« 手塚治虫漫画全集ストラップ★ | トップページ | Canon EOS50D 発表! »

2008年8月27日 (水)

「ずんだもち」にチャレンジ!

Img_90518s 今日は久しぶりに新しい料理にチャレンジしてみる。と言っても仙台名物「ずんだもち」だがね。
永く講談社「モーニング」で連載を持ってた4コマ漫画家須賀原洋行が、自分の家族の日々の生活を題材に日記コミックを連載中。3度に亘ってその発表の場を代え、今は「よしえサン日記」として先月2巻目が出た。奥さんのオマヌケぶりと子供たちの成長がとてもおもしろくてほほえましい。
Img_90521s さてその中に、料理好きの作者がお手軽な「ずんだもち」の作り方を紹介してくれた。
学生時代に仙台に居たが、「ずんだもち」など当時全く口にしてなかった。数年前久しぶりに仙台に行って初めて食べた感動が忘れられず、それで思い切って挑戦したよ。

枝豆は冷凍のもので充分。作者は一家5人なので、量はその半分で作る。一人ではちょっと多いが、あまり少ない量では却って作りづらい。
一袋400gの枝豆を早速解凍。このために買ったすり鉢に豆をむき出しておく。
Img_90525s もち米は一合。僕は電子レンジでいつも炊いてるから、同じ要領で。もち米は水を吸いやすいから洗ってすぐに炊く。
炊けたらすぐに突きだす。自力で米から餅にするのは初めてだが、だんだん粘り気がでてまとまってくるとなかなかおもしろい。乗ってくると、涼しくなったとはいえ汗がでてきたw。あまり突き過ぎると食感がおちるのでこのくらいにしとく。
Img_90527s 枝豆は、砂糖100gをお湯100ccで溶かした砂糖水を少しずつ混ぜながら砕いていく。なかなかすりつぶすまでいかなく、ちょっとずつ砕きながら、というのがうまくいかないw。けっこう豆の形が残ったままだが、これくらいの粗いので充分だそうだ。
餅をテキトーな大きさに分けたら6つくらいになって、その上にずんだをかけて完成!
Img_90528s ちょっと砂糖水が多すぎたか、水っぽい汁が余分になったが、見た目はうまそうだ。マンガでも子供たちがメチャメチャうまい!って。
んでさっそく、食べてみると、これがまたウマイ! 仙台で食べた味と同じだ、ってまぁ誰が作ってもそう変わらないもんだろうけどね。
しかしさすがに、一人で甘~い一合もの餅を食べてると、最後のほうはもうウェって感じになってきたw。やっぱり多すぎたな。

でも手軽に簡単にテキトーに作れる「ずんだもち」。仙台名物をご家庭みんなでチャレンジしてみてください。それと日常のみんなの(あるある)体験ができる「よしえサン日記」もおもしろいよ。


実在ニョーボよしえサン日記(2) (バンブー・コミックス) Book 実在ニョーボよしえサン日記(2) (バンブー・コミックス)

著者:須賀原 洋行
販売元:竹書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 手塚治虫漫画全集ストラップ★ | トップページ | Canon EOS50D 発表! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手塚治虫漫画全集ストラップ★ | トップページ | Canon EOS50D 発表! »