« 古地図とめぐり合い、空 | トップページ | 初の山口へ出張旅行2 »

2008年11月15日 (土)

初の山口へ出張旅行1

Img_101574z 今週は出張に行ってきました。それもほとんど観光旅行みたいでしたがw。
江戸以外の遠出はホント久しぶりです。山口県は足を踏み入れるのも初めてでしたが、山陽新幹線も5年ぶりくらいですね。
新大阪駅を8時30分くらいに行かなければならないので、北陸本線ではサンダーバードの一番電車でも間に合わないところ、待ち合わせの「のぞみ1号」に京都から乗り込むことでなんとか解決。
Img_101587z だからこの写真は京都駅です。のぞみ1号はもちろんN700系。あっ、この車両は1号じゃありませんよ。早朝に数分毎に入線してくる東海道スジの新幹線は、山手線並みの過密ダイヤですね。中間駅の京都でもそれはヒシッと感じます。北陸新幹線のダイヤグラムはどういう頻度になるでしょうか。
Img_101625z せっかくの山陽新幹線乗車ですから、今月にとうとうなくなってしまう「0系」を写したかったですが、新大阪でも早朝深夜しかお目にかかれないダイヤだし、今回は代理店主催の団体行動なので断念です。
ちょっと今月中にまた関西に来るのはムリっぽいですね。
Img_101664z 工場見学があるのですが、まずは広島で乗り換えた「こだま635号」で新岩国へ。
いきなり観光ですw。駅からすぐの、有名な錦帯橋です。ホントなら、そこからすぐ山頂に見える岩国城へ登りたかったですが、滞在わずか30分ではロープウェイにも乗れませんw。
しかしこの一泊二日の行程すべて快晴の、秋のさわやかな絶好の観光日和でした。さすが晴れ男ですな。
Img_101674z ところで、岩国といえばシロヘビだそうです。初めて知りました。藩政期になってから発見され、有益で幸運を呼ぶ守り神として大切に保護されてきました。今では国の天然記念物として、保存会が施設で飼育管理しています。なぜこの辺一帯だけで生息してるのかは謎のようですが。脱皮した全身の皮も展示してありました。キモイですか?
Img_101691z さて肝心の錦帯橋です。この錦川が度々増水するので、藩政期に毛利家の分家吉川家3代広嘉が、頑丈な湾曲した橋を造らせたのが始まりだそうです。
以来近代昭和25年の台風まで流されなかったようです。

Img_101696z それでも2001年から順次、このほとんど木だけで造られた橋の架け替え工事が行われ、そういやNHKでその伝統技術の特集番組していたのを思い出しました。
複雑なアーチの木組みを丹念に計算して組上げていく労苦は、橋桁の下の部分を見るとよくわかりますね。
橋は通るのが有料で、往復300円です。スロープの急なところは階段状になってました。
Img_101705z わりと早い時間だったので最初すいてましたが、戻りになると修学旅行生がわんさかやってきました。引率の先生たちが僕より明らかに年下なのにちょっと愕然??
奥の山頂に見えるのが岩国城です。行ってみたくなる距離でしょうw。ロープウェイ駅の向こうには、白山比咩神社があったと後で気づきました。これは行くべきでした。

このあと昼食をいただいて、さぁ工場見学です。
Img_101712z 工場とは、製紙工場で、岩国からすぐ隣の広島県境、広島県側の大竹市にある、日本大昭和板紙大竹(北)工場です。今年の春まで三島製紙のものだったんですが、日本製紙グループの複雑な合併経緯から、今年にグループ会社と生産工場分社化を整理統合、隣接する元々の日大板紙大竹工場と同一化されました。
工場内は撮影禁止なので外観だけですが、昨今の不況下から生産用紙のダブつきのため、現在休転中。倉庫内にもたくさん製造後の用紙があまってました。
Img_101720z 逆に今、休転を利用してオーバーホール中のマシンの作業を垣間見ることも出来たのでよかったですが、こんなのが何ヶ月も続くと大変なことになりますよ。
工場群のある大竹港です。ここから出荷することもあるようですが、近隣には別の業種の工場も林立し、北工場と本工場との1.5kmの間に、ボイラー蒸気を融通するパイプラインが他社の敷地を通っているのにはオドロキました!
バスからで撮れなかったですが、左枠外には宮島がでっかく見えます。
Img_101730z 日本大昭和板紙の大竹工場の方です。正面にみえる高い構造物は建設中のバイオマスボイラー。チップからパルプを精製するときに出る黒液を燃料として再利用する、近年はやりのエコな施設です。最近はバイオマスボイラーはどこの工場でも常識になってきました。
製紙工場って昔は臭いがひどいって印象だったですが、最近は処理が進んでてあまり匂いません。
Img_101738z さて一気に山口県の中央部、瀬戸内海に面した宇部市にやってきました。ここは宇部興産の企業城下町。専用道路もあって一般の人は利用できないといいます。ビックリですね。
翌朝のホテルの部屋からの眺め。沿岸は工場だらけです。この日も一日いい天気でスタートですw。


|

« 古地図とめぐり合い、空 | トップページ | 初の山口へ出張旅行2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古地図とめぐり合い、空 | トップページ | 初の山口へ出張旅行2 »