« 連休最後の金沢駅☆ | トップページ | 金沢城本丸に、最古の庭園跡を見た! »

2008年11月 8日 (土)

金石・大野にもまちしるべ

Img_101380z まだ先週末です。
姉を送ってから、母が用があるからと、母の実家の墓がある金石(かないわ)に連れて行かされました。
金石の街を通っている間、おやっ、と道角にあるなにかを発見。よく見ると[まちしるべ]の石碑じゃないですか。金沢のまちしるべより白くて小振りですが、明らかに旧町名の石碑です。
Img_101381z 石碑にも彫ってあるんですが、平成5年に、金沢市に編入されて50周年を記念して、金石の旧23町にこのまちしるべを設置したようです。隣接している大野町も同様です。
帰ってから金石町公民館のHPを調べたら、全23町の町名と謂われが載ってました。しかし設置場所の地図がないので簡単には探せません。いずれかの機会にゆっくり探訪したいと思います。
Img_101385z 母に結構待たされたので、この間に少し金石の住宅地を歩いて、いくつか石碑を見つけられました。厳密に見るとやはり私有地に建っていますね。
金石の街は金沢から真っ直ぐの道を延ばした先の、日本海に面した港町。昔は宮腰(みやのこし)と言い、江戸末期の豪商、銭屋五兵衛を輩して栄えてました。現在は約8,000人以上が暮らすひっそりとした漁港の住宅地。
Img_101387z 石碑の左右には設置年と町名の謂われが彫ってありますが、謂われは不明、というのがいくつかありますw。
それに、やはり金沢同様、ゴミステーションの脇にあるのも多い。設置から15年経ってるので、今現在の街の人からの扱いもぞんざいになってるのかも。

Img_101391z それに、金沢と違って(ここも今や金沢市内だけどね)、石碑が白いので、彫ってある謂われも正直読みにくいです。たとえば[下越前町]に町名と全然違うことが書いてあるので見間違いかと思いましたが、HPによると正解なようです。

Img_101394z_2 金石の街の中心部、金石公民館の前に来ました。中心部だからか、ここの石碑は[金石町]です。この前の道が、細いながらもメイン通り。金石には、太い道は全くなく、昔ながらの入り組んだ小路ばかりなので、初めて来た者はゼッタイに迷いますw。
この左枠外には、ご近所の数人が井戸端会話してましたが、公民館を外側からビシバシ撮ってるあやしげな男は注目の的ですww。
Img_101395z 海岸まで出ましたが、このあたりは今埋め立ての造成中。木塀の隙間から覗き見です。





Img_101399z いやもうちょっと先に行ったら、塀の外へ出られました。先日にも地元の新聞に載ってましたが、かなり広大な埋立地です。しかしまだ、用途は検討中ということで、用途を決めてないのに埋め立てるとは、順序が逆じゃないかと思いますw。
この日は白山のふもとから海まで、往復100kmも車を走らせてとても疲れました。
Img_101415z 金石と隣接してる大野にもまちしるべはありました。いくつか撮りましたが、いずれ再チェックしたときにでも紹介します。大野は全国にも知られた醤油の町。公開中の映画[しあわせのかおり]のロケ地です。
金沢港にも隣接しています。対岸の大浜埠頭は地元重機メーカーの[コマツ]が進出し、大深度岸壁として13mに掘り下げられ、大型貨物船も受け入れられるようになりました。金沢港の貨物取扱量も数年来で格段に増えています。この不況の波がなかったら今後とも順調なんでしょうけど。

|

« 連休最後の金沢駅☆ | トップページ | 金沢城本丸に、最古の庭園跡を見た! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連休最後の金沢駅☆ | トップページ | 金沢城本丸に、最古の庭園跡を見た! »