« 北陸新幹線 高架橋めぐり | トップページ | 倶利伽羅周辺の上と下 »

2008年10月20日 (月)

倶利伽羅不動尊

Img_101073z 13日に倶利伽羅方面に行ったのは、富山県境にある、日本三大不動という、倶利伽羅不動尊に行くのも目的でした。
倶利伽羅駅付近から旧国道を右に曲がって山道に。エンジン吹かしながら、かなり急な3kmの坂道を登り続け、いつのまにか一気に200mも標高を稼いでいました。
不動尊付近からの眺め。
Img_101074z 200mm望遠で、眼下の国道を捉えます。前の写真の中央部です。あそこからわずか10分程度でここまできました。





Img_101080z 駐車場から階段を登りつめると、いきなり本堂です。以前から超有名なこの不動尊も、どれだけのモノかと一度来てみたかったわけですが、案外に伽藍はコンパクトです。
この時期は奥の院の御開帳で、なにか条件がそろうのが30年ぶりとかで、たくさんの方々が本堂の中で講話を聴いてました。
Img_101081z_2 僕は別にお不動さんを信奉してるわけでないので、護摩を焚くとか、御開帳を見るのに札を納めるとかしませんでしたが、いろいろ見学?はさせてもらいました。
千葉の成田不動尊、神奈川の大山不動尊と並んで、日本三不動といわれます。「倶利伽羅」とは、インドのサンスクリット語で福徳円満の黒い龍を意味するそうで、約1300年前の養老2年に、元正天皇(聖武天皇の前の女帝、だから奈良時代ですね)の国家安穏の祈願にて創建されました。
Img_101082z








Img_101083z 倶利伽羅といえば、源平の合戦でも超有名な舞台ですね。この旧北国街道ぞいに、古戦場があります。不動尊のあとに見に行きましょう。





Img_101086z














Img_101091z 倶利伽羅不動尊の前には、「倶利伽羅そば」という蕎麦でおもてなしがあります。
お茶の入った緑の麺が特徴で、これを食べるのも目的のひとつでした。




Img_101092z しかし味はいまいち深くなかったですね。
ちょっと茹で上がりすぎ?しかし人気の茶そばは、15時くらいなのにもう売り切れで、どうやら僕のが今日の最後だったみたいw。

さて、古戦場へ向かいます。


|

« 北陸新幹線 高架橋めぐり | トップページ | 倶利伽羅周辺の上と下 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北陸新幹線 高架橋めぐり | トップページ | 倶利伽羅周辺の上と下 »