« 今年は50Dで「月見光路」を撮る | トップページ | 4年ぶりの金沢総合車両所公開! 2 »

2008年10月 6日 (月)

4年ぶりの金沢総合車両所公開! 1

Img_100736z 日曜はJRの松任工場の一般公開に行きましたよ。毎年夏休み最後の日曜に開かれてたけど、JR西日本の尼崎脱線事故以来自粛してて、4年ぶりの公開でした。
ここは現在正式には、「JR金沢総合車両所松任本所」といいます。JR西日本は総合車両所、JR東日本は総合車両センターって呼ぶね。
Img_100608z JR松任駅の北口から歩いてすぐ、10時開場直後に着いた普通列車から大勢が降りてきて、たくさんの人がこの日を待ってた様子が感じられます。
斯く言う僕もこの歳までいて初めての来場なのでとても楽しみでした。


Img_100611z 入ってすぐには、屋外展示で珍しい車両が。マルチプルタイタンパー(略称マルタイ)は、微妙なバラストの崩れなどでレールに歪みができたときに、自動的にジャッキアップして隙間にバラストを埋めていく工事車両。わずかの歪みでも縦揺れから乗り心地に影響するので、大切な仕事です。
Img_100723z 昭和30年代まではすべて手作業でツルハシで突き固めてたそうで(ビータつき作業)、導入後飛躍的に効率アップしました。このマルタイは良く見ると、メイドインオーストリアだって。やっぱりヨーロッパは鉄道先進圏なんですな。

Img_100617z 蒸気機関車もあったけど、あまりに古い型で馴染みがない。[2272]は旧[B6]形でイギリス製。1890年から1906年にかけて533両が製造されたって。戦後まで活躍してたらしい。
蒸気機関車はどこでも子供たちに大人気
だね。
Img_100621z これはアームで土木工をする「軌陸車」。道路と線路をを走ることが出来る工事車両。
今キャタピラが持ち上がって車輪でレールの上に乗っかってるよ。
軌陸車は他にトラックベースの作業車や、DMV(デュアルモードビークル)といって北海道で営業実験してるバス&列車があります。
Img_100622z 列車の中に体験乗車ができるとあって、早い時間なのに既に長蛇の列。これは683系「しらさぎ」。確かに運転席に入れる、と前触れはあったけど、一般席に入るのにもこうやって列に付いてる。短時間で廻りたいので、今日のところはパスしたいw。

Img_100639z それでは工場内に入りましょう。松任本所は車両の検査、改造をするところ。
主な部品を取り外して細部まで調べる「重要部検査」(電車で4年または60万キロごと)や、すべての機器を取り外して詳細に調べる「全般検査」(電車で8年ごと)などが行われます。車輪やモーター、座席まで外し、外板は塗装のし直しもします。
Img_100626z 各種車両の軸バネが展示してました。ホッパー車の板バネからディーゼル機関車のマクラバネ、最新の683系の小型になった軸バネまで。筐体と台車を繋ぎ、振動を吸収する重要な部品です。


Img_100644z 台車から取り外された車輪です。フランジ(脱線しないよう尖った部分)やレールと接する面を磨き、この後さらに車軸とも分解して、微細なキズがないか探傷試験をします。車軸を電磁石にして磁粉でキズを見つける磁粉探傷試験や、超音波の反射でキズを探す試験があります。

続きは次の記事で。

|

« 今年は50Dで「月見光路」を撮る | トップページ | 4年ぶりの金沢総合車両所公開! 2 »

コメント

鷹取がなくなったのは知ってましたが、網干はかなり大規模のようですね。同じJR西日本のくせに、やはり関西圏と北陸との格差は巨大なものがあります。いちどじっくり腰をすえて、関西鉄道探訪をしてみたいのですが、当分は余裕かない、ってとこでしょうか。

投稿: joker | 2008年10月11日 (土) 12時28分

阪神大震災で鷹取工場が壊滅的な被害を受けて、姫路の西にある網干総合車両所に
鷹取工場の機能が全移転されてから、一般公開に行かなくなってしまいました。
っていうか、網干に移ってから一般公開をする事が激減しましたからね。
網干総合車両所は、関西三大都市『神戸・大阪・京都』の昼間を絶え間なく
走り客を運び続けている『新快速』や『快速』で使用される223・221系の
基地ですし、リアルタイムで検査を受けに入る車両が走ってますから、無理も
出来ませんね。
ここで少し『網干総合車両所』の説明をしますと、兵庫県南西部であって姫路市
最西端の地域の田園の中に聳え立つ、関西でもベスト3に入る工場機能を持った
大きな基地です。JR山陽本線沿いと言うこともあって、普段は基地を223・221系が
大半を締め、姫路~岡山方面を結ぶ普通に該当する115系も数編成眠っていて、
さらには播磨と但馬を結ぶJR播但線の専用電車もたまに眠ってます。
検査の時期に入ると、たまに207系が明石より網干工場へ入線する時もあります。
京都の向日町にも大きな車両所がありますが、681・683系を数編成網干に置いて、
サンダーバードを姫路発着でいくらか走らせてほしい想いがあります。

お返事し辛いコメントで申し訳ありません…。

投稿: ナベちゃん | 2008年10月 7日 (火) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年は50Dで「月見光路」を撮る | トップページ | 4年ぶりの金沢総合車両所公開! 2 »