニラミ櫓台の海鼠塀のもので350口しかなく、昨年の応募以来3ヶ月で完売。しかし壁板は2600口もあるので、先日の報道でようやく52%の1344口に達したとあります。まだ半分近く残っているので、一口5,000円、県民にどんどん応募してほしいです。というか、まだまだ石川県のアピールが足りませんね。
熊本城の復元寄付は全国に募って億という額が集まったといいます。金沢城はそれに比べると募集の規模も小さいのに、集まる口数も少ないです。まだこれからも、橋爪門二の門や玉泉丸庭園、辰巳櫓に二の丸御殿と、復元計画は目白押しなのだから、寄付を大々的に募ってもいいのにと思います。
さて、当日に目掛けて、毛書の練習でもしとかなきゃいけませんねww。

|

« 日々進む景観整備 | トップページ | 最新まちしるべ「あかり坂」完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日々進む景観整備 | トップページ | 最新まちしるべ「あかり坂」完成 »