« 北陸鉄道石川線、部分廃止決定! | トップページ | 宮守堀(いもりぼり)水堀化工事開始! »

2008年10月26日 (日)

「麻生」にしてやられたw。

Img_101071z 九州新幹線で高架橋に剥離や脱落の恐れがあるパネルが使用されていた問題で、鉄道建設・運輸施設整備支援機構は、他4箇所の高架橋でも使われていたと発表があった。
九州新幹線の新八代-鹿児島中央間では、53工区に及ぶ地点で問題のパネルが使われ、目視や打音検査を早急に行い、安全性や耐久性に問題がないか調べるとのこと。
この九州新幹線以外の4箇所とは、東北新幹線の岩手県二戸の晴山高架橋、つくばエクスプレスの埼玉県八潮市、木曽根高架橋。それに現在工事中の北陸新幹線、石川の金沢高架橋と、写真の津幡町、倉見高架橋です。東北新幹線の高架橋では、二枚のパネルに剥離による最大5mmの隙間があったという。つくばエクスプレスの全線についてはまだ調査中。現在走行中の路線で危険な状態というのも問題だが、ここ石川の工事がとっくに完了してるはずの2本の長い高架橋の点検と、必要とあらば再工事となり、また開通が遅れてしまう可能性も。
その問題のパネル材は、麻生総理の実家の会社「麻生」が製造・販売した「ASフォームI型」。森元総理からすれば、恩を仇で返されたようなものかw。早急の対策が求められる。

|

« 北陸鉄道石川線、部分廃止決定! | トップページ | 宮守堀(いもりぼり)水堀化工事開始! »

コメント

せんべいさん。まぁ、そんなに危険かっていうと、そんなこともないだろうけど、確信犯的手抜きもありうるので、ホント利用者には迷惑なことです。開通時期のずれ込みだけは阻止したいです!

投稿: joker | 2008年10月28日 (火) 23時19分

またまた、出てきましたね!建築の手抜き!
つくばエクスプレスは、開業前にもあったわけで、
何度出てくるか、これじゃ分からなくなりました。

投稿: 草加せんべい | 2008年10月27日 (月) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北陸鉄道石川線、部分廃止決定! | トップページ | 宮守堀(いもりぼり)水堀化工事開始! »