« 金沢城本丸に、最古の庭園跡を見た! | トップページ | 石川門、内部公開スクープ! »

2008年11月10日 (月)

河北門の工事現場からお伝えします!

Img_101444z 次はS氏と河北門の工事現場へ。先日から風雪を防ぐ覆いの中に見学台が設けられたので、それに初めて潜入してみます。
昨日から兼六園のライトアップなど、深まった秋に金沢城エリアではイベント企画がたくさんありますが、あちこちに工事の足場で囲われてるのも事実。しかし今しか見られない姿でもあるので、ぜひ訪れてみてほしいですね。
Img_101446z 通路の奥には、危険防止のヘルメットが。定員25名ということで、ちょうどあります。ということは、9時から入場できるけど今は誰も中に入ってないわけで、やはり僕らの行動は一般的ではないのでしょうかw。



Img_101450z 中では二の門の上部の木工事の真っ最中。土曜だけど数人で作業されていて、その様子をじっくり見学できてラッキーでした。
大規模な石垣の積み上げと、人が通る門本体の柱も組みあがり、あとは上部の上屋部分です。来月にも予定される上棟式が非常に楽しみですが、ここまでくると日に日に進捗する姿をしょっちゅう見に来ないと、一気に出来上がってしまいそうです。
Img_101458z パネルもたくさん展示してあったので、ここで河北門とはどういうものか解説しましょう。
明治14年の陸軍による失火で焼失するまで、宝暦大火後安永元年(1772)に再建された河北門は、三の丸に繋がる実質の大手門でした。写真は明治期の河北門。右側の建物がそうで、中央は現在も再建した姿が見られる菱櫓です。
Img_101459z この写真はまさに河北門の二の門です。この古写真が残っていたので、現在復元する石垣のこの面は、この写真の石組のとおり忠実に再現したということです。




Img_101460z 復元の平面図です。観光写真でもよくご覧戴く石川門と同様、小さい門から入って左右どちらかに曲がって大きい門をくぐる、枡形門という形式です。金沢城の場合、外側からの小さい門を一の門、大きい上屋のある方を二の門といいます。熊本城の場合は逆に呼びます。
小さい門から進入した敵を、中央の枡形で足止めして、上屋の上から弓で狙い打つ、という機能があります。
Img_101461z 平面図です。大手側、今の新丸広場から上がってくる面になります。中央が一の門。門扉の控柱にも小さい瓦屋根がある高麗門という形式です。
右側はニラミ櫓台。宝暦大火以前は石川門のように二層の隅櫓が建っていましたが、安永の再建では建造されず、土塀となっています。金沢城の各場所の再建は、史実を尊重しなるべく木造で、過度に創造せず、藩政期のほとんどの時期にそうであったろう姿を再現するということから、大火以前の不詳な部分まで復元しないというスタンスが取られています。
Img_101465z 城ファンからすると本丸天守まで完全に復元してほしいものですが、多大なる費用と、時間を掛けた学術調査が必要ですから、いつになるかわからないほど未来の復元よりも、早いとこ多くの建造物を建ててほしいとも思うので、痛し痒しですね。
二の門の平面図です。広い芝生の三の丸広場に、この威風堂々の建物が来年度末にはお目見えします。
Img_101482z 復元デッサンです。右側に、二の門上屋に車椅子でも入れるスロープが用意される予定です。こうやって、バリアフリーにも配慮して常時見学できるようにする、というのも最近にないウリにもなっています。
完成イメージが掴んでもらえたでしょうか。


Img_101487z 角の柱をクレーンで吊り上げてはめ込んでいるところです。素材の保護もあり、クラフト紙を柱に巻いたまま組上げています。工事の様子をつぶさに見られてうれしいですが、この間何人かは見学に来ましたけど、興味なさげにすぐに立ち去っていきました。僕らは30分ほども熱心に見つめて撮りまくり、充分堪能しましたよw。
Img_101493z 表に出て、ニラミ櫓台の石垣です。正直、ここまで高いとは思いませんでしたが、この内側の枡形からの面は土居が築かれるので、これだけの石を見られるのは今のうちです。図面によるとこちら側に階段があり、台の上まで登れるかと思いますが、そうするとニラミ櫓台から菱櫓・五十間長屋を綺麗に撮れるいいアングルになります。楽しみですね。
しかし、河北門の寄進の払込票、記銘会の案内がまだ来ません。少し工事の予定も押してるようで、スケジュールが気になりますね。

|

« 金沢城本丸に、最古の庭園跡を見た! | トップページ | 石川門、内部公開スクープ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金沢城本丸に、最古の庭園跡を見た! | トップページ | 石川門、内部公開スクープ! »