« 金沢のカラフルなバスを紹介! | トップページ | 「麻生」にしてやられたw。 »

2008年10月24日 (金)

北陸鉄道石川線、部分廃止決定!

Img__5648z 今日、他の地域の人にはどうでもよいことですが、天変地異、驚天動異なニュースが石川県を覆いました。あの北陸鉄道石川線が、部分廃止を届出したのです!
金沢市内の野町から、延長15.9kmのうち、鶴来駅以南の加賀一の宮駅まで2.1kmの廃止を北陸信越運輸局に届出ました。当初予定として来年10月31日までです。
北陸鉄道は戦前の統制令で石川県内の民間鉄道がすべて合併して出来た会社で、それぞれの路線が不統一に点在し、効率運用が出来ずじまいで経営環境は当初より厳しいものでした。
Img__5651z 石川線は以前は旧吉野谷村の白山下まで路線があり、金名線と名乗り名古屋まで延長するという、壮大な計画がありました。80年代に災害で橋梁や路盤が崩れ、なし崩し的に廃止、加賀一の宮までとなったのです。
急遽、3年前の写真を引っ張り出しました。思えばこのブログの初レポートもこの石川線搭乗記でしたよ。あれ以来、2度ほどしか乗ってないので何をかいわんや、ですな。
Img__5653z 現在の利用者数は、10年前より25%ダウン、最盛期の1/5だそうです。毎年5900万円の赤字、この廃止区間の平日の乗車数は列車あたり5人、と言われれば、地元の惜しむ声があろうとも、やむをえないのかも知れません。それでも900万円だけの赤字解消で、北陸鉄道はバス事業も含めて、常に厳しい状態が続いています。
Img__5657z 加賀一の宮駅ホームから、さらに南、かつて線路が白山下まで延びていました。写真の奥の木立でレールは途切れています。
県内のあちこちに小規模の路線を抱えていた北陸鉄道は、高度経済成長のモータリゼーションの流れとともに、昭和40~50年代に相次いで廃線。現在残る石川線15.9kmと、浅野川線6.8kmが最後の砦としてその後20数年間頑張ってきました。両線をはじめ、なにしろ繁華街を通過しない、極めて接続の悪い鉄道でしたから、そのピンポイントエリアの通勤通学、居住者の利用しかおぼつかないものでした。
Img__5662z しかし鶴来-加賀一の宮間がなくなると、白山比咩神社への参拝客への便はどうなるんでしょう。初詣列車とかも賑わってましたから、再来年の正月には、不便をかけることは間違いないです。代替バスを出すらしいですが、運賃や乗換時間などて苦労します。より鉄道利用が減ってしまいますね。しかし今度の正月は、最後の初詣列車に乗ってみるか!
Img__5663z 北陸鉄道は、維持費用に膨大な経費は掛かるので、地元の理解が得られれば廃止の時期は早めたい、との意向なので来年の11月まで保たないかも知れません。
約80年間走り続けてきた旧金名線区間。石川線の存在意義のひとつでもあった加賀一の宮駅は、名駅舎100選にも選ばれるほどの、貫禄ある和風造りの古い木造駅舎。廃線になってもこの建物だけは残しておいてほしいですね。
ラスト1年、これから何度か訪れてみましようか。

|

« 金沢のカラフルなバスを紹介! | トップページ | 「麻生」にしてやられたw。 »

コメント

加賀一の宮駅は、名前の通りの加賀の一の宮になる神社、白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)と直結しています。全国の白山神社の総元締で、今年御鎮座二千百年式年大祭がありました。
他にもそのロープウェイは、獅子吼高原へいくゴンドラです。夏はキャンプ場やパラグライダーなどのスカイスポーツ、冬はスキー場と、年中自然の中で遊べる、金沢平野と日本海の展望も素晴らしい高原です。
しかしそういった観光地への足も、当然車が主体で、鉄道はわずか。今廃止するのはやむを得ませんが、そのうち環境問題が切羽詰ったとき、改めて鉄道と思っても、インフラを整備しなおすのは大変で、今のうちに鉄道再認識しといたほうがいいと思うんですがね。

投稿: joker | 2008年10月26日 (日) 17時50分

『Ica(アイカ)』を直感で『イカ』と読んでしまったナベちゃんです。
早速、北陸鉄道のHPにて廃線区間の状況を調べてみましたが、1時間に1本
ペースなんですね。そして、地図でも地形的に調べてみましたが、加賀一宮には
スキー場やロープウェイ?があって、加賀一宮駅とロープウェイ?を結ぶ
通りには、大きなホテルが軒を連ねたりと、観光中心の地域なんですね。
そして、加賀一宮駅の南側にも待避線なのか車庫なのか存じませんが、
線路が少し延びてるんですね。JR何線だったか忘れましたが、それみたいに
延伸して九頭竜湖のほとりを通って岐阜へ出て、樽見鉄道と直結させる構想とか
あったんでしょうか?(笑)
『北陸鉄道』と名乗ってるんで、やはり北陸地方を縦横無尽に線路を
張り巡らせて、富山地鉄や長野電鉄のような急行型観光列車(小田急ロマンスカー
のような優等列車で)を走らせて欲しかったです。

しかし、長野電鉄や大井川鉄道やこの北陸鉄道の経営の厳しさも、車両を
見るべく感じ取れます。なんせ、関東・関西の大手私鉄の車両を転用してますからね。
この北陸鉄道の画像は、型式は解りませんが、東急で活躍してた車両ですよね。
長野では、東急より数編成通勤型?編成を転用して、さらには小田急からも
ロマンスカーをもらってましたよね。大井川鉄道では、景色もリアルな
昭和初期ですが、走る車両も昭和時代に大活躍した近鉄・南海・京阪の特急車両
を使ってます。そういえば…北陸鉄道か福井鉄道か、阪神電車の初代
『ジェットカー』を使ってたと思ったんですが…もう現役降りたのかな?

投稿: ナベちゃん | 2008年10月24日 (金) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金沢のカラフルなバスを紹介! | トップページ | 「麻生」にしてやられたw。 »